「OTOTEN(音展) 2018」とテストレコード

投稿日:2018年6月18日 更新日:

6月16日、17日に東京国際フォーラムで開催された、日本オーディオ協会 主催のOTOTEN(音展)へ今年も行ってきましました。  音展に行ったついでに、日本オーディオ協会で販売しているテストレコード「オーディオチェックレコード AD-1」を買ってきました。 OTOTEN(音展)で目を引いた展示品とテストレコードの概要についてブログします。

 

スポンサーリンク

 

音展で目を引いた展示品

アナログレコード祭りや4K、8K TVのなどのイベントがありましたが、通常の展示の中で、特に目を引いたのが、あたかもストーブのような外観をした、CS ポート株式会社のモノラルパワーアンプ212PAでした。

モノアンプ概要は、送信管および変調管として1910年代にウェスタンエレクトリックが開発したプレート損失275Wの大型3極管・212Eをアンプの出力段に使用した無帰還 A級シングルアンプです。 モノアンプ・ペアで、500万円弱、1W当たり6万円という製品です。 サウンドを試聴させて頂きましたが、無帰還アンプのためか、中音の音が豊かに感じられました。 しかし、経時的に真空管がエミ減にになったらどんな音になるのか?球の交換費用は幾らになるのか?心配の面もありますが、このスペックに果敢に挑戦され商品化された、CS ポート株式会社に対して敬意を評したいと思います。

 

<製品仕様>を以下に引用
型式:212PA
方式:入力トランス内蔵クラスA動作真空管パワーアンプ
構成:入力トランス - C3g3結 - FETドライバ - 212E - 出力トランス
出力:40w(負荷インピーダンス 40Ω・80Ω)
周波数特性:20-40kHz -3dB/20W
全高調波歪みTHD:1% typ/40W 1kHz 0.2% typ/10W 1kHz
NFB:無し
SN比:90dB/10W 8Ω
入力感度:1V/40W
GAIN:25dB/8Ω端子
入力/インピーダンス:RCA 1系統 1.5kΩ
音量調整:前面ボリュウムによる
ダンピングファクター DF:5以上
スピーカ出力:4Ω/8Ω端子
電源:AC100/120/200/240V 50,60Hz
消費電力:400w
サイズ:188W×385H×563D ツマミ、SP端子含まず
重量:24.5kg
仕上げ:シルバーアルマイトおよび銘木ローズウッド突板
付属品:ロジュウムメッキAC電源ケーブル
保証期間:5年間(消耗品を除く)登録が必要です

 

 

スポンサーリンク

 

 

テストレコードについて(概要)

音展の中で販売されていた、日本オーディオ協会の「オーディオチェックレコード AD-1」を税抜きで3,500円で購入しました。 通常このレコードを購入するには、日本オーディオ協会で直接購入するか、送料600円を加えて購入するかになりますが、音展に行ったついでに購入するのが一番メリットがある様に思いました。
このレコードの中身は


このテストレコードは、日本オーディオ協会と日本コロンビアがタイアップして、日本コロンビアの「DENON AUDIO TECHNICAL RECORD (XL-7004,7001)」の原盤を使い、東洋化成にて、プレスしたとのことでした。

今後、このテストレコードを使って「我が家のB級オーディオ」のプレーヤやカートリッジの特性を調べ、ブログして行きたいと思います。

 

<テストレコードに関する記事>

テストレコード(AD-1)のスイープ信号を使って、低域共振の位相回転(リサージュ)の瞬間をとらえましたーDENON(DL-103R)

前回ブログで、「カートリッジは機械系の共振に影響するので、位相も複雑に変化する様です。」と考察しましたが、その続編として、テストレコード(AD-1)にある、低域共振測定用低域周波数スイープ信号左ch、 ...

カートリッジ・クロストーク位相の確認ーDENON(DL-103R)検証編

前回ブログは、位相を確認するための準備編でした。 今回は実際にDENON(DL-103R)カートリッジを通して、カートリッジのアジマス調整・前後でのクロストーク(漏れ信号)の位相変化を確認してみたいと ...

カートリッジのクロストーク位相を確認(Osciloppoiのリサージュ波形)ー準備編

「オシロっぽい」アプリ   以前のブログにカートリッジのクロストーク「原理編」でマトリクス原理から、クロストークによる漏れ信号は、逆相でないか?とブログしていますが、その実証(裏ずけ)を行お ...

更に詳しくはコチラ

 


スポンサーリンク

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

おすすめ記事

1

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

2

  これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあ ...

3

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

4

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

5

「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

Copyright© ハイレコのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.