AutomatorによるXLD・AAC変換ワークフローアプリにMediainfo機能を追加してみました

スポンサーリンク

 

以前の記事で、XLDコマンドラインでハイレゾ24bit音源を高域減衰無く最適化したAAC変換を行うためにAppleのAutomatorを利用したワークフローアプリを作成しました。(詳細はここをクリック) 今回は、AAC変換が完了したらMediaInfoログ(メディアファイル情報)が自動的にログ表示される機能を追加しましたので紹介します。 

なお、Automatorは、Apple社のMAC OSに標準搭載されているアプリで、PC上の作業(ワークフロー)をプログラムすることができます。 Automatorで作られたワークフローは、一つのアプリとして実行することができます。

 

スポンサーリンク

 

今回のワークフローアプリの概要

今回のワークフローアプリは、以前紹介しましたA記事のAAC変換アプリB記事のMediaInfo情報取得アプリ機能を追加したものです。 この合体したアプリ名を、XLD to ACC with MediaInfo.app としました。 

このアプリを実行しますと、AAC変換した後、自動的にMediaInfo情報(AAC諸元や音源のクレジット)が表示され、Texファイルで保存されます。

オペレータ
ここでワークフローアプリのキーとなる、A記事とB記事の「シェルスクリプトを実行」コード を示します。 下のボタンを押すとコードがご覧頂けます。

+ シェルスクリプト・コードを見る

A記事・コード

B記事・コード

「閉じる」

 

それでは、完成したワークフローアプリの動画(1分)を見てみてください。
オペレータ

動画の簡単な流れ

  • ワークフローアプリ起動
  • ハイレゾファイル選択(複数選択可) 
    (ここでは、ハイレゾで録音したBrahms ピアノコンチェルトの2楽章を選択)
  • AAC変換が完了するとMediaInfoログ(メディアファイル情報)が表示される
  • ファインダーで確認
    (AACに変換されたファイルとMediaInfoログファイルが生成されている)

 

Aoutometor ワークフローアプリ作成(要点)

Aoutometor ワークフローアプリの基本的な作成方法はA記事を参考にしてください。 今回のワークフローアプリの名前を「XLD to ACC with MediaInfo.app 」としてワークフローアプリの要点となる「シェルスクリプトを実行」用のコードを以下に示します。

なお、今回のワークフローの内容を詳しく知りたい場合やワークフローの修正を行う場合は、後段に示しますzipファイルをダウンロードして解凍後、Automatorアプリを起動して ファイル > 開く からダウンロードしたワークフローアプリを指定すれば、Automatorワークフローが参照できます。

「シェルスクリプトを実行」用のコード

PCにインストールされているXLDやMediaInfoアプリの絶対パスの書き着替えが必要になります。 例えば、上のコードの17行、20行のXLDの絶対パスや35行のMediaInfoの絶対パス指定がそれに当たります。

 

作成したワークフローアプリ「XLD to ACC with MediaInfo.app 」を使う

オペレータ
今回作成したワークフローアプリ(XLD to ACC with MediaInfo_V20201214.app)をzipファイルでアップしましたので、DownLoadボタンを押してzipファイルをダウンロードし解凍すれば、お使い頂けます。 但し、PCにインストールされているXLDやMediaInfoアプリの絶対パスの書き着替えが必要です。

アプリDLと使用上の注意ポイント

  • このアプリを開こうとすると「“XLD to ACC with MediaInfo_V20201214.app”は、App Storeからダウンロードされたものでないため開けません。」と表示される場合は、「control」ボタンを押しながら右クリックで開いてみてください。
  • このアプリは、エラー処理等は含んでいませんのでご注意ください。
  • アプリの使用によって、生じたいかなる損害も、補償いたしかねますことをご承知おきください。

 

このワークフローアプリを使う際に、下に注意すべき事項があります、
オペレータ

注意ポイント

  1. XLDアプリとMediaInfoアプリのコマンドラインを使っていますので、夫々のインストールが必要です。 
  2. 事前にXLDのサウンドオプション設定が必要です。

+ XLDのサウンドオプション設定 クリックして展開

AIFFのオプション設定

ハイレゾ音源をサンプルレート48khz(or44.1khz)でAACに変換する場合、高域(20khz付近)で減衰します。 この高域減衰を防止するために、AIFFをテンポラリファイルとして、一旦ハイレゾ音源を48khz(or44.1khz)にダウンサンプリングしますので、以下の様に、AIFFオプションを設定しておきます。 高域減衰の詳細はここをクリック。

XLDの環境設定から、環境設定 > 一般 からAIFFのオプション(サンプルレート48khz or44.1khz)を設定します。

AACのオプション設定

ダウンサンプリング生成された、aiff ファイルのサンプルレートに合わせ、更に高音質設定で AAC変換する必要がありますので、以下の様に、事前にAACオプションを設定しておきます。

