レコードのハイレゾ化のススメ(ハイレゾレコーディングのコツ)

 

レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)

 

ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご参照ください。 あくまで、B級オーディオとして。

 

 

スポンサーリンク

LPレコードをハイレゾ化する意味

一昔前ならLPレコードを録音するには、オープンリール等で録音して残して居た方は多くいらっしゃたと思います。LPレコードを録音する意味は、一々レコードに針を落とすのが面倒で、特に酔っぱらってレコードを聴こうとすると、過って針やレコードを破損することも多々経験するところだったからでした。

時代は、LPレコードからCDやSACDに置き替わり、わざわざLPレコードをハイレゾ化する必要は無いと言われるかも知れません。 しかし、昔のLPレコードを聴くと何故か、特にストリングスの音が自然に聞こえ驚かされます。

CDの音質がLPレコードより違和感を覚える要因は、デジタル化のサンプリング周波数とビット深度の悪化要因よりも、LPレコードのマスタリングの違いによるものの方が大きいのでは無いかと思われます。・・・> 「ハイレゾ、CD及びLPレコード(ハイレコ)のトリプル音源・音質比較」参照

オススメ
Beethoven ”交響曲8番”第2楽章 ハイレゾ、CD及びLPレコード(ハイレコ)のトリプル音源・音質比較

カラヤン指揮・Beethoven ”交響曲8番”第2楽章 イエス・キリスト教会での1962年録音をベースにした、e-onkyoのハイレゾ音源、CD音源、LPレコードからのハイレコ音源のトリプル音源の音 ...

何故、CDになってマスタリングが変わったのか良く判りませんが、兎に角、昔のLPレコードの音質の方が好ましいのですから、LPレコードやカートリッジの寿命を考えても、LPレコードを録音して残す意味がありますよね。

そこで、LPレコードを録音するには、今やオープンリールを使う意味は無く、簡単にしかもヒスノイズ無くAD変換しハイレゾ化するこが容易に行える時代になりました。 更に、不要なプチノイズもレコーディングソフトで簡単に抑制することも可能になりました。

 

ハイレゾレコーディングへの準備

ポイント

1.レコードプレーヤを選ぶなら

  • カートリッジは、出来るだけ良いものを使うことが肝要です。 やはり、MM(ムービング・マグネット)よりMC(ムービング・コイル)の方が良いと思います。 但し、MCは、出力電圧が低く、ヘッドアンプや昇圧トランスが必要になり、コスパの点から、質の良いMMを使っても良いと思います。 過去に、以前1万円台のオルトフォンのMMカートリッジ(2M Red)を使ったところ、ストリングスの音が、CD音質以下になり、お払い箱にしました。
  • カートリッジの取り付けは以下を参照ください。
あわせて読む
DENON MCカートリッジ DL103Rのクロストーク「 改善編」

前回ブログ(原理編)に引き続き「我が家のB級プレーヤ」に取付けられているDENONカートリッジ・DL103Rのクローストーク改善編をお送りします。 原理編で述べたように、写真のテストレコード(AD-1 ...

  • トーンアームは、ヘッドシェルが交換でき、インサイドフォースキャンセル機能が付いたものが良いです。また、レコード最内周に行った時に自動でトーンアームが上がるリターン機能が付いたものですと、録音ソフト(例えば、VinylStudio)によっては自動で録音がストップし便利です。

注意:LPレコードを簡単にCD化できるターンテーブル一体型の製品がありますが、お勧めしません。  音質面や編集対応等で、後から後悔することになると思います。

ポイント

2.フォノアンプとA/Dコンバータの選択

  • 最近のプリメインアンプは、フォノアンプが無いものが多く、フォノイコライザアンプ付きのA/Dコンバータをお勧めします。  例えば<フルテック>のGT40αがあります。 但し、GT40αは、MCカートリッジ対応とうたってはいますが、低出力電圧のMC(Ex.オルトフォンのMC20は0.07mV)では、ノイズが多くなり使い物になりませんでしたので別途、MC用ヘッドアンプか昇圧トランスが必要になります。

ポイント

3.パソコンと録音ソフトの選択

  • パソコンは、WindowsでもMACでもOKです。
  • お勧め録音ソフトは、VinylStudioです。 その他、フリーソフトのAudacity等があります。
  • VinylStudioは、英文ですが、レコード録音に特化していて使い勝手が良く、プチノイズ抑制、楽曲分割が容易です。 但し、VinylStudioのバージョン8.8.2は、日本語入力に問題がありましたが、 2017年4月17日に 日本語入力の問題点等が改善されたバージョン8.3.3にアップデートされました。

ダウンローサイト:

http://www.alpinesoft.co.uk/VinylStudio/download.aspx

VinylStudioの関連記事

 

ポイント

4.ジャケットの写真撮影用で、デジカメまたは、スマホを準備しておきます。

LPレコードのジャケットをスマホアプリのiScannerを使って取込みレコードジャケットのトリミング微調整を行った後、レコーディングアルバムに挿入しています。

   悲愴

ポイント

 


スポンサーリンク

 

