レコードのパブリック・ドメイン (目安) チェッカー

TPP整備法」の発効により、著作権法が改正され、2018年12月30日で著作権の保護期間が50年から70年に延長されました。 ただし、著作権法においては,一度保護が切れた著作物等については,その保護を後になって復活させるという措置は採らないという原則もあります。 このため、例えば保有しているレコード(音源)がパブリックドメインに該当するものか否かを判定(計算)するのが複雑で面倒になりました。

そこで、文化庁ホームページにある「著作物等の保護期間の延長に関するQ&Aの問1~問4を元に保有している(クラシック)レコード(音源)がパブリックドメインに該当するか?をチェックする簡単な目安チェッカー(プログラム)を作成してみました。 

チェッカー使用上の注意ポイント

このプログラムは、文化庁ホームページにある「著作物等の保護期間の延長に関するQ&A」、問1~問4を元に作成していますので例えば戦時加算や外国の著作権法制度などは考慮していません。 また、著作権法自体が難解でかつ複雑なため、このチェッカーの判定結果(あくまで目安)及び、当サイトの内容に誤りがあった場合でも、一切の責任を負わないものとさせて頂きますので、予めご承知おきください。

レコードのパブリックドメイン(目安)チェッカー

※1チェッカーの入力欄に作曲者の没年(要件−1:作曲者の著作権)とレコードの発行(発売)年(要件ー2:レコード音源の著作隣接権)を入力した後、【Check Start】ボタンを押すと夫々の要件をチェックしてパブリックドメインに該当するか?の目安を知ることができます。 

※2レコードの発行(発売)年については、ここをクリックしてくご参照ください。

 

+ プログラム元の「著作物等の保護期間の延長に関するQ&A 問1~問4」(ここをクリック)

文化庁ホームページにある「著作物等の保護期間の延長に関するQ&A」の問1~問4を以下に転記します。

https://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/hokaisei/kantaiheiyo_chosakuken/1411890.html

参考

問1 保護期間とは何ですか。

(答)

著作権や著作隣接権などの著作権法上の権利には一定の存続期間が定められており,この期間を「保護期間」といいます。

これは,著作者等に権利を認め保護することが大切である一方,一定期間が経過した著作物等については,その権利を消滅させることにより,社会全体の共有財産として自由に利用できるようにすべきであると考えられたためです。

改正前の著作権法においては,著作物等の保護期間は原則として著作者の死後50年までとされていましたが,環太平洋パートナーシップ協定の締結及び環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律(平成28年法律第108号。以下「TPP整備法」という。)による著作権法の改正により,原則として著作者の死後70年までとなります。著作物等の保護期間に係る改正の概要については,以下のとおりとなります。

図1

問2 保護期間はどのように計算しますか。

(答)

計算方法を簡単にするため,すべての期間は,死亡,公表,創作した年の「翌年の1月1日」から起算します(第57条)。改正後の著作権法では,例えば,手塚治虫さんの著作物は,手塚さんが平成元(1989)年に亡くなられましたから,平成2(1990)年1月1日から起算して,70年後の,2059年12月31日まで保護されることとなります。

問3 TPP11協定の発効日が平成30年12月30日となったことにより,著作物等の保護期間はどのように変わりますか。

(答)

TPP11協定の発効日が平成30(2018)年12月30日となったことにより,著作物等の保護期間の延長を含めた著作権法改正が同日から施行されることとなり,原則として昭和43年(1968年)以降に亡くなった方の著作物の保護期間が延長されることとなります。具体的には,昭和43年(1968年)に亡くなった方の著作物の保護期間(原則)は平成30(2018)年12月31日まででしたが,平成30(2018)年12月30日付けで著作者の死後50年から70年に延長されることになり,20年長く著作物が保護されることとなります。

例えば,藤田嗣治さんの著作物は,藤田さんが昭和43(1968)年に亡くなられましたから,昭和44(1969)年1月1日から起算して,これまでは50年後の,平成30(2018)年12月31日まで保護されるとされていましたが,TPP整備法による著作権法の改正により,70年後の,2038年12月31日まで保護されることとなります。

図2

問4 既に保護期間が切れている著作物等の保護期間はどのようになりますか。

(答)

著作権法においては,一度保護が切れた著作物等については,その保護を後になって復活させるという措置は採らないという原則があるため,改正法の施行日である平成30(2018)年12月30日の前日において著作権等が消滅していない著作物等についてのみ保護期間が延長されます(TPP整備法附則第7条)。したがって,既に保護期間が切れているものについては,遡って保護期間が延長されるわけではありません。

 

スポンサーリンク

 

 

レコードのパブリック・ドメイン (目安) チェッカーの使い方

このチェッカーは、(クラシック)レコードに対してパブリック・ドメインか否かを目安判定するものです。 チェッカーの入力欄は2つあります。 一つは作曲者の没年を入力します。 例えば、Beethovenですと1827年になります。 もう一つの入力欄は、保有レコードの発行年(発売年)を入力します。 発行(発売)年を調べるには、後述の「レコードの発行年について(参考)」を参照してください。 チェッカーの入力欄に半角数字で入力したら、【 Check Start 】ボタンを押すと、判定結果が表示されます。

