スポンサーリンク

 

レコードのハイレゾ化のススメ

 

レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips

 

ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご参照ください。 あくまで、B級オーディオとして。

 

 

スポンサーリンク

 

LPレコードをハイレゾ化する意味

一昔前ならLPレコードを録音するには、オープンリール等で録音・アーカイブされていた方は多くいらっしゃたと思います。 LPレコードを録音する意味は、一々レコードに針を落とすのが面倒で、特に酔っぱらってレコードを聴こうとすると、過って針やレコードを破損することも多々経験するところだったからでした。

時代は、LPレコードからCDやSACDに置き替わり、わざわざLPレコードをハイレゾ化する必要は無いと言われるかも知れません。 しかし、昔のLPレコードを聴くと何故か、特にストリングスの音が自然に聞こえ驚かされます。(詳しくはここをクリック)

CDの音質がLPレコードより違和感を覚える要因は、デジタル化のサンプリング周波数とビット深度の悪化要因に伴う、マスタリング手法の違いによるものが大きいのでは無いか?と思っています。

CD化に伴うマスタリング手法については素人故、良く判りませんので、兎に角、昔のLPレコードの音質の方が好ましいのですから、LPレコードやカートリッジの寿命を考えても、LPレコードのサウンドを極力そのままの形で録音・アーカイブして残したい訳です。 (注記:ここのLPレコードとは、CD表示のSPARSコード的に言うとAAAで、昨今のレコードブームに便乗したDDAではありません。)

そこで、今やヒスノイズのあるオープンリールを使う意味は無く、AD変換器を通してCDフォーマットより上位のハイレゾフォーマットで録音することでLPレコードの音質を極力損ね無い形で録音・アーカイブすることが簡単に行える時代になりました。 更に、デジタル録音故、不要なプチノイズの抑制や適正に音量をアジャストするノーマライズ等、レコーディングソフトで簡単に編集することも容易です。

オペレータ
では、何故レコードを録音する時にハイレゾ(フォーマット)が有用か?を述べてみますね。

ビット深度が16bitのCD(フォーマット)では録音レベルの尤度が少なく往々にして過大入力になり音がクリップしてしまうのでレベル調整が非常にクリティカルです。 ハイレゾの24bitであれば、8bit分(256倍)の尤度が得られるので、予め録音レベルを絞って録音し、録音ソフトで最適に音量を上げるノーマライズ(正規化)を行えば音がクリップすることなく初心者でも容易に録音できます。

更に、下で述べている様に、CDに比べてハイレゾ(24bit)は歪率の点でも圧倒的に有利で、ハイレゾ(24bit)であればCD音質を超えるAAC変換も期待できます。

以上から、CDに比べハイレゾはファイルサイズが大きくなるデメリットを差し引いても、レコードを録音するならハイレゾがオススメです。
オペレータ

 

CDとハイレゾの歪率比較

CDフォーマット(16bit)での音圧レベルと歪率(THD+N)の関係を測定してみたのが下のグラフです。(上のオレンジラインがCD・16bitを示し、下のブルーラインがハイレゾ・24bitを示す)この歪率グラフから、音圧レベル(≒録音レベル)が下がれば下がるほど歪率が悪化することを示し、CD16bitよりもハイレゾ・24bitの方が3桁ほど歪率にとって有利であることを示しています。詳しくはここの記事をご覧ください。

このことから、人の耳に感知出来るか否かは別にして、如何なる音圧レベルであっても普通のオーディオアンプ並みの歪率レベル(一般的に0.1%以下)で録音したいところです。普通のオーディオアンプ並みの歪率レベルを達成するにはCD16bitでは不十分でハイレゾ・24bitが必須となる訳です。

 

ハイレゾレコーディングへの準備

 

 

ポイント 1

1.レコードプレーヤを選ぶなら

blank

レコードプレーヤは大きく分けて、レコード(LPレコードでは33 1/3 rpm)を回転させるターンテーブルとレコードの音溝をトレースして電気信号に変換させるトーンアームに取り付けられたカートリッジで構成されています。

