広告 オーディオ一般

デジタル・マイクロスコープでレコード・カートリッジのスタイラス(針先)を確認する

スポンサーリンク

 

カートリッジのスタイラスを針先クリーニングした後で微物の付着有無を確認してみたい時があります。 

ネットで調べると、針先を見る倍率は約40倍程度が必要とのことで、倍率が40倍程度のデジタル・マイクロスコープを使ってレコード・カートリッジのスタイラス(針先)を確認してみることにしました。

デジタル・マイクロスコープは、ピンからキリまであり、頻繁にスタイラスの状態を確認する機会は少ないので、ケチケチ作戦でAmazonから、廉価版の中国製のJiusion デジタル・マイクロスコープ(解像度は640✕480)を(¥2,399で)購入しました。

今回は、このデジタル・マイクロスコープがカートリッジのスタイラス(針先)の確認に使えるか試してみました。

 

使用したJiusion デジタル・マイクロスコープについて

  1. Jiusion デジタル・マイクロスコープの同梱物は、以下の通り
    USB / MicroUSB 2in1顕微鏡(本体)、タイプC変換アダプター、金属スタンド、 CD-ROM-Windowsドライバー、定規、 取説
  2. 使用PC:基本的なOSはWindowsですが、今回はM1-MacBook Airを使いました。
  3. 倍率について:後述しますが、実際のところ20倍〜≒100倍程度と思われます。

macに接続する

Jiusion デジタル・マイクロスコープ本体から出ているUSBケーブルをmacに接続し、Appleの「Photo Booth」アプリを立ち上げJiusion デジタル・マイクロスコープのデバイスを選択すれば画像を見ることができます。 但し、その画像は逆になりますし、スナップショット機能がありません。

使い勝手を良くするには、Jiusion サイト のマニュアルに、「Plugable Technologies社の汎用Mac顕微鏡ソフトウェアを利用できる」との記述があり、Digital Viewer ソフトウェアをダウンロード( Digital Viewer 3.3.30)してインストールしました。 このソフトを利用することで、画像のスナップショットも保存できます。

Digital Viewer ソフトウェアのDL先
https://ja.plugable.com/pages/microscope-drivers

 

Jiusion デジタル・マイクロスコーの使い方

倍率(フォーカス)調整がクリティカルなため、使いこなすには少々コツを要します。

倍率を変えるには、

対象物との距離で倍率を変えることが出来ます。 最低倍率(40倍)で使用するには、倍率調整ダイヤルを40Xpositionにして、対象物までの距離を調整してフォーカスさせます。 倍率を上げたい時は、対象物との距離を近づけてダイヤルを調整してフォーカスさせます。

付属の定規ゲージ・画像(40Xposition)

(PC画面に表示された寸法を測れば倍率が判ります。)

1000円札近接画像

カートリッジのスタイラスを見るには、

スタイラスまでの距離を近づけるため、Jiusion デジタル・マイクロスコープ(本体)先端に付いている透明のプラスチックカバーを外します。 倍率調整ダイヤルを動かしたとき、針先に接眼レンズが接触しないように注意してください。

blank

 

カートリッジのスタイラス(針先)画像

シュアー「V-15TYPE3」のスタイラス

 

DENON DL103Rのスタイラス

 

以上、レコード・カートリッジのスタイラス(針先)を廉価版 デジタル・マイクロスコープで確認してみました。 針先先端の状態確認用としては十分では無いかと思われました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

Hi-Reco Blog オススメ

をクリック(タップ)してご覧ください。)