iPhoneのボイスメモで撮った音を大きく、クリアーにするには

スポンサーリンク

 

 

たまたま、外で今まで聞いたことのない、鳥の鳴き声が聴こえたので、ボイスメモで録音しました。
再生してみると非常に小さい音で録音されています。 この録音ファイルをPCに取り込みAudacityで音を大きく更にクリアーにする方法を紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

iPhoneで音を大きくする

以下の参照サイトによりますと、iPhoneの設定>ミュージック>イコライザー>Late Nightを選択すると、音が大きくなるとのことでした。 このイコライザーモードは「音量をフラットにする機能」の様です。 つまり、小さい音は大きく、大きい音は小さくして音量をフラット化する(=ALC?)機能の様です。

確かに、Late NightモードにしてiPhone上で確認しますと、鳥の声は多少大きくなりますが、バックグラウンドにホワイトノイズのような「シャー」というノイズも気になりました。 そこで、Audacityで、鳥の声を大きくして、バックグラウンドのノイズも下げて、鳥の声をクリアーにしてみようと思います。

 

ボイスメモの音声ファイルの取り出し

iPhoneのボイスメモ画面の共有を選択して、例えば、「Dropboxに保存」をタップすれば、ボイスメモの「鳥の声 自宅」の音声ファイルが、Dropboxに保存されます。 これで、Dropboxに保存された音声ファイルをPCで処理できる様になりました。

Dropboxに保存された音声ファイル(鳥の声 自宅.m4a)は、PCアプリのMediaInfoで諸元を確認するとサンプリング48khz ビットレート65kbpsでモノラールのAACファイル(.m4a)でした。

 

「鳥の声」を大きく、クリアーにする

 

step
1

先程、Dropboxに保存した「鳥の声 自宅」の音声ファイルをAudacity(公式サイト)に取り込みます。 以下の様に、非常にレベルが小さいことが判ります。

 

step
2

エフェクト>正規化を選んで、最大振幅を−3dbにします。

OKをクリックすると、下図のように振幅が大きなります。

この音を聞いてみてください

ポイント

音は大きくなりましたが、バックグラウンドノイズの「シャー」音が耳障りです。

 

step
3

バックグラウンドノイズを抑制してみます。

  1. サウンドの中のグラウンドノイズと思われる部分(数秒)を選択
  2. エフェクト>ノイズの除去> 「ノイズプロファイル」の取得をクリック
  3. サウンド全体を選択して、エフェクト>ノイズの除去> 「OK」をクリック

下図のように、ノイズが抑制されて、波形が綺麗になりました。

この音を聞いてみてください

ポイント

どうでしょう、鳥の声がクリアーになりましたね。 ただ、この声の鳥が何か?は、不明です。(^_^;)

 

step
4

この編集結果で良ければ、サウンド全体を選択して ファイル > Export >「選択したオーディオの書き出し」 音声フォーマット、例えばAACファイルで書き出すには「M4A(AAC)ファイル(FFmpeg)」を選んで、保存先を、例えばDropboxフォルダーを指定して「保存」ボタンをクリックすれば、鳥の声が保存されます。

 

iPhoneのボイスメモに戻すには(修正音源をiPhoneのボイスメモへ転送する方法)

簡単な流れ

  • AAC(.m4a)ファイルの「鳥の声」音源がDropboxフォルダーに保存されているとして
  • iPhoneのDropboxアプリを起動して「鳥の声」音源をタップ 画面の右上の...をタップ
  • 「エクスポート」を選んで(fig-1) 「別のアプリで開く」(fig-2) 「ボイスメモ」(fig-3)をタップ ファイル名を指定して「投稿」をタップで転送完了です。
  • ボイスメモを開くと「鳥の声」音源が転送されています。(fig-4)

iPhone操作画面

fig-1:「エクスポート」をタップ

fig-2:「別のアプリで開く」をタップ

fig-3:「ボイスメモ」をタップ ファイル名を付ける(例えば、「鳥の声 修正」)

fig-4:ボイスメモを起動すると転送された音源が選べる 

「鳥の声 修正」が転送された!

 

 

以上、「iPhoneのボイスメモで撮った音を大きく、クリアーにするには」でした。

 


スポンサーリンク

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おすすめ記事

1

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

2

  これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあ ...

3

CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ...

4

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

5

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

6

「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

Copyright© ハイレコのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.