2018年 秋のオーディオショーへ行きました

スポンサーリンク

 

前年より1ヶ月以上遅く、「2018東京インターナショナルオーディオショウ 」が、2018年11月16日から11月18日まで、東京国際フォーラムで開催されました。

10月8日、9日の「真空管オーディオ・フェアー」方は、行けませんでした。

「DENON」→「ヤマハ」→「リン」→「エソテリック」→「オルトフォンジャパン」の順にブース・ルームを見学させて頂きました。

印象に残った、ブース・ルームの展示を紹介します。

エソテリックのブース・ルーム(柳沢功力氏の講演を聞く)

ご覧のとおり、スピーカは全てホーンタイプでのデモです。 「2018東京インターナショナルオーディオショウ 」でなければ、そうそう試聴することができませんので、期待をこめて、柳沢功力氏の講演を聞かせてもらいました。

オーディオ評論家・柳沢功力さんの講演は、軽妙な語り口で、その一部を以下に紹介しながら、試聴した感想を合わせて述べます。

ポイント

ドイツメーカのAvantgarde社が25周年の限定モデルを計画したものの、こだわって商品化を進めたら、1年ズレて、創立26周年記念として、限定モデル26台としたそうでした。

このスピーカは、製造して間もないためエージングが足りず、高域4khz付近に若干あばれがあるとのエクスキューズ。 通常のエンクロージャスピーカーなら、相互に対面させ 逆位相でピンクノイズをスピーカの破損に気をつけて再生させるとエイジングを加速させることができるのだが、このスピーカでは物理的に無理で、この方法は使えない。 通常使用で、エージングに半年くらいかかるだろうとのことでした。

最初のデモは、女性ボーカルのローズマリー クルーニーでした。 柳沢さん曰く、「ボーカルの音でシステムの特性が良く分かるので、音の評価を行うときは、先ずボーカルを聴くことを常としている。」とのこと。 確かに、このボーカルを聴いて、今は亡き、ローズマリー クルーニーが眼前で歌っているかの様に聞こえました。 また、トロンボーンの曲では、ホーンスピーカの特性に合って、音のキレもよく、生演奏の様に聴こえました。 ただ、シューベルトの弦楽5重奏曲の「鱒」は、やはりエージングが足りないのかバイオリンの弦の音が硬く、耳が痛く感じました。

どちらにしても、このような機会でないと試聴することが出来ないスピーカでしたので、いい経験をさせて頂きました。 なお、このホーンスピーカの価格は、ペアで1,200万円とのことでした。

Horn Speaker System
Avantgarde TRIO LUXURY EDITION 26

 

オルトフォンジャパンのブースルーム

オルトフォン創立100周年を記念したThe SPU Century・カートリッジのデモ演奏を聴いて、今までCDの音を聴いてきたせいか、レコードの音を聴いてほっとしました。 やはり、レコードの音は落ち着きますね! この価格は、595,000(税別)で、世界限定250個 <12月下旬発売予定>だそうな。

オルトフォン創立100周年を記念して発表された「Century」モデル:The SPU Century

●出力電圧 (1kHz, 5cm/sec.):0.2mV ●チャンネルバランス (1kHz):1.0dB ●チャンネルセパレーション (1kHz):22dB ●チャンネルセパレーション (15kHz):15dB ●周波数帯域(-3dB時):20Hz-25,000Hz ●周波数特性(20Hz-20,000Hz):+3dB/-2dB ●トラッキングアビリティー(315Hz、適正針圧下):70μm ●水平コンプライアンス:8μm/mN ●スタイラスタイプ:Nude Shibata ●スタイラスチップ半径:r/R 6/50μm ●カンチレバー素材:アルミニウム ●適正針圧:4.0g ●針圧範囲:3.0-5.0g ●トラッキング角度:20° ●内部インピーダンス:2Ω ●推奨負荷インピーダンス:10Ω以上 ●コイル線材:銀メッキ高純度銅線 ●カートリッジボディー素材:SLMアルミニウム/ブナ材 ●自重:32g