ハイレゾ録音のヒント

ポイント

1.レコード洗浄は、ほどほどに

  • 中性洗剤などで洗浄した後は、自然乾燥で2日以上乾燥させる必要があります。 洗浄後すぐにレコード再生すると、プチノイズが増大することがあります。 また、中性洗剤が残っていると、針先に、洗剤などの微物が、針先に付き、音割れの原因になります。 また、激落ちくんでレコードを擦ると、レコードの音溝を削り、高域の減少につながり危険です。
  • 結論として、レコード洗浄を行うなら刷毛での水洗い程度に留め、ある程度のプチノイズは許容して、録音ソフトのノイズ抑制機能を使いプチノイズを抑えるのが良いと思います。 例えば、VinylStudioを使えば、劇的にプチノイズの抑制効果が期待でき、これこそ、レコードのハイレゾ化の大きなメリットと言えます。・・・「VinylStudioのプチ・ノイズ抑制効果」ブログ参照

ポイント

2.スタイラス(針)のクリーニング

スタイラスクリニング

  • 薬局で購入した消毒用アルコールと歯間ブラシで、スタイラス(針)のクリーニングをしています。
  • 歯間ブラシに、アルコールを付けて、スタイラスの後方からそっと針先をブラッシングし、更に乾いたスタイラス・ブラシでスタイラスの後方からブラッシングします。

針先は、レコードの終わりに近づくにつれ、徐々に微物が針先に蓄積してくると、音割れが生じる危険性があります。 録音のやり直しのリスクを避けるため、スタイラスのクリーニングは、録音前に実施することが望ましいです。

ポイント

3.録音フォーマットについて

  • 折角、歴史的レコードを録音するのですから、24Bit、192KhzでFlacフォーマットが良いと思います。(盤質やレコードの音質に難がある場合は96Khzの選択もありと思います) 尚、高域ノイズの面からDSDフォーマット録音は、避けたほうが得策と思います。 レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?」を参照してください。
  • ビット深度は24Bit以上にすべきで、16Bitはお勧めしません。 これは、ノーマライズ(音量の正規化)処理した時の尤度が減じるためです。

ポイント

4.ハイレゾ録音した音源をエンコードするならAACかMP3か?

  • ブログ記事「ピュアー音源から見た「MP3、AAC」の音質比較」によりますと、スプリアスの観点からAACに軍配が上がりそうです。 でもスプリアスの発生は低レベルの部分(-100db)でのでMP3を選択しても超感上は問題にならないと思われます。
  • ブログ記事「ハイレゾ音源をエンコードするならMP3かAACか」によりますと、128kbpsのビットレートではAACが音質優位で、320kbpsビットレートではMP3が音質優位でした。 実際に「我が家のB級オーディオ」での聴感比較では、MP3の128bpsのビットレートで僅かにざらつきを感じましたので余裕を見て、AAC、MP3とも160kbps以上をオススメします。

ポイント

5.録音レベルは低めに

レベルメータ

最大レベル(フォルテ)時、フルスケールの半分以下に録音レベルを設定します。 何よりも録音をクリップさせないことが重要で、24bitのBit深度があれば後から、必要なゲイン調整を余裕で 「ノーマライズ」をすることが可能です。(例えば最大音量を-3dbに設定するなど)

また、VinylStudioの場合、例えばレコード2枚組アルバム・4面を録音した後、アルバム全体のノーマライズを行えばアルバム全体を見渡したゲイン調整を行うことも可能です。

 

その他・ハイレゾ録音のオススメ記事

VinylStudio”の録音手順

オススメ
録音ソフト・” VinylStudio”の録音手順について

VinylStudio(V8.8.0)は、英語版しか無くとっつきにくいアプリですので、以下に、当ブログのハイ・レコ録音の手順、設定条件をご参考までに示します。 一度設定してしまえば、それ程難しくなく、 ...

モノラール盤の録音

モノ録音
リヒテルの「展覧会の絵」モノラール盤をVinylStudioでハイレゾ化しました

  リジナルの「展覧会の絵」は、ムソルグスキーが、ピアノ組曲として作曲されました。 ピアノ演奏で名盤の一つにリヒテルがブルガリアの首都のソフィアでライブ演奏したものが有名です。 今回は、1958年のモ ...

ハイレゾ録音のサンプル

オススメ
サンプル音源・DLコーナー

LPレコードからハイレゾ録音したサンプル音源をダウンロードできるコーナーです。   記事で使用した音源を掲載! LPレコードから録音したハイレゾのダウンロードやMP3(AAC)で直接試聴もで ...

テストレコード関連・記事

 

サンプル音源

ハイレコ音源の
ダウンロードコーナ

ここをクリックしてサンプル音源を聴いてみてください

 

+ クリック 『レコード再生 参考書』カタログを見る

 

以上、ハイレゾレコーディングのヒントでした。 お手持ちレコードのハイレゾ化をオススメします。

スポンサーリンク

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おすすめ記事

1

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

2

  これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあ ...

3

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

4

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

5

「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

更新日:

Copyright© ハイレコのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.