2021年(秋)東京インターナショナルオーディオショーへ行きました

スポンサーリンク

 

2021東京インターナショナルオーディオショウ(IASJ) が、11月5日から11月7日まで、東京国際フォーラムで開催されました。 新型コロナの影響で、2020年は見送られましたので2年ぶりの開催です。

ワクチン接種の普及に因るものか?今回の開催が全国的な新型コロナ感染者数の劇的な減少と重なり正に絶妙のタイミングでした。 しかし現在、新型コロナの状況がハッキリしない中での開催でしたので、運営されている皆さん方の努力に対して敬意を評する次第です。

 

スポンサーリンク

 

コロナ対策に配慮されたチェックイン

入場するには、IASJオフィシャルサイトでの事前予約が必要でした。 約1ヶ月前の10月4日に予約しましたが、この時点では11月5日は締め切られていて、11月6日を予約しました。

必要事項を記入して、予約するとメールが送られてきて、そのメールのリンクをクリックすると、QRコードが表示されます。 入場の際に、スマートフォン用QRコードを提示と体温チェック後にチェックインが完了しスムースに入場できました。

その他に、以下の注意事項がありました。 新型コロナウイルス感染症の予防および拡散防止対策のため、ご来場のみなさまに以下のご協力をお願い申し上げます。

  • 事前に体温測定をお願いします。発熱や咳、全身痛などの症状がある場合はご来場をお控えください。
  • 入場ゲートにて非接触型体温計による検温を実施します。37.5度以上の熱がある方はご入場いただけません。
  • ワクチンを接種された方も必ずマスク着用などの予防対策を行ってください。マスクは不織布のものを推奨します。
  • 各ブースでは人数・席数を制限しておりますので、入場いただけない場合がございます。係員の指示に従ってご観覧ください。
  • 「接触確認アプリ(COCOA)」のインストールをお願いします。
  • 出展社スタッフおよび運営スタッフや警備員などがマスク着用にて対応いたします。あらかじめご了承ください。
  • 出展社スタッフおよび関係者は検温及び健康状態の確認を徹底します。

 

各ブースを回って

何時も定点観測しているメーカ(以下)のブースを中心に見学しました。


  • G701株式会社ディーアンドエム ホールディングス(デノン)

    「DCD-A110:デノン創立110周年記念モデル Ultra AL32 Processing搭載SACDプレーヤー(336,600円)」のデモを行っていました。 流石に締まった低音を響かせています。

    でも、DSDに精神衛生上好きになれない筆者としては、SACDは如何がなものかと思っています。 その理由は、ここをクリック。


  • G505 オルトフォンジャパン株式会社

    2021年12月下旬発売のカンチレバー素材:無垢単結晶ダイアモンドを採用したVerismo(ヴェリズモ:800,000円)のデモを行っていました。

    構造的にも斬新なデザインで、サウンドは、管楽器の音が非常にリアルな音で印象的でした。

    ●出力電圧(1kHz, 5cm/sec.):0.2mV ●チャンネルバランス(1kHz):0.5dB ●チャンネルセパレーション(1kHz):25dB ●チャンネルセパレーション(15kHz):20dB ●周波数特性(20Hz-20,000Hz):+2/-1dB ●トラッキングアビリティー(315Hz、適正針圧下):80μm ●水平コンプライアンス:13μm/mN ●スタイラスタイプ:Special polished Nude Ortofon Replicant 100 ●スタイラスチップ半径:r/R 5/100μm ●カンチレバー素材:無垢単結晶ダイアモンド ●適正針圧:2.6g ●トラッキング角度:23° ●内部インピーダンス:7Ω ●推奨負荷インピーダンス:10Ω ●コイル線材:Aucurum ●カートリッジボディー素材:SLMチタニウム ●自重:9.5g


  • G407 アキュフェーズ株式会社

    「PRECISION MDSD DIGITAL PROCESSOR DC-1000 (1,375,000円)」のデモを行っていました。 

    DSDで問題になる可聴帯域外の高域ノイズに対して、『MDSD(Multiple Double Speed DSD)』方式 を採用しているとのことです。


  • Hall D5 ハーマン インターナショナル株式会社

    blank

    JBLのスピーカ HDI-3800(275,000円 (税込) / 個)のデモを行っていました。 同行の学生時代の友人曰く、トールボーイの小口径スピーカでもこんなに低音が出るとはと興味津々でした。

    価格面からこのHDIシリーズのHDI-3600(198,000円 (税込) / 個)を購入するかも知れません。


 

最後に、事前予約制のためか?前回と違って入場者の数が約半分程度になっている様に感じました。 残念だったのは、講演会を聴くためには事前予約が必要とのこと。 また何時も展示されていたリン・ジャパンやパナソニックのブースが有りませんせんでした。 これからも、こだわりある音創りを目指すこのオーディオショーが継続されることを期待して、東京国際フォーラムを後にしました。

 

スポンサーリンク

 

関連記事(一部広告含む)

 

 

Blog オススメ記事(コンテンツ選択)

ボタンを押してコンテンツ選択

レコード音質とハイレゾ化

CD音質と圧縮音源 AAC等

WordpressやiPhone・PCなど

ツールと閑話ブログ

スポンサーリンク

© 2021 ハイレコのブログ Powered by AFFINGER5