VinylStudioのProにアップグレードしました

スポンサーリンク

 

Proに移行を促すダイアログ

VinylStudioは2018年10月1日からProとStandardの2つのバージョンに分割され、分割される前の既存ユーザーの場合、機能はそのまま引き継がれるとのことでしたので、継続して使用していたところ、2019年12月中頃からProに移行を促すダイアログが表示されるようになりました。 

これはVersion 11にアップデートしたタイミングでStandardとして新規インストールされたと認識されたかも知れません。 Standardの状態ですと機能が非常に狭められてしまうので、Proへのアップグレード(Mac App Storeで3060円を課金)を行いました。

 

スポンサーリンク

 

既存ユーザからみたVinylStudio-Proとは

ポイント

1)Proにアップグレードして機能のパフォーマンスに変化は?

以前、レコードからハイレゾ録音した「交響詩シェラザード 第4楽章」のプチノイズ抑制機能のパフォーマンスを確かめてみました。

Proへアップグレード前後のプチノイズ訂正数は、両者とも4246個でしたので、特段のパフォーマンスの違いは無さそうでした。 

2)Proへアップグレードしてのメリットは?

現在のところ、特段のメリットは見当たりませんでした。

開発元へ質問

ユーザから見て「実質的な値上げではないか?」を開発元に質問してみました。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

開発元の回答は以下の通りでした。(Google意訳)

1. VinylStudioの既存のインストールは、2019年12月1日以前にインストールされた場合、引き続き「Pro」機能を提供します。

2. 2019年12月1日以降に行われた新規インストールでは、Standard機能のみが提供されます。

これはApp Storeの制約の範囲内でできる最善の方法です。申し訳ありませんが、この点に関してはできる限り公平になるよう努めました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

多分単純な値上げでは、App Storeのルールに適合しなかったということではないでしょうか? ユーザにとっては、単純な値上げのほうが分かりやすく納得できる金額では無いかと思いました。

今更ですが、Proに移行を促すダイアログが表示されるようになった段階で、MACのタイムマシーンを使ってVinylStudioのバージョンを落とせばProへの課金は先延ばしすることができたかも知れません。

注意ポイント

2019年12月1日以前にインストールされた方で、もし意図せずProに移行を促すダイアログが表示されるようになったら、バージョンのダウングレードを試すのも選択肢の一つではないか思います。

 

これから新たにVinylStudioを導入したいと思っている方(ユーザ)へ

ポイント

Mac App Store現在価格は、2020/1/12

  • Standardは3680
    途中でProにアップグレードする価格は3060円で合計で6740円になります。 
  • Pro一括購入の場合では6100円です。

これからVinylStudioを導入したいと思っている方は、

Standardからスタートすると、有用な機能(下記参考)が削ぎ落とされていますので、Pro一括(6100円)で購入する方がトータルコストが抑えられますので初めからPro一括がお勧めと思います。

 

参考 VinylStudio-Proについて

Proについて

詳しくはコチラ

Google意訳

2018年10月1日から、VinylStudioは2つのバージョン(VinylStudio StandardとVinylStudio Pro)に分割されます。追加のUS $ 20に対して、VinylStudio Proは以下にリストする追加機能を提供します。VinylStudio Standardからのアップグレードのコストは24.95米ドルで、VinylStudio ProはWindowsとMacの両方で実行できます。

締切日より前に購入したユーザーは、以前使用していたすべての機能を引き続き利用できますが、VinylStudio 10以降に追加された新しい機能は、アップグレードした場合にのみ利用できます。

次の機能は、VinylStudio Proでのみ提供されます。

  • CUEシートをインポートおよびエクスポートする機能。
  • 一度に複数のオーディオファイルをインポートする機能。
  • イコライゼーションの録音(「フラット」フォノプリアンプに使用され、RIAA以前のディスクを記録する場合)
  • [ルックアップトラックリスト]ウィンドウで一度に複数のデータベースを検索する機能。
  • Discogsからコレクションをインポートする機能。
  • スペクトルビュー。見つけにくいクリックや傷を見つけます。
  • 広範囲の損傷を修復する「パッチ」機能。
  • デフォルトのフィルター設定とイコライゼーション曲線を設定する機能。
  • カスタムイコライゼーションカーブ/ FFTフィルターを定義する機能。
  • Filter Settingsウィンドウで「ノイズサンプル」ファイルをロードおよび保存する機能。
  • カスタムアルバムステータス名を定義して、作業を追跡する機能。
  • アルバムノートを入力する機能。
  • コレクションを印刷する機能。
  • 「周波数分析の実行」機能。
  • 「プレーヤーにコピー」機能。
  • Windows Media Playerプレイリストを作成する機能。
  • CDまたはDVDの書き込み時にトラックリストをエクスポートする機能。
  • 「バッチ」ウィンドウで提供されるほとんどの機能。代わりに、ユーザーは「スプリットトラック」ウィンドウで作業中のアルバムのトラックを保存できます。
  • DSDサポート。
  • 新しいアルバムを作成または記録するときにカタログ番号でDiscogsを検索する機能。

 

今までVinylStudioを使い続けていて、中々良心的でレコードのハイレゾ録音に特化した良く出来たソフトと思っていましたが、今回Proへのバージョン移行に伴う価格対応は少々ガッカリさせられました。 今回の実質上の値上げで、開発上の余力が多少出来たかも知れませんのでVinylStudioが更らなる進化を遂げるように期待したいと思います。

 

スポンサーリンク


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

オススメ記事

レコードのハイレゾ化
オススメ記事

LPレコードのハイレゾ化のススメ(ハイレゾ録音のヒント集)

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

MCカートリッジとMMカートリッジの音質比較

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

DENON MCカートリッジ DL103Rのクロストーク「 原理編」

今更ながら、「我が家のB級プレーヤ」に取り付けた「DL103Rカートリッジのクロストーク(セパレーション)をテストレコード(AD-1 2面のバンド4:基準レベル、1kHz、3.54cm/sec(尖頭値 ...

テストレコード(AD-1)で出来ること

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?

ことの 発 端 ことの発端は、あるハイレゾDLサイトから、チャイコのバイオリンコンチェルトをPCM(Flacファイル 192Khz、24Bit)で購入しました。WAVファイルも平行販売されています。 ...

CD音質関連 その他
オススメ記事

アナログ・レコードのここがダメ「CD音質と比較して」

これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあまり言いたくは ...

CDフォーマットのここがダメ「ハイレゾと比較して」

CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ...

Sony HAP-Z1ESのDSEE機能/確認

「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

Apple Digital MastersのAAC音質(その1)

2019年7月付けの「Apple Digital Masters テクノロジー概要」によれば、iTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テク ...

Post Snippets Pluginで出来ること(小技・事例集)

 WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ...

© 2020 ハイレコのブログ Powered by AFFINGER5