ロリポップサーバー全プラン・リニューアルに伴うアップデートを行ってみました。(ライトプランの場合)

スポンサーリンク

 

ロリポップサーバーは「全プラン2020/8/5以前にご契約の方を対象に、最も処理能力が上がるエコノミー・ライト・スタンダードプランの3プランではコア数が約2.6倍となり、総合的な処理能力も約2倍にリニューアルする」との発表がありました。 

詳細はここをクリックして、ロリポップ!爆速宣言をご覧ください。

当サイトで使用しているライトプランでもこのリニューアルの対象でしたので、遅ればせながら、アップデートを行いました。 このアップデートで、今までプラン対象外だったPHP7.3(モジュール版)も使用できる様になりましたので、CGI版とモジュール版を含めてリニューアルの前と後を比較してみました。

 

ライトプランのスペック(アップデートの前と後)

(注記)ロリポップ公表値です。

BeforeAfter
ディスク容量50GB100GB
ストレージHDDSDD
独自ドメイン50個100個
モジュール版PHP

性能比較

アップデート後
CPUコア数2.6倍
CPU処理能力2倍
メモリ数最大12倍
ディスク性能最大35倍

 

スポンサーリンク

 

アップデートの手順と注意事項(ポイントのみ)

アップデート・注意ポイントマトメ

  • EC-CUBE簡単インストールが利用できなくなります。
  • 現在の共有SSLのアドレスは利用できなくなり、ロリポップ!のドメインがSSL化されます。
  • PHP7.3および7.4のみ利用できるようになり、PHP7.1は利用できなくなります。
  • Perlのバージョンが5.10から5.30へ変わります。また「/usr/bin/perl」のパスが利用できなくなります。
  • Rubyのバージョンが2.6へ変わります。
  • Ruby1.9および2.0は利用できなくなります。 Pythonのバージョンが3.7へ変わります。
  • Python2.7および3.4は利用できなくなります。
  • .htaccess内のAllowやDenyといったIP制限などの構文の後ろにコメントアウトがついていると、エラーになります。

 

PHP7.4(CGI版)とPHP7.3(モジュール版) パフォーマンスの確認

PHP変更のポイント

アップデートが完了したら、ユーザー専用ページ > サーバーの管理設定 > PHP設定 をクリックします。

バージョンにある 変更 をクリックすると、7.3(CGI版)から7.3(モジュール版)のPHPバージョン選択ができます。

選択後、変更までに約10分程必要です。

サーバ処理速度の前と後

ロリポップによれば、リニューアルによりサーバ処理速度が約2倍にUPしたとのことでしたので、当ブログ記事「π多桁計算 プログラムをBasicからPHP言語に移殖してみました。」π計算の計算処理時間がどう変わったかを測定しました。(注記)PHP7.4(CGI版)での確認です。

+ π計算プログラムを「開く」

注記

桁数に従って処理時間が指数関数的に増加しサーバーに負荷がかかるので、桁数選択を2000桁(最大)までにしています。

プログラムを「閉じる」

 

π計算の桁数Before
(計算時間 秒)
After
(計算時間 秒)
比率 A/B
500桁0.0410.03893%
1000桁0.170.1588%
2000桁0.760.5877%
5000桁4.703.4874%

以上の結果から、リニューアルによって「総合的な処理能力も約2倍」には至らなかったものの、π計算の処理時間がスピードUPしていることが確かめられました。

Google PageSpeed Insightsの
CGI版とモジュール版の違い

PageSpeed Insights は、ウェブページのコンテンツを解析し、ページの読み込み時間を評価するツールで評価値のPHP7.4(CGI版)PHP7.3(モジュール版)の違いを測定してみました。

残念ながら、リニューアル前と比較して、PHP7.4(CGI版)にしてもPHP7.3(モジュール版)にしても評価値の変化は殆どありませんでした。 
PageSpeed Insightsの評価値:モバイルで30前後、PCで80前後

 

体感上のWeb速度の違い

リニューアル前と比較して、若干表示速度はUPした様に思われます。 なお、PHP7.4(CGI版)とPHP7.3(モジュール版)の差はありませんでしたが、PHP7.3(モジュール版)で時々表示が引っかるような場合があり、今はPHP7.4(CGI版)にしています。

 

ロリポップ全プラン・リニューアルのマトメ

ライトプランのリニューアルに伴って

  • サーバー・パフォーマンスの向上は確かめられましたので、ロリポップユーザーはアップデートすることをオススメします。
  • モジュール版が使える様になり、Webの表示速度が劇的に改善されるのを期待しましたが、残念ながらあまり変化がありませんでした。 今後、速度を上げるには、Google PageSpeed Insightsの提案にありました「次世代フォーマットでの画像配信」に変えるか、ロリポップのハイスピードプランに乗り換えるかの選択かも知れません。

 

以上、ロリポップサーバー全プラン・リニューアルに伴うアップデートを行った結果でした。

 

スポンサーリンク

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

オススメ記事

レコードのハイレゾ化
オススメ記事

LPレコードのハイレゾ化のススメ(ハイレゾ録音のヒント集)

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

MCカートリッジとMMカートリッジの音質比較

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

DENON MCカートリッジ DL103Rのクロストーク「 原理編」

今更ながら、「我が家のB級プレーヤ」に取り付けた「DL103Rカートリッジのクロストーク(セパレーション)をテストレコード(AD-1 2面のバンド4:基準レベル、1kHz、3.54cm/sec(尖頭値 ...

テストレコード(AD-1)で出来ること

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?

ことの 発 端 ことの発端は、あるハイレゾDLサイトから、チャイコのバイオリンコンチェルトをPCM(Flacファイル 192Khz、24Bit)で購入しました。WAVファイルも平行販売されています。 ...

CD音質関連 その他
オススメ記事

アナログ・レコードのここがダメ「CD音質と比較して」

これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあまり言いたくは ...

CDフォーマットのここがダメ「ハイレゾと比較して」

CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ...

Sony HAP-Z1ESのDSEE機能/確認

「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

Apple Digital MastersのAAC音質(その1)

2019年7月付けの「Apple Digital Masters テクノロジー概要」によれば、iTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テク ...

Post Snippets Pluginで出来ること(小技・事例集)

 WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ...

スポンサーリンク

© 2020 ハイレコのブログ Powered by AFFINGER5