「OTOTEN」~AUDIO・VISUAL FESTIVAL2017 オーディオショーへ行きました。

投稿日:2017年5月14日 更新日:

5月13日〜14日に、東京国際フォーラムで開催された「OTOTEN」~AUDIOVISUAL FESTIVAL2017」オーディオショーへ初めて行きました。

この中で、特に興味のあった、日本オーディオ協会が主催した「話題のスピーカ6機種比較試聴」に参加できました。 

我が家のB級オーディオより遥かに上位のシステムでしたので、ストリングスが自然に聞こえるだろうと大いに期待しました。 

音源ソースはCD及びSACDでボーカル、クラシックでした。 いつもの様に、ストリングスの音質を中心に試聴しました。

 

スポンサーリンク

 

試聴感想

 試聴スピーカ外観
FOSTEX: GX100BJ 
PIONEER: S-PM50 
KRIPTON :KX-5P 
TAD :TAD-ME1 
YAMAHA: NS-5000 Pasted Graphic
B&W: 802D3

  • 試聴スピーカは6機種です。 アンプはLUXMANでした。

 

  • 全体的なスピーカ音質順位は、やはり金額の順番通りでした。  特に高額なスピーカになればなるほど、低域の音の締りが素晴らしく感じられました。

 

  • CD再生では、ピアノやボーカルの音源では、違和感無く再現されています。 ストリングスの音については、高額のスピーカでもやはり自然感が損なわれている様に聞こえました。 (推定編を参照)

 

  • SACD再生では、CD音質より自然感が増しますが、ストリングスの音については、若干高域が固く聞こえあまり満足の行くものではありませんでした。 もしかしたらDSD64が原因かもしれません。

 

  • 今後は、オケのレコード音源も取り入れて頂ければと思いました。

 


スポンサーリンク

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

おすすめ記事

1

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

2

  これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあ ...

3

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

4

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

5

「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

Copyright© ハイレコのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.