XLDの環境設定から、環境設定 > 一般 からAACのオプションを設定します。

オプションは、以下で設定
モード:CBR
エンコーダの精度:最高
サンプルレート:自動にします。
(AIFFのサンプルレートに従ったAAC変換が行えます)

ビットレート:320kbps

展開を「閉じる」

 

このワークフローアプリでAAC変換してみました。 ♫

この音源は、1960年録音・ブルーノ・ワルター指揮 コロムビア交響楽団によるモーツァルト交響曲 第35番 ハフナーです。 

レコードから録音したハイレゾファイル(192khz 24bit、Flac)をこのアプリでAAC変換しました。 LPレコードの盤質が悪く、良い音質とは言えませんが歴史的名演ですので、この音源を聴いてみてください。 またAAC変換後に自動生成された、MediaInfoのLogも合わせて添付しました。

 

第1楽章 AAC(320kbps 48khz)

+ 第1楽章 MediaInfo Log

 MediaInfo Log
General
Complete name : /Volumes/XLD/ADR ブルーノ・ワルターの芸術/第35番ハフナー 1楽章_XLD_chg.m4a
Format : MPEG-4
Format profile : Apple audio with iTunes info
Codec ID : M4A (M4A /mp42/isom)
File size : 13.9 MiB
Duration : 5 min 59 s
Overall bit rate mode : Variable
Overall bit rate : 324 kb/s
Album : ADR モーツァルト交響曲 ブルーノ・ワルターの芸術
Album/Performer : ADR モーツァルト交響曲 ブルーノ・ワルターの芸術
Track name : 第35番ハフナー 1楽章
Track name/Position : 4
Performer : ブルーノ・ワルター指揮 コロムビア交響楽団
Encoded date : UTC 2021-03-12 03:02:08
Tagged date : UTC 2021-03-12 03:02:08
Writing application : X Lossless Decoder 20210101, AudioCodecs 573.4.1, CBR 320 kbps
Cover : Yes
Encoding Params : (Binary)
Audio
ID : 1
Format : AAC LC
Format/Info : Advanced Audio Codec Low Complexity
Codec ID : mp4a-40-2
Duration : 5 min 59 s
Bit rate mode : Variable
Bit rate : 319 kb/s
Channel(s) : 2 channels
Channel layout : L R
Sampling rate : 48.0 kHz
Frame rate : 46.875 FPS (1024 SPF)
Compression mode : Lossy
Stream size : 13.7 MiB (99%)
Language : English
Encoded date : UTC 2021-03-12 03:02:08
Tagged date : UTC 2021-03-12 03:02:08

第2楽章 AAC(320kbps 48khz)

+ 第2楽章 MediaInfo Log

 MediaInfo Log
General
Complete name : /Volumes/XLD/ADR ブルーノ・ワルターの芸術/第35番ハフナー 2楽章_XLD_chg.m4a
Format : MPEG-4
Format profile : Apple audio with iTunes info
Codec ID : M4A (M4A /mp42/isom)
File size : 12.2 MiB
Duration : 5 min 14 s
Overall bit rate mode : Variable
Overall bit rate : 325 kb/s
Album : ADR モーツァルト交響曲 ブルーノ・ワルターの芸術
Album/Performer : ADR モーツァルト交響曲 ブルーノ・ワルターの芸術
Track name : 第35番ハフナー 2楽章
Track name/Position : 5
Performer : ブルーノ・ワルター指揮 コロムビア交響楽団
Encoded date : UTC 2021-03-12 03:02:19
Tagged date : UTC 2021-03-12 03:02:19
Writing application : X Lossless Decoder 20210101, AudioCodecs 573.4.1, CBR 320 kbps
Cover : Yes
Encoding Params : (Binary)
Audio
ID : 1
Format : AAC LC
Format/Info : Advanced Audio Codec Low Complexity
Codec ID : mp4a-40-2
Duration : 5 min 14 s
Bit rate mode : Variable
Bit rate : 319 kb/s
Channel(s) : 2 channels
Channel layout : L R
Sampling rate : 48.0 kHz
Frame rate : 46.875 FPS (1024 SPF)
Compression mode : Lossy
Stream size : 12.0 MiB (99%)
Language : English
Encoded date : UTC 2021-03-12 03:02:19
Tagged date : UTC 2021-03-12 03:02:19

第3楽章 AAC(320kbps 48khz)