夫々の要素のTipsを示します。

  • カートリッジは、出来るだけ良いものを使うことが肝要です。 やはり、MM(ムービング・マグネット)よりMC(ムービング・コイル)の方が良いと思います。 但し、MCは、出力電圧が低く、ヘッドアンプや昇圧トランスが必要になり、コスパの点から、質の良いMMを使っても良いと思います。 過去に、以前1万円台のオルトフォンのMMカートリッジ(2M Red)を使ったところ、ストリングスの音が、CD音質以下になり、お払い箱にしました。

  • カートリッジとヘッドシェルの取り付け:カートリッジはスタイラスのアジマス角度でクロストークが変わってしまいます。 取り付けは以下を参照ください。
  • トーンアームは、ヘッドシェルが交換でき、インサイドフォースキャンセル機能が付いたものが良いです。また、レコード最内周に行った時に自動でトーンアームが上がるリターン機能が付いたものですと、録音ソフト(例えば、VinylStudio)によっては自動で録音がストップし便利です。

注意:LPレコードを簡単にCD化できるターンテーブル一体型の製品がありますが、お勧めしません。  音質面や編集対応等で、後から後悔することになると思います。

予備知識

戻る INDEXへ

 

参考 (プレーヤ&カートリッジ)

プレーヤ

カートリッジ

 

ポイント 2

2.フォノアンプとA/Dコンバータの選択

  • 最近のプリメインアンプは、フォノアンプが無いものが多く、フォノイコライザアンプ付きのA/Dコンバータをお勧めします。  例えば<フルテック>のGT40αがあります。 但し、GT40αは、MCカートリッジ対応とうたってはいますが、低出力電圧のMC(Ex.オルトフォンのMC20は0.07mV)では、ノイズが多くなり使い物になりませんでしたので別途、MC用ヘッドアンプか昇圧トランスが必要になります。
  • A/Dコンバータは、サンプリング周波数192Khzまたは96khz、ビット深度24Bit以上 が対応できるA/Dコンバータ(PCM)をオススメします。 DSDレコーディングはどうか?と言うと、例えばDSD64(2.8Mhz)でレコードをハイレゾ録音すると、下のスペクトルで示す様にノイズシェービングの残滓(高域異常ノイズ)が残ります。
    blank
    この高域異常ノイズは、オーディオアンプ周波数帯域内にあり、不要な電力も消費し、混変調歪も発生する原因にもなり得ると思われ、最悪ツイータの破損につながるかもしれません。 PCMレコーディングであれば、高域異常ノイズの発生はありません。(詳細は「レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?」ブログ記事を参照してください。) また、当然ながらPCMレコーディングはデジタルですので、数値演算処理により音質劣化無無く、例えば増幅等の編集が容易に行えます。

ポイント 3

3.パソコンと録音ソフトの選択

  • パソコンは、WindowsでもMACでもOKです。
  • お勧め録音ソフトは、VinylStudioです。 その他、フリーソフトのAudacity等があります。

Vinylstudioのプチノイズ抑制機能(例)

VinylStudioの関連記事(カテゴリ)

 

ポイント 4

4.ジャケットの写真撮影用で、スマホを準備しておきます。

LPレコードのジャケットをスマホアプリのiScannerを使ってもOKですが、撮影時の照明の映り込み(グレア)を除去できる、無料のGoogleアプリ「フォトスキャン」がオススメです。 レコードジャケットのトリミング微調整を行った後、VinylStudioにジャケット画像を挿入します。 詳しくは以下の投稿ページをご参照ください。

戻る INDEXへ

ポイント 6

6.ハイレゾの有用性を押えておきましょう。

LPレコードを録音する上でCDフォーマットで録音するよりハイレゾで録音することの意味を知っておきましょう。 以下の記事をご参照ください。(2020/2/20追記)

戻る INDEXへ

 

ハイレゾ録音のヒント

 

 

