自分のIPアドレスを調べるツール作成(アナリティクスで自分のWebアクセスを除外設定用)

スポンサーリンク

 

ブログのアクセス状況を調べるために、Googleアナリティクスを使用されていると思います。 この中で自分のブログをアクセスするとPV数が加算されてしまいますので、これを避けるためにGoogleアナリティクスのフィルター設定で自分のIPアドレスを指定し除外する必要があります。 

フィルターする自分のIPアドレスは、インターネットに接続しているグローバルIPアドレス(プロバイダで割当てられている)になりますので、このグローバルIPアドレスを調べるツールを作成してみました。

IPアドレスについて・ポイント

IPアドレスは、プライベートとグローバルの2つの種類があります。

  • プライベートIPアドレス:
    通常家の中のLAN内で使用される端末毎に割り振られているIPアドレスです。
  • グローバルIPアドレス:
    世界中で重複しない様に、プロバイダーで割り振られたインターネットで使用されるIPアドレスです。

注意すべきは、ルーター等の機器をリセットすると、プロバイダーで割り振られたグローバルIPアドレスが変動します。 グローバルIPアドレスを調べ、再度アナリティクスのフィルター設定で自分のIPアドレスを更新する必要があります。

 

Googleアナリティクスのフィルター設定
(自分のIPアドレスを除外する)

  1. Googleアナリティクスにログインして、画面右下の「管理(歯車マーク)」をクリックして管理画面を開きます。
  2. 3列目にある「フィルター」を選択して「+フィルターの追加」をクリックし、下の様に設定し、「除外するグローバルIPアドレス」を入力して保存します。

 

グローバルIPアドレスを変更(更新)したい時は、Googleアナリティクスの管理画面から「フィルター」をクリックして、先程設定したフィルター名をクリックするとフィルターの編集画面が開きますので、以下で調べたグローバルIPアドレスを変更(更新)して保存します。

 

自分のIPアドレスを調べるには

下のサイトにアクセスすると簡単に自分のグローバルIPアドレスを調べることができます。

 

オペレータ
でも、やはり自前で自分のIPアドレスを調べてみたいですよね。

 

自分のIPアドレスを調べるツール作成

  • このツールを使うにはphpが扱えるWebサーバーであることが必要です。
  • テキストエディタ等で、下のHTML形式で記述されたコードをコピペします。
  • 適当なツール(ファイル)名を付けて保存した後、拡張子をphpに変更します。(phpが内在していることをサーバーに認識させるために拡張子をphpにする必要があります。)
  • このファイルを、Webサーバーにアップロードします。
  • このツールを使ってIPアドレスを調べるには、ブラウザで、アップロードしたファイルのURLを指定(例えば https://pianoforte32.com/ツール名.php)すればブラウザ上に自分のIPアドレスが表示されます。

22行目がアクセスされたグローバルIPアドレスを表示するコードです。 その他コードの意味はコメントアウト部分を参照してください。

オペレータ
ブラウザでWebサーバーにUPした作成ツール(ファイル)のURLを指定指定(例えば https://pianoforte32.com/ツール名.php)してアクセスすると以下の様に自分のグローバルIPアドレスが表示されます。

現在のグローバルIPアドレスが表示されています

 

以上、自分のIPアドレスを調べるツールの作成方法でした。 ご参考にして頂ければと思います。

 

スポンサーリンク

 

関連記事(一部広告含む)

 

 Blog オススメ

スポンサーリンク

© 2021 ハイレコのブログ Powered by AFFINGER5