+ 第3楽章 MediaInfo Log

 MediaInfo Log
General
Complete name : /Volumes/XLD/ADR ブルーノ・ワルターの芸術/第35番ハフナー 3楽章_XLD_chg.m4a
Format : MPEG-4
Format profile : Apple audio with iTunes info
Codec ID : M4A (M4A /mp42/isom)
File size : 8.94 MiB
Duration : 3 min 51 s
Overall bit rate mode : Variable
Overall bit rate : 324 kb/s
Album : ADR モーツァルト交響曲 ブルーノ・ワルターの芸術
Album/Performer : ADR モーツァルト交響曲 ブルーノ・ワルターの芸術
Track name : 第35番ハフナー 3楽章
Track name/Position : 6
Performer : ブルーノ・ワルター指揮 コロムビア交響楽団
Encoded date : UTC 2021-03-12 03:02:28
Tagged date : UTC 2021-03-12 03:02:28
Writing application : X Lossless Decoder 20210101, AudioCodecs 573.4.1, CBR 320 kbps
Cover : Yes
Encoding Params : (Binary)
Audio
ID : 1
Format : AAC LC
Format/Info : Advanced Audio Codec Low Complexity
Codec ID : mp4a-40-2
Duration : 3 min 51 s
Bit rate mode : Variable
Bit rate : 319 kb/s
Channel(s) : 2 channels
Channel layout : L R
Sampling rate : 48.0 kHz
Frame rate : 46.875 FPS (1024 SPF)
Compression mode : Lossy
Stream size : 8.82 MiB (99%)
Language : English
Encoded date : UTC 2021-03-12 03:02:28
Tagged date : UTC 2021-03-12 03:02:28

第4楽章 AAC(320kbps 48khz)

+ 第4楽章 MediaInfo Log

 MediaInfo Log
General
Complete name : /Volumes/XLD/ADR ブルーノ・ワルターの芸術/第35番ハフナー 4楽章_XLD_chg.m4a
Format : MPEG-4
Format profile : Apple audio with iTunes info
Codec ID : M4A (M4A /mp42/isom)
File size : 9.39 MiB
Duration : 4 min 2 s
Overall bit rate mode : Variable
Overall bit rate : 324 kb/s
Album : ADR モーツァルト交響曲 ブルーノ・ワルターの芸術
Album/Performer : ADR モーツァルト交響曲 ブルーノ・ワルターの芸術
Track name : 第第35番ハフナー 4楽章
Track name/Position : 7
Performer : ブルーノ・ワルター指揮 コロムビア交響楽団
Encoded date : UTC 2021-03-12 03:02:37
Tagged date : UTC 2021-03-12 03:02:37
Writing application : X Lossless Decoder 20210101, AudioCodecs 573.4.1, CBR 320 kbps
Cover : Yes
Encoding Params : (Binary)
Audio
ID : 1
Format : AAC LC
Format/Info : Advanced Audio Codec Low Complexity
Codec ID : mp4a-40-2
Duration : 4 min 2 s
Bit rate mode : Variable
Bit rate : 318 kb/s
Channel(s) : 2 channels
Channel layout : L R
Sampling rate : 48.0 kHz
Frame rate : 46.875 FPS (1024 SPF)
Compression mode : Lossy
Stream size : 9.27 MiB (99%)
Language : English
Encoded date : UTC 2021-03-12 03:02:37
Tagged date : UTC 2021-03-12 03:02:37

 

 

以上、ハイレゾ音源から高域減衰無く最適化してAAC変換し、更にMediainfo機能を付加したワークフローアプリの紹介でした。 是非お試し頂けばと思います。

 

スポンサーリンク

 

関連記事(一部広告含む)

 

オススメ記事

レコードのハイレゾ化
オススメ記事

blank
LPレコードのハイレゾ化のススメ(ハイレゾ録音のヒント集)

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

MCカートリッジとMMカートリッジの音質比較

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

DENON MCカートリッジ DL103Rのクロストーク「 原理編」

今更ながら、「我が家のB級プレーヤ」に取り付けた「DL103Rカートリッジのクロストーク(セパレーション)をテストレコード(AD-1 2面のバンド4:基準レベル、1kHz、3.54cm/sec(尖頭値 ...

テストレコード(AD-1)で出来ること

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?

ことの 発 端 ことの発端は、あるハイレゾDLサイトから、チャイコのバイオリンコンチェルトをPCM(Flacファイル 192Khz、24Bit)で購入しました。WAVファイルも平行販売されています。 ...

CD音質関連 その他
オススメ記事

blank
アナログ・レコードのここがダメ「CD音質と比較して」

これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあまり言いたくは ...

CD音質のここがダメ「ハイレゾ(24bit)と比較して」

CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ...

CD音質を凌ぐ?「ハイレゾ音源のAAC変換」を行うために

XLDサイトへ AAC (Advanced Audio Coding)音質はビットレートを最高品質の320kbpsでAAC変換しても漠然とCD音質には及ばないと思っていました。 ところが、ピュアー音源 ...

Apple Digital MastersのAAC音質(その1)

2019年7月付けの「Apple Digital Masters テクノロジー概要」によれば、iTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テク ...

Post Snippets Pluginで出来ること(小技・事例集)

 WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ...

スポンサーリンク

© 2021 ハイレコのブログ Powered by AFFINGER5