ロリポップサーバー全プラン・リニューアルに伴うアップデートを行ってみました。(ライトプランの場合)

スポンサーリンク

 

ロリポップサーバーは「全プラン2020/8/5以前にご契約の方を対象に、最も処理能力が上がるエコノミー・ライト・スタンダードプランの3プランではコア数が約2.6倍となり、総合的な処理能力も約2倍にリニューアルする」との発表がありました。 

詳細はここをクリックして、ロリポップ!爆速宣言をご覧ください。

当サイトで使用しているライトプランでもこのリニューアルの対象でしたので、遅ればせながら、アップデートを行いました。 このアップデートで、今までプラン対象外だったPHP7.3(モジュール版)も使用できる様になりましたので、CGI版とモジュール版を含めてリニューアルの前と後を比較してみました。

 

ライトプランのスペック(アップデートの前と後)

(注記)ロリポップ公表値です。

Before After
ディスク容量 50GB 100GB
ストレージ HDD SDD
独自ドメイン 50個 100個
モジュール版PHP

性能比較

アップデート後
CPUコア数 2.6倍
CPU処理能力 2倍
メモリ数 最大12倍
ディスク性能 最大35倍

 

アップデートの手順と注意事項(ポイントのみ)

アップデート・注意ポイントマトメ

  • EC-CUBE簡単インストールが利用できなくなります。
  • 現在の共有SSLのアドレスは利用できなくなり、ロリポップ!のドメインがSSL化されます。
  • PHP7.3および7.4のみ利用できるようになり、PHP7.1は利用できなくなります。
  • Perlのバージョンが5.10から5.30へ変わります。また「/usr/bin/perl」のパスが利用できなくなります。
  • Rubyのバージョンが2.6へ変わります。
  • Ruby1.9および2.0は利用できなくなります。 Pythonのバージョンが3.7へ変わります。
  • Python2.7および3.4は利用できなくなります。
  • .htaccess内のAllowやDenyといったIP制限などの構文の後ろにコメントアウトがついていると、エラーになります。

 

PHP7.4(CGI版)とPHP7.3(モジュール版) パフォーマンスの確認

PHP変更のポイント

アップデートが完了したら、ユーザー専用ページ > サーバーの管理設定 > PHP設定 をクリックします。

バージョンにある 変更 をクリックすると、7.3(CGI版)から7.3(モジュール版)のPHPバージョン選択ができます。

選択後、変更までに約10分程必要です。

サーバ処理速度の前と後

ロリポップによれば、リニューアルによりサーバ処理速度が約2倍にUPしたとのことでしたので、当ブログ記事「π多桁計算 プログラムをBasicからPHP言語に移殖してみました。」π計算の計算処理時間がどう変わったかを測定しました。(注記)PHP7.4(CGI版)での確認です。

+ π計算プログラムを「開く」

注記

桁数に従って処理時間が指数関数的に増加しサーバーに負荷がかかるので、桁数選択を2000桁(最大)までにしています。

プログラムを「閉じる」

 

π計算の桁数 Before
(計算時間 秒)
After
(計算時間 秒)
比率 A/B
500桁 0.041 0.038 93%
1000桁 0.17 0.15 88%
2000桁 0.76 0.58 77%
5000桁 4.70 3.48 74%

以上の結果から、リニューアルによって「総合的な処理能力も約2倍」には至らなかったものの、π計算の処理時間がスピードUPしていることが確かめられました。

Google PageSpeed Insightsの
CGI版とモジュール版の違い

PageSpeed Insights は、ウェブページのコンテンツを解析し、ページの読み込み時間を評価するツールで評価値のPHP7.4(CGI版)PHP7.3(モジュール版)の違いを測定してみました。

残念ながら、リニューアル前と比較して、PHP7.4(CGI版)にしてもPHP7.3(モジュール版)にしても評価値の変化は殆どありませんでした。 
PageSpeed Insightsの評価値:モバイルで30前後、PCで80前後

 

体感上のWeb速度の違い

リニューアル前と比較して、若干表示速度はUPした様に思われます。 なお、PHP7.4(CGI版)とPHP7.3(モジュール版)の差はありませんでしたが、PHP7.3(モジュール版)で時々表示が引っかるような場合があり、今はPHP7.4(CGI版)にしています。

 

ロリポップ全プラン・リニューアルのマトメ

ライトプランのリニューアルに伴って

  • サーバー・パフォーマンスの向上は確かめられましたので、ロリポップユーザーはアップデートすることをオススメします。
  • モジュール版が使える様になり、Webの表示速度が劇的に改善されるのを期待しましたが、残念ながらあまり変化がありませんでした。 今後、速度を上げるには、Google PageSpeed Insightsの提案にありました「次世代フォーマットでの画像配信」に変えるか、ロリポップのハイスピードプランに乗り換えるかの選択かも知れません。

blank blank

 

以上、ロリポップサーバー全プラン・リニューアルに伴うアップデートを行った結果でした。

 

スポンサーリンク

 

関連記事(一部広告含む)

 

 

Blog オススメ記事(コンテンツ選択)

ボタンを押してコンテンツ選択

レコード音質とハイレゾ化

CD音質と圧縮音源 AAC等

WebデザインやiPhone・PCなど

ツールと閑話ブログ

スポンサーリンク

© 2021 ハイレコのブログ Powered by AFFINGER5