ポイント 1

1.レコード洗浄は、ほどほどに

  • 中性洗剤などで洗浄した後は、自然乾燥で2日以上乾燥させる必要があります。 洗浄後すぐにレコード再生すると、プチノイズが増大することがあります。 また、中性洗剤が残っていると、針先に、洗剤などの微物が、針先に付き、音割れの原因になります。 また、激落ちくんでレコードを擦ると、レコードの音溝を削り、高域の減少につながり危険です。
  • 結論として、レコード洗浄を行うなら刷毛での水洗い程度に留め、ある程度のプチノイズは許容して、録音ソフトのノイズ抑制機能を使いプチノイズを抑えるのが良いと思います。 例えば、VinylStudioを使えば、劇的にプチノイズの抑制効果が期待でき、これこそ、レコードのハイレゾ化の大きなメリットと言えます。
戻る INDEXへ

ポイント 2

2.スタイラス(針)のクリーニング

スタイラスクリニング

  • 薬局で購入した消毒用アルコールと歯間ブラシで、スタイラス(針)のクリーニングをしています。
  • 歯間ブラシに、アルコールを付けて、スタイラスの後方からそっと針先をブラッシングし、更に乾いたスタイラス・ブラシでスタイラスの後方からブラッシングします。

針先は、レコードの終わりに近づくにつれ、徐々に微物が針先に蓄積してくると、音割れが生じる危険性があります。 録音のやり直しのリスクを避けるため、スタイラスのクリーニングは、録音前に実施することが望ましいです。

ポイント 3

3.録音フォーマットについて

  • 折角、歴史的レコードを録音するのですから、24Bit、192KhzでFlacフォーマットが良いと思います。(盤質やレコードの音質に難がある場合は96Khzの選択もありと思います)尚、高域ノイズの面からDSDフォーマット録音は、避けたほうが得策と思います。レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?を参照してください。
  • 録音のビット深度は24Bit以上にすべきで、16Bitはお勧めしません。 これは、ビット深度が16bitですとノーマライズ(音量の正規化)処理した時の尤度が減じ、24bitよりも3桁ほど歪率(量子化歪)が悪化するからです。

ポイント 4

4.録音レベルは低めに

レベルメータ

最大レベル(フォルテ)時、フルスケールの半分以下に録音レベルを設定します。 何よりも録音をクリップさせないことが重要で、24bitのBit深度があれば後から、必要なゲイン調整を余裕で 「ノーマライズ」をすることが可能です。

ノーマライズは最大音量を-3dbに設定するのがオススメです。

また、VinylStudioの場合、例えばレコード2枚組アルバム・4面を録音した後、アルバム全体のノーマライズを行えばアルバム全体を見渡したゲイン調整を行うことも可能です。

5.ノイズ抑制のこと

レコード再生におけるノイズは、音溝の微物や傷などで発生するスクラッチノイズ(いわゆるプチノイズ)とレコード再生のウイークポイントである低域に関する低域共振(トーンアームに起因)やハム(商用周波数に起因)ノイズがあります。 録音ソフトのVinylStudioは、これらのノイズを抑制するクリック修復機能やランブルフィルタ、ハムフィルターを有します。

「低域共振・低域ノイズ抑制の設定」

戻る INDEXへ

 

その他・ハイレゾ録音の参考記事

テストレコード関連・記事

 

レコードがパブリック・ドメインか?を調べるには

「TPP整備法」の発効により、著作権法が改正され、2018年12月30日で著作権の保護期間が50年から70年に延長されました。 ただし、著作権法においては,一度保護が切れた著作物等については,その保護を後になって復活させるという措置は採らないという原則もあります。 このため、例えば保有しているレコード(音源)がパブリックドメインに該当するものか否かを判定(計算)するのが複雑で面倒になりました。

そこで、下のブログ記事に「レコードのパブリックドメイン(目安)チェッカー」を用意してみましたのでご利用ください。

 

以上、基本的なレコードのハイレゾ化へのヒントでした。

 

ハイレゾ音源をAAC(又はMP3)に変換する。

ハイレゾ録音した音源を出来るだけ音質を落とさない様にAAC(又はMP3)変換するためのヒントです。

次のページへ >

 

スポンサーリンク

 

 

Blog オススメ記事(コンテンツ選択)
  • レコード音質とハイレゾ化

  • CD音質と圧縮音源 AAC等

  • WordpressやiPhone・PC

  • ツールと閑話ブログ

レコード音質とハイレゾ化

CD音質と圧縮音源 AAC等

WordpressやPCなど

ツールと閑話ブログ

スポンサーリンク