ついに100記事達成・ユーザ数とPV数の今後をエクセルで予測

更新日:

当ブログを開設(2016年8月)してから、まる3年を経過して継続は力と思いつつ細々ながらついに100記事に到達できました。(月平均・3記事程度) 昨年(2018年)8月に約50記事達成した時点で「今後のユーザ数とPV数を予測」した記事を投稿しました。 このブログ記事は、「記事数とユーザ数のトレンドデータから近似曲線によって100記事達成の暁には、月間PV数は4K、ユーザ数は2.6K人」と予測しました。 その結果はどうであったか?その予測が現在実績と比べて妥当なものだったか考察してみました。 さらに、今後 月間10K PVになるために必要な記事数も予測してみることにしました。

 

 

スポンサーリンク

 

予測と実績との乖離・結果(グーグルアナリティクスデータによる)

(注)
予測データとは、50記事達成時点(2018年8月)で100記事に達成したときの予測を示します。

 

月間データ

予測データ
2018年8月に予測)

2019年8月実績
100記事数時点)

乖離(差)

ユーザー数

2.6K →

3.3K

+0.7K(21%)

PV
(page view)

4.0K →

5.5K

+1.5K(27%)

ポイント

以上の結果は、予想に対して約20%の乖離がありますが、このブログのテーマから見て当たらずとも遠からずの結果だった様に思います。

訪問ユーザ数やPV数は、何で決まるかといえば、コンテンツの内容がユーザにとって興味のあるものか否かによって左右されますので、例えばあるサイトでは、100記事投稿時点で月間PV数が1PVを超えたり、あるいは、1K PV程度であったりと相当にバラつきます。

この点、当ブログの『クラシックレコードのハイレゾ化』というマイナーなテーマの中で出来るだけ脱線せずに同じテーストでブログを書いてきた結果トレンドの傾向が一致して20%の乖離に収まったと思うからです。

それにしても、このようなマイナーテーマでありながら、これだけのユーザーさんが訪問して頂けて恐縮しています。m(_ _)m

 

100記事でユーザ数とPV数を近似曲線から今後を予想する

予想と実績がまあまの結果でしたので、50記事時点で予想したと同じ手法で今後のユーザ数とPV数を予想してみます。

注意ポイント

当ブログのような『クラシックレコードのハイレゾ化』というマイナーなテーマで月に3記事程度をコンスタントに書き続ければ(同じテーストであれば)予想との乖離(±20%程度)で、近似曲線での予想は有効ではないかと考えました。

 

step
1
グーグルアナリティクスからユーザー数の月度データを取得

  • グーグルアナリティクスから2016年8月1日〜2019年8月31日までの期間を指定して、オーディエンス>概要を開き、下の図のように[指標を選択]でユーザ、[時間別]で月を選びます。(注:固定記事データも含まれています)

  • アナリティクス画面の右上のエクスポートをクリックしてEXCELを選択すると『Analytics すべてのウェブサイトのデータ ユーザー サマリー 20160801-20190831.xlsx』のファイル名でPCへダウンロードされます。

  • ダウンロードしたEXCELファイルを開きますと、[月の指標]列に0〜36ヶ月が表示されていて[ユーザー]列には[月の指標]に対するユーザー数が表示されています。 つまり、0ヶ月は、2016年8月に対応しています。
  • そこで、ブログのアーカイブから月毎の記事件数がわかりますので、図のの様にこのデータを[記事数]列に記入します。 記事数が記入できたら、[累計記事数]列に累計計算を行い表を完成させます。

 

step
2
作成したEXCEL表から記事数累計 vs ユーザ数の散布図と近似曲線を作る

下のグラフで、青の折れ線が、記事数累計 vs ユーザ数の散布図になります。 更に細い青の曲線が予想(近似)曲線です。

また、参考のために、2018年8月に約50記事達成した時点で予想した近似曲線を赤曲線で示しています。

ポイント

近似曲線について

EXCELグラフの折れ線を右クリックして、[近似曲線の追加]をクリックすると、オプション画面が表示されます。

近似曲線のオプションでは、「多項式近似」の次数を「3」に選びました。

また、予測するために、前方補外「45」区間にしています。

例えば、青曲線で、140記事を達成すれば、月間ユーザ数が約8000人程度になることが予想できますね。

 

step
3
次に、記事数累計 vs PV数の散布図とPV数を予測

PV(page view)数を予測したいと思います。 直近1年データ(2018/8〜2019/8)の(累計PV数)/(累計ユーザー数)率は(PV:49625)/(27356人)=1.8でした。 PV/ユーザ率を余裕を見て1.5にして、ユーザ数に1.5を掛けて予測してみたのが、以下のグラフです。

下のグラフで、青の折れ線が、記事数累計 vs PV数の散布図になります。 更に細い青の曲線が予想(近似)曲線です。

また、参考のために、2018年8月に約50記事達成した時点で予想した近似曲線を赤曲線で示しています。

ポイント

  • 記事数とリアルなPV数の散布図にしなかった理由は、初期の投稿時点で自分のIPアドレスにフィルターをかけていませんでした。(今はフィルタリングしています) このため、アナリティクスのPVデータには、自分のアクセス数が加算されてしまい近似曲線に誤差が生ずるのを恐れたため、ユーザー数に定数(PV/ユーザ率)の1.5を掛けてPV数に換算しています。
  • 上の近似曲線から、月間10K PVに達するために必要な記事数は、130記事以上の投稿が必要ということが分かりました。

 

マトメ

  • この予想(近似)曲線を拠り所して、当ブログの更新頻度(月・3記事)とテーストを変えずに130記事を達成した暁には、月間ユーザ数は6K人で月間10K PVが期待できそうです。 この更新頻度で行けば10ヶ月後の2020年6月頃の達成予定になりますので、その頃に結果報告します。^^;
  • もし、ご自分のブログの記事(更新頻度)に対するPV数の予測を知りたいと思ったら、こんな予測方法もあるんだということで、お試しいただけたらと思います。

 

 


スポンサーリンク

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

おすすめ記事

1

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

2

  これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあ ...

3

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

4

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

5

「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

Copyright© ハイレコのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.