ロリポップサーバー PHP7.4(CGI版)への移行とPHPバージョンの確認方法

スポンサーリンク

 

当ブログのレンタルサーバー先であるロリポップは、2020年5月14日 からPHP7.4の提供が開始されました。 このグレードアップで、PHPの処理速度の向上やセキュリティの向上などが図れるとのことで、早速 PHP7.4に移行を行いました。

バージョンは設定したものの、本当にサーバーが PHP7.4 に移行されいるか?知りたくなりなります。 今回も Post Snippetsプラグインを使って簡単にPHPバージョンを確認する方法をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

ロリポップサーバーPHP7.4(CGI版)について

ロリポップサイトのインフォメーション 抜粋

2020年5月14日付け(抜粋)

【PHPの処理速度の向上】
PHPはバージョンが上がるごとに改良が加えられており、新しいバージョンほど効率的に動作するようになっています。
アップグレードにより、以前のバージョンに比べてパフォーマンスが向上します。

【Webサイトのセキュリティの向上】
PHPにはサポート期間があり、サポートが終了した古いバージョンにはセキュリティ対策が行われません。

PHP7.1以前のバージョンは、公式のサポート期間が既に終了しています。
この機会にぜひ最新のPHP7.4への切り替えをご検討ください。

【WebPをご利用いただけます!】
ロリポップ!では、PHP7.3、PHP7.4においてサイトの高速表示に効果のあるWebP形式の画像ファイルをご利用いただけます。
PNGに比べ26%、 JPGに比べ25〜34%軽量化できるWebPをぜひご利用ください。
WebPの詳細についてはGoogle社のページをご覧ください。

▽A new image format for the Web(外部サイト)
https://developers.google.com/speed/webp/

対象プラン

この度、ロリポップ!では、全プランにてPHP7.4の提供を開始いたしました。

■内容
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・ハイスピードプラン、エンタープライズプランにおいて『PHP7.4(LiteSpeed版)』提供開始
・エコノミープラン、ライトプラン、スタンダードプラン、エンタープライズプラン※注 において『PHP7.4(CGI版)』提供開始

ということで、色々メリットがありそうなので、早速 PHP7.3から PHP7.4 へ移行することにしました。 

 

PHP7.4への移行(設定)方法

移行は、非常に簡単です。 ロリポップ・サイトにログインし サーバーの管理・設定PHP設定 を開きます。

下の赤枠のプルダウンメニューから 7.4(CGI版)を選び変更ボタンをクリックして設定すれば完了です。

ただし、サーバーが 7.4 に移行するまでに約10分程度必要です。

ポイント

特段のトラブル無く、PHP7.4に移行できました。 移行によるページスピードの改善など体感上の変化はあまり感じられませんでしたので今後、WebP対応のトライなどを進めてみたいと思います。

 

PHP7.3にした時のトラブル事例です。

 

PHPバージョンの確認方法

さて、PHP7.4に移行したものの、本当にPHP7.4になったか?確認する術をネットでググってみますと、PHP関数(下記)を記述したhtmlファイルを作成しFTPアプリなどでサイトにアップロードした後、ブラウザで確認するという面倒な方法でした。 (セキュリティ上、PHPバージョンを確認後、アップロードしたhtmlファイルは削除する必要があります。)

バージョン等を確認するためのPHP関数

  • PHPの全体情報を知る関数:phpinfo()
  • PHPバージョンを知る関数:phpversion()

PHP バージョンを取得する関数の説明マニュアルは以下URLをご参照ください。https://www.php.net/manual/ja/function.phpversion.php

そこで、今回もPost Snippets プラグインを使ってショートコードを作成し、ショートコードを適当な投稿記事の中に埋め込んでプレビューすればPHPバージョンを知ることができる筈です。 なお、今回は phpversion() 関数を使用した例を示しています。

簡単な流れ

  • PHPバージョンを知るプログラム
     command
    echo '現在のPHP バージョンは、PHP' . phpversion(). ' です。' . '<br>';
    
  • ショートコードを作成する Post Snippets 設定画面 (ショートコード名は、php_saver_info にしています。)

  • 適当な投稿記事にショートコードを挿入する。
    [/] shortcode
    [php_saver_info]                        
    

 Wordpress エディターで、記事中にショートコード【php_saver_info】を挿入しプレビューすると、以下の様なPHPバージョンが表示されます。 PHPバージョンが確認出来たら、ショートコードを削除してエディターを終了します。

現在のPHP バージョンは、PHP7.x.x です。

 

以上、「ロリポップサーバー PHP7.4(CGI版)への移行とPHPバージョンの確認方法」でした。

関連記事(一部広告含む)

〜〜〜〜〜〜〜〜

オススメ記事

レコードのハイレゾ化
オススメ記事

LPレコードのハイレゾ化のススメ(ハイレゾ録音のヒント集)

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

MCカートリッジとMMカートリッジの音質比較

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

DENON MCカートリッジ DL103Rのクロストーク「 原理編」

今更ながら、「我が家のB級プレーヤ」に取り付けた「DL103Rカートリッジのクロストーク(セパレーション)をテストレコード(AD-1 2面のバンド4:基準レベル、1kHz、3.54cm/sec(尖頭値 ...

テストレコード(AD-1)で出来ること

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?

ことの 発 端 ことの発端は、あるハイレゾDLサイトから、チャイコのバイオリンコンチェルトをPCM(Flacファイル 192Khz、24Bit)で購入しました。WAVファイルも平行販売されています。 ...

CD音質関連 その他
オススメ記事

アナログ・レコードのここがダメ「CD音質と比較して」

これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあまり言いたくは ...

CDフォーマットのここがダメ「ハイレゾと比較して」

CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ...

Sony HAP-Z1ESのDSEE機能/確認

「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

Apple Digital MastersのAAC音質(その1)

2019年7月付けの「Apple Digital Masters テクノロジー概要」によれば、iTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テク ...

Post Snippets Pluginで出来ること(小技・事例集)

 WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ...

© 2020 ハイレコのブログ Powered by AFFINGER5