M1-MacBook AirにSony HAP-Z1ES用のiPhoneアプリ”HDD Audio Remote”をインストールしてみました。

スポンサーリンク

 

Sony HAP-Z1ES用のスマホアプリ”HDD Audio Remote”は、スマホ(又はタブレット)からHAP-Z1ESをリモコン操作するアプリです。 音源再生の他、DSEE等の設定がリモートコントロールできます。 (HDD Audio Remote アプリは、 iPod touch / iPhone用アプリはこちら Android搭載スマートフォン用アプリはこちら

残念ながらSonyからはPC用のリモコン・アプリを配布していないので、代替え方法としてOSのブラウザを利用する方法を紹介しました。(過去記事「Sony HAP-Z1ESをPCでコントロールには」参照)

今回、Appleから発売されたM1チップ搭載MAC・PCならiPhoneアプリをインストールできる筈ですので、最近購入したM1-MacBook Airに”HDD Audio Remote”をインストールして実際に使ってみました。

 

スポンサーリンク

 

HAP-Z1ESをPCでコントロールすることの必要性

HAP-Z1ESとPCとの関係は、例えばレコードをPCでハイレゾ録音した音源をHAP-Z1ESに転送するには、自動音楽転送アプリ「HAP Music Transfer」(詳細はここをクリック)を使って、PCからLAN経由で音源をHAP-Z1ESへ転送します。 すぐに転送した音源を確認したい時は、いちいちiPhoneの”HDD Audio Remote”アプリを起動して確認する必要があり不便です。

また、”HDD Audio Remote”アプリにはHAP-Z1ESに入っている音源のタグ情報を編集することが出来る機能もあります。 PC上でタグ編集が実現できればコピペも簡単になり効率も上がります。

以上のシチュエーションから、PCにも”HDD Audio Remote”アプリが実現することを熱望していました。

 

”HDD Audio Remote”アプリをM1-MacBook Airにインストールには

iPhoneアプリ・インストール手順


  • step.1:事前準備

    App StoreからiPhoneアプリをインストールするには、事前に無料ツール「iMobie M1 App Checker 」をダウンロードしてM1-MacBook Airにインストールします。

    AppStoreから、「HDD Audio Remote」を検索してアプリをインストールしようとすると、何故か?検索に引っかからず、「結果無し」 となってしまいました。 この「iMobie M1 App Checker 」で検索すると問題なく「HDD Audio Remote」がヒットして無事にインストールできます。


  • step.2

    「iMobie M1 App Checker」を起動して、下の画像のように白矢印に注意して「HDD Audio Remote」を検索します。

    雲マークの白矢印をクリックしてダウンロードします。
    (Apple IDとパスワードを求められます。)


  • step.3:HDD Audio Remoteインストール

    Appライブラリにして、右の→をクリック
    (Finderが表示され、例えばデスクトップで開くをクリック)

    デスクトップに拡張子.ipaファイル
    「HDD Audio Remote-4.3.1.ipa」が見つかります。

    .ipaファイルをダブルクリックすると、
    iPhone用の「HDD Audio Remote」がアプリケーションフォルダ
    にインストールされます。


 

M1-MacBook AirでHDD Audio Remoteを使ってみる

実際に「HDD Audio Remote」を使用した時の動画をご覧ください。

 

以上の動画の様にM1-MacBook AirでHAP-Z1ESをコントロール出来ました。 やはり、M1チップ搭載のMACでiPhoneアプリがインストールできるのは有り難いです。

これで、HAP-Z1ESに音源を入れた直後にサウンドを確認できますし、タグ情報の編集なども簡単に行えるようになりました。

 

以上、iPhone・アプリ”HDD Audio Remote”をM1-MacBook Airへインストールする方法でした。

 

関連記事(一部広告含む)

 

スポンサーリンク

 

オススメ記事

レコードのハイレゾ化
オススメ記事

blank
LPレコードのハイレゾ化のススメ(ハイレゾ録音のヒント集)

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

MCカートリッジとMMカートリッジの音質比較

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

DENON MCカートリッジ DL103Rのクロストーク「 原理編」

今更ながら、「我が家のB級プレーヤ」に取り付けた「DL103Rカートリッジのクロストーク(セパレーション)をテストレコード(AD-1 2面のバンド4:基準レベル、1kHz、3.54cm/sec(尖頭値 ...

テストレコード(AD-1)で出来ること

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?

ことの 発 端 ことの発端は、あるハイレゾDLサイトから、チャイコのバイオリンコンチェルトをPCM(Flacファイル 192Khz、24Bit)で購入しました。WAVファイルも平行販売されています。 ...

CD音質関連 その他
オススメ記事

blank
アナログ・レコードのここがダメ「CD音質と比較して」

これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあまり言いたくは ...

CDフォーマットのここがダメ「ハイレゾと比較して」

CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ...

CD音質を凌ぐ?「ハイレゾ音源のAAC変換」を行うために

XLDサイトへ AAC (Advanced Audio Coding)音質はビットレートを最高品質の320kbpsでAAC変換しても漠然とCD音質には及ばないと思っていました。 ところが、ピュアー音源 ...

Apple Digital MastersのAAC音質(その1)

2019年7月付けの「Apple Digital Masters テクノロジー概要」によれば、iTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テク ...

Post Snippets Pluginで出来ること(小技・事例集)

 WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ...

スポンサーリンク

© 2021 ハイレコのブログ Powered by AFFINGER5