VinylStudioの「Hum Filter」の効果

スポンサーリンク

 

機械的振動含めてカートリッジへ混入する外部ノイズには、電源の周波数に依存するノイズ(Humといいます)があります。 VinylStudioのHum FilterをONにすると、商用電源周波数に依存するノイズを抑制します。  Humの有無を調べるには、オーディオチェックレコード(AD-1)の無音溝を再生して、電源周波数(例えば関東は50hz、関西は60hz)ノイズの有無を調べれば判ります。 不幸にして、電源に依存する周波数ノイズがあったら、このノイズを抑制するのが、Hum Filterです。 今回は、このHum Filterの効果を確かめてみました。

スポンサーリンク

 

VinylStudioのバージョンがV9.0.9になっていました

今まで使用していたバージョンは、V9.0.7でした。 全てのユーザーへ、V9.0.9(2018-9-7)へupgradeする様に推奨しています。 使用しているバージョンは、画面左上のAbout VinylStudioを選択(クリック)で確認できます。 古いバージョンでしたら、下の様に、Helpから、Check for Updateをクリックしてバージョンアップできます。

Check for Update

 

VinylStudioのHum Filter・効果

レコードの無音溝は、オーディオチェックレコード(AD-1)の「SIDE2-バンド6:無音溝」にあります。 この無音溝を再生することで、ノイズが判ります。

何時ものように、VinylStudioでハイレゾ録音して、Hum FilterをOffの時と、Onの時の無音ノイズをFlacファイルで書き出しAudacityで周波数分析した後、Excelでグラフ化します。

下は、VinylStudioのHum FilterのOn/Off設定画面です。 50hzか60hzにするかの設定も行います。

VinylStudioのHum Filter

我が家のターンテーブルとデノンDL103Rカートリッジでレコードの無音溝を録音し、Hum FilterをOnまたはOffしたときの周波数分析結果は下のグラフの通りです。 Hum FilterをOnした場合、50hzで9dbほどノイズが低減していることが分かります。 但し、100hzにピークがありますが、これは、50hzのハーモニクスと思われます。(当然、Hum FilterをOnしても抑制できません)

無音溝ノイズ

我が家のターンテーブルで、Hum Filter(On)を使用すべきか?を考察します。

確かに50hzで、Hum Filterを使いますとノイズが9db低減しますが、元々の50hzノイズレベル(Hum Filter OFF)が-71dbと低く、全体の無音溝ノイズから見れば、それほど聴感上に影響を与えるものとは思えないことに加え50hzのハーモニクスと思われる100hzノイズは、Hum Filter使ってもそのノイズは抑制できないので、Hum Filterは、使用しないこととしました。

 

 


 

 

スポンサーリンク

 

関連記事(一部広告含む)

 

 

Blog オススメ記事(コンテンツ選択)

ボタンを押してコンテンツ選択

レコード音質とハイレゾ化

CD音質と圧縮音源 AAC等

WebデザインやiPhone・PCなど

ツールと閑話ブログ

スポンサーリンク

© 2021 ハイレコのブログ Powered by AFFINGER5