「Apple Digital Mastersドロップレット」ツールを使ってシャルル・ミュンシュ指揮の ベルリオーズ 幻想交響曲をAAC変換してみました。

スポンサーリンク

 

今回は、ミュンシュ指揮・ベルリオーズ 幻想交響曲のレコードをハイレゾ録音したAIFFファイルを「Apple DIgital Masters Droplet.app」ツールを使用し、Apple Digital Master相当(24bit対応・AAC)に変換してみました。 

このレコードはミュンシュ指揮の名演の一つで1967年(53年前)に録音されました。

 

スポンサーリンク

 

ミュンシュ指揮の ベルリオーズ 幻想交響曲について

MQA-CD版CD版

現在、MQA-CDやCDで、幅広くリリースされています。

1967年(53年前)に録音された「ミュンシュ指揮の ベルリオーズ 幻想交響曲」は名演奏として評価され、特に「第4楽章・断頭台への行進」と「第5楽章・ワルプルギスの夜」は感動を覚える熱演だと思います。

LPレコードについて

さて、今回ハイレゾ録音したLPレコードは、東芝EMI・エンジェルレーベルの赤盤です。 赤盤は、塩化ビニールの素材に静電防止剤を混ぜて赤色・半透明のレコードです。 静電防止対策によって、確かにプチノイズが非常に少なく、盤面を見てもホコリの付着が殆どありません。 

この様に特徴的な赤盤ですが、音質はどうか?というとマスタリングに因るものか、静電防止剤に因るものかは不明ですが個人的には高域に癖がある様に思われます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このLPレコードについてDiscogsで参考として調べたのが以下になります。

アルバム:Berlioz* / Orchestre De Paris, Charles Munch ‎– Symphonie Fantastique OP. 14
レーベル:Angel Records ‎– AA-8255
フォーマット:Vinyl, LP, Album 
国:Japan リリース済み:1968 ジャンル:Classical
Manufactured By – Toshiba Musical Industries Ltd.
<クレジット>
Composed By – Hector Berlioz
Directed By – Charles Munch
Orchestra – Orchestre De Paris

 

Apple Digital Master相当(24bit対応・AAC)への変換・手順

最近のiTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テクノロジー」による(24bit対応)AACで配信されつつあります。 

ハイレゾ音源ファイル(Wave又はAIFF)を「Apple Digital Masters Droplet.app」ツールを使用すれば、Apple Digital Masters相当の音質を得ることができます。 詳しくは、バックナンバー記事 (その1)、(その2)、(その3)を参照ください。 以降、Apple Digital MastersをADMと称します。

 

ADMへの変換手順


  • step.1 レコード録音

    レコードをVinylstudioなどでハイレゾ録音し、ノーマライズ、曲間分割、プチノイズ抑制などの処理を行っておきます。 


  • step.2 ハイレゾファイル書き出し

    ビット深度24bit サンプリング周波数は96khzのWave又はAIFFのフォーマットでVinylstudioなどから書き出し(出力)します。(今回はAIFFで書き出しました)


  • step.3 ADMへの変換

    Apple Digital Mastersの紹介記事から「Apple Digital Mastersドロップレット」ツールをダウンロードして、予めOSXにインストールしておきます。 

    書き出したハイレゾ音源(AIFFファイル)を「Apple Digital Masters Droplet.app」ツールにドラッグ・アンド・ドロップすると、自動的にADMでエンコードされ、24bit対応 AACファイルに変換されて完成です。


 

それでは、ADM相当のサウンドをお聴きください ♫(割愛:2020/6/26 追記)

この音源がパブリックドメインに該当しているか「レコードのパブリック・ドメイン (目安) チェッカー」で確認したところ以下の様に著作隣接権の保護期間(2038年12月31日まで)が有効でしたので、申し訳ありませんがUPしていた音源を削除しました。(2020/6/26)

 

スペクトルを確認してみました

スペクトルは、Audacityに夫々のファイル(AIFF、ADMでエンコードしたAAC)を取り込み、Audacityの解析 > スペクトルの表示 でスペクトルを表示できます。 スペクトル画面から、テキストを書き出しエクセルでグラフ化しています。

スペクトル条件

解析エリア:「第4楽章:断頭台への行進」 3分16秒から8秒間
関数窓:hanning  大きさ:16384

<AIFFとADMのスペクトル>

ADMは44.1kzのサンプリング周波数のため、22khz付近からレベルが急減しています。

<AIFFとADMの差分(誤差)スペクトル>

AIFFに対してADMは、20khz付近まで±2db以内の誤差に収まっています。

 

以上、「Apple Digital Mastersドロップレット」ツールを使ったミュンシュ指揮ベルリオーズ 幻想交響曲のAAC変換でした。

 

スポンサーリンク


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

オススメ記事

レコードのハイレゾ化
オススメ記事

LPレコードのハイレゾ化のススメ(ハイレゾ録音のヒント集)

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

MCカートリッジとMMカートリッジの音質比較

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

DENON MCカートリッジ DL103Rのクロストーク「 原理編」

今更ながら、「我が家のB級プレーヤ」に取り付けた「DL103Rカートリッジのクロストーク(セパレーション)をテストレコード(AD-1 2面のバンド4:基準レベル、1kHz、3.54cm/sec(尖頭値 ...

テストレコード(AD-1)で出来ること

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?

ことの 発 端 ことの発端は、あるハイレゾDLサイトから、チャイコのバイオリンコンチェルトをPCM(Flacファイル 192Khz、24Bit)で購入しました。WAVファイルも平行販売されています。 ...

CD音質関連 その他
オススメ記事

アナログ・レコードのここがダメ「CD音質と比較して」

これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあまり言いたくは ...

CDフォーマットのここがダメ「ハイレゾと比較して」

CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ...

Sony HAP-Z1ESのDSEE機能/確認

「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

Apple Digital MastersのAAC音質(その1)

2019年7月付けの「Apple Digital Masters テクノロジー概要」によれば、iTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テク ...

Post Snippets Pluginで出来ること(小技・事例集)

 WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ...

Copyright© ハイレコのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.