 

判定結果について、


  • step.1

    今般の著作権法が改正(発効:2018年12月30日)され、著作権の保護期間が50年から70年に延長されました。 これは、2018年12月30日を起点として、起点以前で50年の保護期間が満了されているか否かをチェックします。 満了していなければ70年の保護期間が適用されることになります。 なお、すべての期間は,死亡,公表,創作した年の「翌年の1月1日」から起算します(第57条)


  • step.2

    保有しているレコードがパブリックドメインであるか否か?が決まる要素は、(要件−1)レコードの作曲者が著作権の保護期間と(要件ー2)レコードの著作隣接権の保護期間において、夫々の要件の保護期間が満了していればパブリックドメインということになります。 


 

レコードの発行年について(参考)

1)著作隣接権の保護期間について

公益社団法人・著作権情報センターによれば、保護期間は以下の様に規定されています。 

https://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime4.htmlより部分コピー

要点は、レコード・音源の発行を起点にして保護期間が規定され、著作権・改訂後にあっては、保護期間が70年になります。 (改訂前であっては、レコード・音源の発行から50年で適用されます。)

よって、保護期間を特定するには、レコード音源の発行年を知る必要があります。

 

2)レコードの発行年を確認するには(例)

ポイント

レコード本体(内周無音部分)や、レコードの付属・印刷物に表示されているⓟ マークの後に表示されている西暦年を確認すれば、レコードの発行年を知ることができます。  (ⓟ マーク表示については以下の日本レコード協会規格 RIS 202 「アナログディスクレコードの表示事項及び表示方法」の下記、関連部分抜粋を参照してください)

当ブログの場合、レコードの発行年の確認手順は以下です。参考として示します。


  • 最も優先するレコードの発行年はⓟマーク 西暦年です。

    その理由は、ⓟ マークとは「原盤権」(音が固定(録音)され編集された音源でレコード製作者の権利)を示し、ⓟ は「レコード」を意味するphonogramの頭文字でその後に発行(西暦)年が表示されているからです。


  • ⓒマーク 西暦年のみの場合

    ⓒマーク 西暦年しか表示が無い場合、ⓒマークは「レコードジャケットデザインや添付文書など全体に渡る著作権」ですので、レコード音源の発行年と異なる場合があります。(つまり、ⓒ西暦年がレコードの最初の発行年より新しい西暦年で示されている場合があります)この場合は次善の手段で確認します。


  • 次善の手段

    レコード発行年が不明の場合は、レコードの録音年やジャケットのデザイン等のデータからDISGOGSデータベースなどで検索し発売年(Release年)から特定するか、その他、確実な手段としてレコード会社へ問い合わせる方法もあるかと思います。


 

RIS 202(規格)関連部分抜粋

3.表示事項及び内容

ⓟ / ⓒ マークの夫々は、Phonogram / Copyright の意味です。

〜〜〜

4. 表示の方法

 

参考
チェッカーを使った実例集を掲載しています

保有しているレコード(音源)がパブリック・ドメインに該当するか?知りたくなる時が希にあります。 「TPP整備法」の発効により、著作権法が改正され、2018年12月30日より著作権の保護期間が50年から ...

続きを見る

 

参考にさせて頂いたWeb関連ページ

     

     

    スポンサーリンク


    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    オススメ記事

    レコードのハイレゾ化
    オススメ記事

    LPレコードのハイレゾ化のススメ(ハイレゾ録音のヒント集)

      レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

    MCカートリッジとMMカートリッジの音質比較

    eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

    DENON MCカートリッジ DL103Rのクロストーク「 原理編」

    今更ながら、「我が家のB級プレーヤ」に取り付けた「DL103Rカートリッジのクロストーク(セパレーション)をテストレコード(AD-1 2面のバンド4:基準レベル、1kHz、3.54cm/sec(尖頭値 ...

    テストレコード(AD-1)で出来ること

    年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

    レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?

    ことの 発 端 ことの発端は、あるハイレゾDLサイトから、チャイコのバイオリンコンチェルトをPCM(Flacファイル 192Khz、24Bit)で購入しました。WAVファイルも平行販売されています。 ...

    CD音質関連 その他
    オススメ記事

    アナログ・レコードのここがダメ「CD音質と比較して」

    これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあまり言いたくは ...

    CDフォーマットのここがダメ「ハイレゾと比較して」

    CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ...

    Sony HAP-Z1ESのDSEE機能/確認

    「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

    Apple Digital MastersのAAC音質(その1)

    2019年7月付けの「Apple Digital Masters テクノロジー概要」によれば、iTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テク ...

    Post Snippets Pluginで出来ること(小技・事例集)

     WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ...

    Copyright© ハイレコのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.