2017年 秋のオーディオショーへ行きました

投稿日:2017年10月10日 更新日:

 

スポンサーリンク

 

2017東京インターナショナルオーディオショウ

2017年9月29日から10月1日まで、前年と同じ東京国際フォーラムで開催されました。 入場は無料で、予めPDFをダウンロードして事前に必要事項を記入して登録票を持参するとスムーズに入場できます。

今回も主催者の方には、申し訳ありませんが、散財目的でなく、ストリングスの自然感が再現されているいるか?目新しい革新的な出品の有無等を目的に、リンジャパン、ヤマハ、オルトフォンジャパン、アキュフェーズ、ラックスマン、パナソニックの各ブースを中心に見学と試聴をしてきました。

前年にも増して、レコード音源を主体にしたデモが盛んになっている様に感じ好ましいのですが、全体的にデモの中心が、ボーカル、ロック、ジャズ、管中心のクラシックetcストリングスのデモを聴く機会が少なく残念ながら、満足できる音には出会えませんでした。

オルトフォンジャパンの講演会に参加させて頂きました。

この講演会は、新型カートリッジの「SPU Wood A」と「MC Windfeld Ti」の紹介と交互のデモです。

デモはロック中心で、好みのクラッシクは、僅かにローマの松(45回転盤)のみでした。

確かに、低域の締り、音の切れ味など素晴らしいとは思いますが、ストリングスのパートが少なくストリングスの自然感については、あまりよく判りませんでした。 

 

興味を引いたカートリッジは「MC Windfeld Ti」でした。

メインフレームを3Dプリンターイメージのチタン粉末の立体成形でレーザーで積層焼結で製造しているとのこと。 このために、究極の制震・高い発電効率を実現しているとのことでした。

確かに、出力電圧が、0.2mVということで、このブログで使っているオルトフォンMC20が0.07mVと較べて3倍程度高出力です。 但し、値段は、50万円とのことです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 2017真空管オーディオ・フェアー

2017年10月8日から9日まで、前年と同じ秋葉原 損保会館で開催されました。
入場料は、500円です。

前述の東京インターナショナルオーディオショウとは、打って変わって、古色蒼然とした往年のオーディオマニアが大集合し、フレンドリーな雰囲気を醸し出しています。

全般的な音質は、中域が豊で暖色系です。 これは、真空管アンプということもあり、高効率のスピーカを使用していることも要因の一つではないか?と思いました。

このフェアーの中で「6L6系出力管を使った真空管アンプの競作」と言う講演会があり、これに参加しました。

公演の中で、6L6GCとか、12AU7とか昔懐かしい真空管の名前がポンポン出て、昔のことが懐かしく思い出されました。 ムラタトランスも未だに健在であることにも驚かされます。

学生時代、プッシュプルのAB級アンプ ウルトラリニア接続とか、OTLアンプとか色々議論したことを思い出されました。

デモ音質の感想は、やはり中域が強調された音で、好みの問題ですが、透明感には欠けるように思いました。

アナログTVから、伝送系に影響されないデジタルTVに変わった様に、真空管アンプは、やはり歪率の点から見て半導体アンプに軍配が上がるように思われてなりませんでした。

 


スポンサーリンク

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

おすすめ記事

1

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

2

  これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあ ...

3

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

4

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

5

「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

Copyright© ハイレコのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.