Post Snippetsプラグインで特定ページの広告を非表示にする方法(囲みショートコードによる)

スポンサーリンク

 

Post Snippets

特定のページでAdSense広告等を非表示にしたい時があります。 

例えば、知り合い同士に限定したパスワードで保護されたプライベートページで、AdSense広告がクリックされるとポリシー違反になる恐れがあるので、このページのAdSense広告(手動及び自動広告)を非表示にしたい場合がそれに当たります。 

こんな時に、特定ページの要素部分を非表示に出来る囲み型ショートコードを使えば、手動のAdSense広告コードを囲むことで手動広告を非表示に出来ます。 又自動広告に対しては、AdSenseの管理画面から特定ページのURLを指定すれば自動広告を除外することができます。

今回は、Post Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使った上記の囲み型ショートコードを作成する方法を中心に、特定ページのAdSense広告を非表示にする方法の紹介です。

 

スポンサーリンク

 

PSPによる囲み型 ショートコードの作成

ショートコードについて

自己完結型と囲み型の2つのショートコードがあります。 

自己完結型ショートコードは、例えば以前紹介した「WordPressに『日時』表示。PHPとJavaの使い分け」にある、【date_stamp_php flg="0"】をページの中に配置して、日時表示を単独で処理できるものです。 これは、PSPで作成する一般的な自己完結型ショートコードです。

一方の、囲み型ショートコードは始点[shortcode]と終点[/shortcode]でコンテンツを囲みます。 始点の[shortcode]で分岐などの処理を行い、囲まれているコンテンツに引き渡し終点[/shortcode]で処理を完了させるものです。 

今回は、特定ページか否かを調べてショートコードで囲まれたAdSenseの広告コード(要素)を表示・非表示を処理するので、囲み型ショートコードにする必要があります。

では、PSPの設定画面(下の画面)で項目①〜⑥について説明し、囲み型ショートコードを作成して行きます。

Post Snippetsの設定画面

ショートコードの名前を記入:ここでは、AD_block としました。

 特定ページに対して、広告を非表示にするPHPコードを記入します。

 

オペレータ
わかり易くするため、囲み型ショートコードの始点終点部分に分けてPHPコードを説明しますね。

始点ショートコード部分 【AD_block】

  • 1行目:$inputIDは配列変数で、広告を非表示にしたいページIDをカンマ区切りで指定します。
  • 2行目:get_the_ID();  は現在表示している投稿(又は固定)ページのIDを取得するPHP関数で、変数 $postid に代入します。
  • 4、5行目:in_array($postid , $inputID ,true ) で、現在表示IDと指定IDが一致したら、コンテンツを非表示にする <div style="display:none"> をHTMLに出力します。 7行目で一致しなければ コンテンツを表示させる <div> を出力します。

囲まれたコンテンツ(要素)部分

9行目の {content}  が囲みショートコードで始点と終点に囲まれたコンテンツ要素(=AdSenseコードがコンテンツに該当)になります。

終点ショートコード部分【/AD_block】

最終行の </div> が該当します。

以上が囲み型ショートコードの始点終点部分のPHPコードの説明でした。
オペレータ

(備考)
現在表示しているページと指定ページIDと一致しているか調べる方法として投稿ページに対してはis_single(指定ページID) 関数があります。 固定ページの場合は is_page(指定ページID) 関数を使います。 今回は固定、投稿ページの両方で使える get_the_ID();  関数を使いました。

PSP設定画面に戻って

Variablesは未記入です。 のShortcodeと  のPHPは夫々レ点を入れます。
Descriptionは、適当にわかり易いショートコードの説明文を記入します。

以上の設定が終わったらSave ボタンを押して保存すれば、「特定ページのAdSense広告を非表示する囲みショートコード」が完成します。 

 

完成した囲みショートコードの使い方

手動のAdSense広告コードは、通常 ウィジェット に記載されていると思います。 AdSense広告コードの設置されている場所に移動して、以下の様にPSPで作成した【AD_block】ショートコードをサンドイッチすれば、指定した特定ページにAdSense広告が表示されなくなる筈です。( 【】は半角の大括弧 [ ] にしてください)

[/] shortcode

[AD_block] AdSense広告コード [/AD_block]

 

オペレータ
では、実際に【AD_block】 AdSense広告コード 【/AD_block】を記述してHTMLソースコードがどうなるかを見てみましょう

ブラウザの表示ページと指定ページIDが合致

 HTML
<div style="display:none"> AdSense広告コード </div>

div要素で囲まれた「AdSense広告コード」が style="display:none" で非表示にしているので、ブラウザ上では「AdSense広告コード」が見えません。

ブラウザの表示ページと指定ページIDが不一致

 HTML
<div> AdSense広告コード </div>

ブラウザ上で、「AdSense広告コード」が表示されます。

 

以上によって、IDで指定した特定ページに対して、手動広告を非表示することができます。 

 

特定ページに対して自動広告を除外させる方法

今度は、特定ページに対してAdSenseの自動広告を除外する方法です。 以下の方法で特定ページの自動広告を非表示することが出来ます。

  • アドセンスの管理画面を開きます。
  • 広告 > サイト名 > 編集 に入ります。 除外ページ 管理 をクリックします。
  • +除外設定 を追加をクリックします。 
  • 除外するページのURLを記入して、 追加 ボタンを押します。 戻って サイトに適用 ボタンを押します。

以上の操作設定で、特定ページの自動広告を除外できます。

 

 

以上、特定ページの広告を非表示にする方法の紹介でした。 また、PSPによる囲み型ショートコードの作成方法がイマイチ分かり難いので、ヒントの一助にして頂ければと思います。

 

関連記事(一部広告含む)

 

スポンサーリンク

 

オススメ記事

レコードのハイレゾ化
オススメ記事

blank
LPレコードのハイレゾ化のススメ(ハイレゾ録音のヒント集)

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

MCカートリッジとMMカートリッジの音質比較

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

DENON MCカートリッジ DL103Rのクロストーク「 原理編」

今更ながら、「我が家のB級プレーヤ」に取り付けた「DL103Rカートリッジのクロストーク(セパレーション)をテストレコード(AD-1 2面のバンド4:基準レベル、1kHz、3.54cm/sec(尖頭値 ...

テストレコード(AD-1)で出来ること

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?

ことの 発 端 ことの発端は、あるハイレゾDLサイトから、チャイコのバイオリンコンチェルトをPCM(Flacファイル 192Khz、24Bit)で購入しました。WAVファイルも平行販売されています。 ...

CD音質関連 その他
オススメ記事

blank
アナログ・レコードのここがダメ「CD音質と比較して」

これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあまり言いたくは ...

CDフォーマットのここがダメ「ハイレゾと比較して」

CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ...

CD音質を凌ぐ?「ハイレゾ音源のAAC変換」を行うために

XLDサイトへ AAC (Advanced Audio Coding)音質はビットレートを最高品質の320kbpsでAAC変換しても漠然とCD音質には及ばないと思っていました。 ところが、ピュアー音源 ...

Apple Digital MastersのAAC音質(その1)

2019年7月付けの「Apple Digital Masters テクノロジー概要」によれば、iTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テク ...

Post Snippets Pluginで出来ること(小技・事例集)

 WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ...

スポンサーリンク

© 2021 ハイレコのブログ Powered by AFFINGER5