MediaInfo(メディアファイル情報取得アプリ)のコマンドライン版を使ってみました。

スポンサーリンク

 

mediainfo

MediaInfoは、サウンドファイルの情報を得る便利なアプリです。 今までGUI版(Graphical User Interface)を使っていましたが、最近 CLI版(command line Interface)があることをを知りました。

この CLI版とMac Automatorを組み合わせて 選択したサウンドファイルの情報をテキストファイルに保存するワークフローアプリを作ってみました。 

今までのMediaInfo・GUI版は、サウンドファイルの情報をマルチで見ることが出来ません。 あるファイル情報を見ながら別のファイル情報を見ようとすると、今ままでの情報が閉じてしまい、一々MediaInfo情報をテキストファイル等にコピペして比較していました。 これをMediaInfo・CLI版を利用したワークフローアプリでGUI版の不満点を改善するのが今回の紹介記事です。

 

MediaInfo・CLI版について

ターミナルを起動して、 mediainfo -help と打ち込んで見てください。 ターミナルの画面に構文やオプションの説明が表示されると思います。

もしもエラーになる場合は、MediaInfo・CLI版がインストールされていない可能性があります。 その時は、MediaInfoのダウンロードサイトに行って、CLI  v20.09(現在)をDLしてインストールしてください。

なお、MediaInfo・CLI版のインストール先は、
/usr/local/bin/mediainfo
になりますので、ご注意ください。

 terminal
$ mediainfo -help
MediaInfo Command line, 
MediaInfoLib - v20.09
Usage: "mediainfo [-Options...] FileName1 [Filename2...]"
Options:
--Help, -h
Display this help and exit
--Help-Output
Display help for Output= option
--Help-AnOption
Display help for "AnOption"
--Version
Display MediaInfo version and exit
//中略
--LogFile=...
Save the output in the specified file
// 略

MediaInfo・CLI版を利用したAoutometor ワークフローアプリ・要点

コマンドライン

今回使用したMediaInfoのコマンドラインは以下の通りです。 【サウンドファイル】はフルパスで指定し、--LogFile=オプションで指定したサウンドファイルの情報が【☓☓☓☓.txt】に保存されます。

/usr/local/bin/mediainfo 【サウンドファイル】 --LogFile=【☓☓☓☓.txt】

オペレータ
ターミナルを開いて、音源ファイルをフルパスで手入力するのは面倒ですよね
以下の様にAoutometorのワークフローアプリを作れば自動化できますよ
オペレータ

Aoutometor 要点

Aoutometor ワークフローアプリの名前を「 MediaInfo tool.app 」にしました。

今回は、Aoutometor ワークフローの作成方法は割愛し、ワークフローのキーである「シェルスクリプトを実行」用のコードのみを以下に示します。 今回のワークフローの詳細について知りたい場合は、後段に示しますzipファイルをダウンロードして解凍後、Automatorアプリを起動して ファイル > 開くで「MediaInfo tool.app」を指定して開けば、今回のAutomatorワークフローを参照できます。)

コードのポイント

サウンドファイルの選択が複数ある場合、複数分が以下に従って実行されます。

  • 11行:選択されたサウンドファイル名で、予め --LogFile 情報を保存する空のテキストファイルを作成
  • 14行:選択されたサウンドファイル情報をMediaInfoコマンドラインで、空のテキストファイルに保存
  • 16行:保存されたテキストファイル名の末尾に、MediaInfoを付加
  • 19行:保存されたテキストファイルを起動

 

作成したアプリ「MediaInfo tool.app 」を使う

ご参考までに DLできます。

以下のDown Loadボタンをクリックすると、MediaInfo tool.app.zipがダウンロードできます。 zipファイルを解凍してお使い頂けます。 

このアプリの変更を行いたい場合、Automatorアプリを起動して ファイル > 開くで、「MediaInfo tool.app」を指定して開けば、ワークフローを編集することができます。

アプリDLと使用上の注意ポイント

  • このアプリは、エラー処理等は含んでいませんのでご注意ください。
  • セキュリティ保護からappファイルをクリックして警告が出て起動しない場合があります。 その時は、appファイルを右クリックして「開く」をクリックすると起動する可能性があります。
  • アプリの使用によって、生じたいかなる損害も、補償いたしかねますことをご承知おきください。

アプリの実行・事例

例えば、MediaInfo tool.appを起動して、ハイレゾ音源のファイルA(Flac 24bit 96khz)をAAC変換したファイルB (48khz 320kbps)の2種類のファイルを選択しますと、2つのテキストファイルが同時に表示されます。 サウンドファイル情報のA・B比較が簡単にできました!

