2016年 秋のオーディオショーへ行きました

投稿日:2016年10月1日 更新日:

 

スポンサーリンク

 

2016東京インターナショナルオーディオショウ

2016年9月30日から、10月2日まで、東京国際フォーラムで開催されました。

昨年は見学できませんでしたが、今年は初日に行くことが出来ました。
年々盛況になって来ているのを感じます。

また、デモ音源としてLPレコードが使われいるブースが多いのに驚かされました。

特に、パナソニックのブースでは、9月発売のダイレクトドライブターンテーブルシステム(SL-1200G)でLPレコードが主体でデモされていました。

 

 

また、オルトフォンのブースでは、当然ながらLPレコードがデモ音源で、スクラッチ・ノイズが気になりました。

予めハイレゾ録音して、ソフトでノイズ抑制した、ハイレゾ音源でデモすれば良いのにと感じます。

 

各ブースのデモソースのジャンルは、多くがジャズ、ボーカルです。 一番興味のある、クラシックのストリングスのある音源が少なく残念でした。

何れにしても、LPレコードの復権を感じた今年の東京インターナショナルオーディオショウでした。

 

第22回 真空管オーディオフェア

2016年10月10日、10月11日まで、秋葉原損保会館で開催されました。

 

今回、初めて行きましたが、当然メインは真空管アンプでデモを 行っていて、このフェアも中々盛況でした。 真空管アンプは、それなりに高額で、 音質についてのコスパを考えるなら、半導体のアンプに歩があると思いました。





 

ジャズの生演奏と録音との比較デモを行っていました。

 

あるブースでは、 このハイ・レコブログと同じようなに、自宅でLPレコードをDSD録音して、これを音源にしてデモを行っていました。

 

KORGで、ノリタケ伊勢電子(株)の蛍光表示管の技術を応用した「NUTUBE」という、新世代・真空管が展示。 プリアンプとして良いかも。

 

 

ついでに、陶器製のレコードスタビライザー(800円)を購入して帰りました。

 

総じて、このフェアはフレンドリーで、気楽に見学できました。

 


スポンサーリンク

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

おすすめ記事

1

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

2

  これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあ ...

3

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

4

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

5

「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

Copyright© ハイレコのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.