以上、「2018東京インターナショナルオーディオショウ 」の印象に残った展示アイテムを紹介させて頂きました。

 

今までに見学したオーディオショー

2022/6/17

OTOTEN(音展)2022に行ってきました。(Lacquer Master Soundのトークアンド試聴会にフォーカス)

音展は、新型コロナの影響で2019年を最後に今年2022年・3年ぶりの再開になります。 6月11日、12日に東京国際フォーラムで開催されました。 オミクロンが下火になって来ているものの、まだ完全収束に至っていないので、感染拡大防止の対策として、入場者の事前登録、入場時の体温チェック、マスク着用が必要でした。 ネットで事前登録すると、QRコードが送られて来て入場の際にスマホにQRコードを表示させてスムースに音展に入場できました。 3年前と比べて、入場者は、8割程度か思われます。 今回も行き当たりばったりでブ ...

2021/11/7

2021年(秋)東京インターナショナルオーディオショーへ行きました

2021東京インターナショナルオーディオショウ(IASJ) が、11月5日から11月7日まで、東京国際フォーラムで開催されました。 新型コロナの影響で、2020年は見送られましたので2年ぶりの開催です。 ワクチン接種の普及に因るものか?今回の開催が全国的な新型コロナ感染者数の劇的な減少と重なり正に絶妙のタイミングでした。 しかし現在、新型コロナの状況がハッキリしない中での開催でしたので、運営されている皆さん方の努力に対して敬意を評する次第です。    目 次 1 コロナ対策に配慮されたチェックイ ...

2019/12/26

2019年(秋)東京インターナショナルオーディオショーへ行きました

2019東京インターナショナルオーディオショウ が、11月22日から11月24日まで、東京国際フォーラムで開催されました。 初日の11月22日に学生時代の友人と連れ立って見学しました。 冷たい雨の降る中でも、今年も盛況で昔オーディオマニアだった友人も未だにオーディオ好きがこんなに居るんだと驚いていました。 今回も、行き当たりばったりのブース訪問で、このブログテーマのレコードとハイレゾを中心に気になった展示品についてブログしたいと思います。 また、合わせて昨今のレコード人気について、思うことを述べさせて頂き ...

2019/7/2

OTOTEN(音展)2019に行ってきました。

今年も6月29日、30日に東京国際フォーラムで開催されました。  6月29日(土曜)に行ってきました。 雨模様ながら相変わらず盛況で混んでいました。 今回も、行き当たりばったりでブースを訪問し目を引いた展示品についてブログしたいと思います。 ところで、OTOTENの入場は、受付のところで必要事項を記入すれば入場できますが、予め、「OTOTEN 2019」のホームページからネットで事前登録しておくと、スマホに来場者登録証が表示されたページ(画像参照)を受付で提示すればスムースに入場できます。   ...

2019/12/26

2018年 秋のオーディオショーへ行きました

前年より1ヶ月以上遅く、「2018東京インターナショナルオーディオショウ 」が、2018年11月16日から11月18日まで、東京国際フォーラムで開催されました。 10月8日、9日の「真空管オーディオ・フェアー」方は、行けませんでした。 「DENON」→「ヤマハ」→「リン」→「エソテリック」→「オルトフォンジャパン」の順にブース・ルームを見学させて頂きました。 印象に残った、ブース・ルームの展示を紹介します。  目 次 1 エソテリックのブース・ルーム(柳沢功力氏の講演を聞く)2 オルトフォンジャパンのブー ...

更に詳しく

オーディオショー

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

Blog オススメ記事(コンテンツ選択)
  • レコード音質とハイレゾ化

  • CD音質と圧縮音源 AAC等

  • WordpressやiPhone・PC

  • ツールと閑話ブログ

レコード音質とハイレゾ化

CD音質と圧縮音源 AAC等

WordpressやPCなど

ツールと閑話ブログ