ファイルA

General
Complete name : /Volumes/share/評価_AAC/評価リアル音源/e_onkyo_&_Apple_Degital_Masters_Beethoven_karajan/flac e_onkyo_Beethoven_Symphony_No_8.flac
Format : FLAC
Format/Info : Free Lossless Audio Codec
File size : 74.3 MiB
Duration : 3 min 58 s
Overall bit rate mode : Variable
Overall bit rate : 2 618 kb/s
Album : ベートーヴェン: 交響曲全集
Album/Performer : ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/ヘルベルト・フォン・カラヤン
Track name : Beethoven: Symphony No.8 In F, Op.93 - 2. Allegretto scherzando[SACD Stereo]
Track name/Position : 31
Performer : ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/ヘルベルト・フォン・カラヤン
Recorded date : 2014
Writing application : reference libFLAC 1.2.1 20070917
Cover : Yes
Cover type : Cover (front)
Cover MIME : image/jpeg
45b1d925-1448-5784-b4da-b89901050a13 : 50054001
be242671-3d48-5ac8-b762-7d2db4f584b8 : uml00028947937821-10_31
ff8ca75f-2d68-52eb-85d6-1580486025a4 : 08241700411
93a74bea-ce97-5571-a56a-c5084dba9873 : DEF056214972
07f42305-3c75-529c-ba48-09435e88980d : 1

Audio
Format : FLAC
Format/Info : Free Lossless Audio Codec
Duration : 3 min 58 s
Bit rate mode : Variable
Bit rate : 2 614 kb/s
Channel(s) : 2 channels
Channel layout : L R
Sampling rate : 96.0 kHz
Bit depth : 24 bits
Compression mode : Lossless
Stream size : 74.2 MiB (100%)
Writing library : libFLAC 1.2.1 (UTC 2007-11-17)

ファイルB

General
Complete name : /Volumes/share/評価_AAC/評価リアル音源/e_onkyo_&_Apple_Degital_Masters_Beethoven_karajan/AAC_XLD_Automator/flac e_onkyo_Beethoven_Symphony_No_8_XLD_chg.m4a
Format : MPEG-4
Format profile : Apple audio with iTunes info
Codec ID : M4A (M4A /mp42/isom)
File size : 9.24 MiB
Duration : 3 min 58 s
Overall bit rate mode : Variable
Overall bit rate : 326 kb/s
Album : ベートーヴェン: 交響曲全集
Album/Performer : ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/ヘルベルト・フォン・カラヤン
Track name : Beethoven: Symphony No.8 In F, Op.93 - 2. Allegretto scherzando[SACD Stereo]
Track name/Position : 31
Performer : ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/ヘルベルト・フォン・カラヤン
Recorded date : 2014
Encoded date : UTC 2020-11-22 02:52:38
Tagged date : UTC 2020-11-22 02:52:38
Cover : Yes
Encoding Params : (Binary)

Audio
ID : 1
Format : AAC LC
Format/Info : Advanced Audio Codec Low Complexity
Codec ID : mp4a-40-2
Duration : 3 min 58 s
Bit rate mode : Variable
Bit rate : 318 kb/s
Channel(s) : 2 channels
Channel layout : L R
Sampling rate : 48.0 kHz
Frame rate : 46.875 FPS (1024 SPF)
Compression mode : Lossy
Stream size : 9.08 MiB (98%)
Language : English
Encoded date : UTC 2020-11-22 02:52:38
Tagged date : UTC 2020-11-22 02:52:38

 

以上、MediaInfo(メディアファイル情報取得アプリ)のコマンドライン版でした。

 

 

関連記事(一部広告含む)

 

 Blog オススメ

レコードのハイレゾ化
オススメ記事

LPレコードのハイレゾ化のススメ(ハイレゾ録音のヒント集)

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

クラシックレコードをハイレゾ録音したサンプル音源を聴く

LPレコードからハイレゾ録音したサンプル音源をダウンロードできるコーナーです。   記事で使用した音源を掲載! LPレコードから録音したハイレゾのダウンロードやMP3(AAC)で直接試聴もで ...

MCカートリッジとMMカートリッジの音質比較

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

DENON MCカートリッジ DL103Rのクロストーク「 原理編」

今更ながら、「我が家のB級プレーヤ」に取り付けた「DL103Rカートリッジのクロストーク(セパレーション)をテストレコード(AD-1 2面のバンド4:基準レベル、1kHz、3.54cm/sec(尖頭値 ...

テストレコード(AD-1)で出来ること

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?

ことの 発 端 ことの発端は、あるハイレゾDLサイトから、チャイコのバイオリンコンチェルトをPCM(Flacファイル 192Khz、24Bit)で購入しました。WAVファイルも平行販売されています。 ...

CD音質関連 その他
オススメ記事

アナログ・レコードのここがダメ「CD音質と比較して」

これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあまり言いたくは ...

CD音質のここがダメ「ハイレゾ(24bit)と比較して」

CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ...

ハイレゾ音源からCDフォーマットへ変換する時のディザリングについて(Audacityの場合)

通常ディザリングを行うケースとしては、ビット深度が24bit以上のハイレゾ音源をCDフォーマット(16bit)に落とす時に量子化ノイズを改善するためにディザリングを行うものです。 以下の3つのケースで ...

CD音質を凌ぐ?「ハイレゾ音源のAAC変換」を行うために

XLDサイトへ AAC (Advanced Audio Coding)音質はビットレートを最高品質の320kbpsでAAC変換しても漠然とCD音質には及ばないと思っていました。 ところが、ピュアー音源 ...

Apple Digital MastersのAAC音質(その1)

2019年7月付けの「Apple Digital Masters テクノロジー概要」によれば、iTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テク ...

Post Snippets Pluginで出来ること(小技・事例集)

 WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ...

スポンサーリンク

© 2021 ハイレコのブログ Powered by AFFINGER5