CBRモードでAACにエンコードしたファイルをMediainfoで確認するとVBRモードになる?

投稿日:2019年8月6日 更新日:

ことの発端は、VinylStudioを使ってAACでCBR設定したつもりでエンコードしたファイルをMediainfoで情報をみると何と言うことかVBRモードになっていました。 一方MP3のCBR設定ではCBRモードになっていました。 

そこで、AAC、MP3のエンコーダでCBR、VBR(AVR)設定を行ったファイルをMeddiainfoでみると設定したビットレートモードがどうなるか調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

ビットレートモード(CBR、VBR、AVR)について

ハイレゾなどの音声ファイルをAAC(又はMP3)にエンコードするとき、目的にあったCBRやVBR(AVR)に選ぶ必要があります。

夫々のモードについて、ウィキペディアの要約を下に示します。

ポイント

  • CBR:固定ビットレート(constant bitrate, CBR) 電気通信におけるQuality of Serviceに関連する用語で、コーデックの出力データの消費されるべきレート(速度)が一定です。 このため、容量を無駄に消費する。 ハフマン符号や連長圧縮などの符号の多くは可変長符号を生成するため、完全なCBRを実現することは難しい。
  • VBR:可変ビットレート(Variable Bitrate、VBR) 主に音声や動画などの圧縮時にビットレートを可変するという方式の一つ。 ファイルサイズが同容量ならばCBRと比較して高品質となる。
  • AVR:平均ビットレート(Average Bitrate) 純粋な可変ビットレートの場合、出力する結果がどれほどのビットレートになるのか予測するのは難しい。そのために、品質をコントロールし、目的のビットレートに近づける方法が平均ビットレートである。厳密にはVBRの一種に含まれ、ABRと略される。

 

VinylStudioにおけるモード設定について(画面)

AACエンコードの設定画面

 
VBRのレ点を外せばCBR設定になると考えました。(但しCBR設定は明示的に表現されいません)

 

MP3エンコードの設定画面

 

実験用にエンコードしたファイル

WaveGenで生成した1khzノコギリ波ハイレゾ(192khz 24bit 5sec)ファイルをエンコードしました。

AACファイル

  1. AAC-CBRでエンコード:320kbpsで設定
  2. AAC-VBRでエンコード:VBR Qualityを127(最大品質)で設定

MP3ファイル

  1. MP3-CBRでエンコード:320kbsで設定
  2. MP3-VBRでエンコード:VBR0(最大品質)で設定
  3. MP3-AVRでエンコード:ABR〜320kbpsで設定

 

エンコードしたファイルをMediainfoで調べてみると

Audio部分の表示例です。 

赤枠部分のデータ(ビットレートモード、ビットレート、ノミナル、最大)を取り出してエンコードファイルの情報比較を行います。

 

AACファイルをMediainfoで確認

エンコードファイル→1.AAC-CBR
CBR:320kbps
2.AAC-VBR
VBR Qualityを127(最大)
ビットレートモード : VBR モードVBR モード
ビットレート :272 Kbps144 Kbps
ノミナル :※1320 Kbps
最大 : 290 Kbps
ファイルサイズ finder調べ 174,641 Byte93,278 Byte

※1:ノミナルは、公差上の中央値を意味します。

 

MP3ファイルをMediainfoで確認

エンコードファイル→1.MP3-CBR
CBR:320kbps
2.MP3-VBR
VBR0
3.MP3-AVR
ABR〜320kbps
ビットレートモード : CBR モードVBRモードVBRモード
ビットレート :320 Kbps99.2 Kbps112 Kbps
ノミナル :
最大 : 
ファイルサイズ finder調べ204,314Byte62,282 Byte70,922 Byte

 

マトメ

  • AACエンコードでは、CBR指定はできないようです。 確かにVinylStudioのAAC設定で、VBR設定するかしないかの選択(レ点)しかなく、明示的にCBR設定はありませんものね! 試しに、VinylStudio以外のiTunesやXLDでAACでCBR設定エンコードを試みましたが、Mediainfoで見るとビットレートモードは、今回の実験と同様にVBRモードになっていました。
  • MP3は、CBR、VBR、AVRモードが明示的に選択でき、Mediainfoで見るとビットレートモードは指定した通りのモードになっていました。
  • ファイルパフォーマンスは無視して、ビットレートが高ければ音質面で優位になると思われますので、AACにしてもMP3にしても出来るだけビットレートを高くしてCBRモード(AACの場合はVBRのレ点を外す)を選んでエンコードするのが良いように思われます。

 

以上、AAC(MP3)にエンコードしたファイルのビットレートモードをMediainfoで調べた結果紹介でした。

 


スポンサーリンク

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

おすすめ記事

1

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

2

  これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあ ...

3

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

4

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

5

「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

Copyright© ハイレコのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.