レコードの洗浄とレコーディングソフトのこと

スポンサーリンク

 

レコード洗浄は、プチノイズ発生の抑制や微物等によるカートリッジのスタイラス消耗防止などで必要不可欠ですが、どの程度洗浄すべきか?を考えてみました。

スポンサーリンク

 

レコード洗浄について

レコード録音に際して、極力スクラッチ・ノイズ等を抑えるためレコードの通常に行うクリーニング(ブラッシングしてホコリを除去する等)は不可欠ですが、多少のプチノイズは、後述する、レコーディングソフトのノイズ抑制機能に委ねることで、殆どプチノイズは気にならなくなります。

レコード洗浄の問題は、 直ぐに改善効果が現れないことで、洗浄後、直ぐに再生すると返ってプチノイズが増大したり、中性洗剤などが残っていると、レコード盤の内周に行くに従って針先に微物が付着していき、音割れしたりします。 また、激落ちくんも試してみましたが、レコードの音溝を削り、高域の減少につながり危険です。

よって、必要以上にレコード洗浄せず、盤面を目視して、酷く汚れている場合のみ、レコードの洗浄を行うべきと思います。

レコード洗浄を色々試した結果、中性洗剤をレコード盤面に吹きかけ、百円ショップで購入したブラシで盤面全体に均一に延ばしたしたあと約5分程おいて、温水でブラシ洗浄し中性洗剤の残渣をよく洗い流します。  タオルでレコードをよく拭いた後2日以上乾燥した後レコーディングします。

100円ショップのブラシ(平ハケ 30mm幅ナイロン100%)



「レコードのハイレゾ録音へのヒント」も参照してください。

 

レコーディングソフトについて

レコーディングソフトは、当初Audacityを使用していました。 このソフトは、Freeソフトながら多機能で秀逸です。 上記の方法でLPレコードを洗浄しAudacityで録音後、「クリックノイズの除去」を実行しましたがノイズ抑制は不十分でした。

有料で英語版のみですが、それほど高額でない「 VinylStudio」を試したところ、以下のモードで、ノイズ抑制に非常に有効でした。 殆どプチノイズが気にならなくなりました。

※「VinylStudioのプチ・ノイズ抑制効果」も参照してください。

   

また、「 VinylStudio」は、レコード録音に特化したソフトで、針のダウンで録音がスタートし、針が離れると自動で録音がストップするなど、非常に良く考えられたソフトだと思います。



<「
VinylStudio」のノイズ設定・パラメータについて>

結論:ベストパラメータは。
PP(パーカッション保護レベル)=MAX
S(検出感度)=3以下にする。 音質重視で通常はS=1で良い!!

パラメータを変えた時のノイズ検出結果
イ・ムジチ のビ バルイ四季でクリック検出モード設定条件を変えた時の検出結果。
(Sは感度、ppはpercussion保護レベルを示す)


pp:max s:3
4219 potential click(s) found in 0:33.2,
of which: 4057 repaired
162 ignored (PP - percussion protection)
0 ignored (BP - brass protection)


pp:1 s:3
4214 potential click(s) found in 0:32.8, of which:
4211 repaired
3 ignored (PP - percussion protection)
0 ignored (BP - brass protection)


pp:max s:1
2440 potential click(s) found in 0:32.7, of which:
2402 repaired
38 ignored (PP - percussion protection)
0 ignored (BP - brass protection)


pp:1 s:1
2436 potential click(s) found in 0:31.4, of which:
2435 repaired
1 ignored (PP - percussion protection)
0 ignored (BP - brass protection)


pp:off s:1
2436 potential click(s) found in 0:41.4, of which:
2436 repaired
0 ignored (PP - percussion protection)
0 ignored (BP - brass protection)


pp:off s:off
no ope


pp:max s:off
no ope


pp:max s:turbo
22303 potential click(s) found in 0:51.1, of which:
17897 repaired
4406 ignored (PP - percussion protection)
0 ignored (BP - brass protection

 

スポンサーリンク


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

オススメ記事

レコードのハイレゾ化
オススメ記事

LPレコードのハイレゾ化のススメ(ハイレゾ録音のヒント集)

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

MCカートリッジとMMカートリッジの音質比較

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

DENON MCカートリッジ DL103Rのクロストーク「 原理編」

今更ながら、「我が家のB級プレーヤ」に取り付けた「DL103Rカートリッジのクロストーク(セパレーション)をテストレコード(AD-1 2面のバンド4:基準レベル、1kHz、3.54cm/sec(尖頭値 ...

テストレコード(AD-1)で出来ること

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?

ことの 発 端 ことの発端は、あるハイレゾDLサイトから、チャイコのバイオリンコンチェルトをPCM(Flacファイル 192Khz、24Bit)で購入しました。WAVファイルも平行販売されています。 ...

CD音質関連 その他
オススメ記事

アナログ・レコードのここがダメ「CD音質と比較して」

これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあまり言いたくは ...

CDフォーマットのここがダメ「ハイレゾと比較して」

CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ...

Sony HAP-Z1ESのDSEE機能/確認

「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

Apple Digital MastersのAAC音質(その1)

2019年7月付けの「Apple Digital Masters テクノロジー概要」によれば、iTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テク ...

Post Snippets Pluginで出来ること(小技・事例集)

 WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ...

Copyright© ハイレコのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.