All-in-One WP Migration(有料版)プラグインを使ってサイトのバックアップを復元する

スポンサーリンク

 

WordPressの「All-in-One WP Migration(有料版)プラグイン」は、有料版にするとインポート時のアップロードサイズの制限が無くなり、更にバックアップ機能も使える様になります。

今回バックアップから当サイトを復元する必要があったので、初めてAll-in-One WP Migration(有料版)プラグイン」を使ったバックアップの復元を試みました。 復元に至った事例を紹介します。

但し、All-in-One WP Migration(有料版)プラグインによる復元は、Wordpress が正常状態(少なくともWordpress 管理画面の表示が正常)での復元が可能ですが、管理画面が表示できない時には別の復元が必要です。 詳細は後日談(ここをクリック)を参照してください。

 

 

「All-in-One WP Migration(有料版)プラグイン」について

WordPressの「All-in-One WP Migrationプラグイン」は、サイトの引越しの時に簡単に移行が行えるプラグインでインポート容量が制限されている無料版もありますが、有料版($69)にすることで、以下の機能が使える様になります。

  1. 512MBのインポート容量制限を増やす(無制限)
  2. 無制限数のウェブサイトで使用可
  3. サーバーのバックアップと復元(リストアー)
  4. WordPress コマンドライン・インターフェース用のコマンド
  5. プレミアム・サポート

当ブログは、公開サイトのトラブルに対処する時のために、公開サイト確認用のローカルサイト(MAMP使用)の2つで運用管理しています。 このため、「All-in-One WP Migrationプラグイン」を使って、公開サイトをエクスポートした後、ローカルサイトにインポートして公開サイトと同じ状況を再現しています。(無料版のインポート容量では足りないので有料版を購入)

無料版から有料版への購入方法は、ここでは省略しますので詳しくは、ネットをググって調べてみてください。

 

当サイトの復元が必要になった発端

当ブログでは「WordPress Popular Postsプラグイン」と「Post Snippetsプラグイン」を使って、人気記事をショートコード化して人気記事を表示させています。 詳しくは、以下のブログカードを参照してください。

参考
「WordPress Popular Posts」と「Post Snippets」を使って、人気記事をショートコード化する方法(続編)

WordPress Popular Posts 以前の記事で、「WordPress Popular Posts」と「Post Snippets]プラグインを使って人気記事をショートコード化して、投稿記 ...

プラグインのバージョンアップで問題発生

「WordPress Popular Postsプラグイン」をバージョン 5.3.4 に更新したところ、人気記事の表示が文字化けする様になってしまいました。(現在 バージョン 5.3.5 になったことで改善されています)

改善策の失敗・ポイント

オペレータ
一旦「WordPress Popular Postsプラグイン」を削除してから、過去バージョンのプラグインを再インストール(ダウングレード)をすれば、この文字化けを改善できると安易に考えましたがこれは間違いでした!

「All-in-One WP Migrationプラグイン」で念の為バックアップをとってから、 「WordPress Popular Postsプラグイン」を削除した後、ダウングレードのバージョン 5.3.3 をインストールしたところ今度は、文字化けは改善されたもの今までの統計データも削除され設定もクリアされてしまい、人気記事が表示さません!!(ある程度のアクセス数が貯まるのを待つしかありません)

正しいプラグインのダウングレード方法

プラグインを削除しないで、一番手っ取り早くダウングレードするには、『WP Rollbackプラグイン』の手を借りることでした。 このプラグインで、バージョンをロールバックさせれば、今までの統計データや設定内容を維持したままダウングレードができるのでした。

〜〜〜

更に後日、別のトラブル(Wordpressの管理画面エラー)に遭遇しました。 
(この後日談はここをクリック

 

バックアップからサイトを復元した後、問題プラグインをロールバックさせる

念の為に「All-in-One WP Migrationプラグイン」でバックアップをとっていたので、該バックアップファイルから元のサイト状態(「WordPress Popular Postsプラグイン」バージョン 5.3.4に戻るので文字化けのまま)に復元し、「WP Rollbackプラグイン」で「WordPress Popular Postsプラグイン」をダウングレードする方法を選びました。 手順は以下の通り

 


  • step.1 「All-in-One WP Migrationプラグイン」で復元する

    復元は非常に簡単です。 以下の様にバックアップ画面で、復元したい日付の復元ボタンを押せば、バックアップ・サイズにもよりますが、10分程度で(人気記事は文字化けのままですが)バックアップした時点のサイトに復元されます。

    この画面で分かるように、DL(ダウンロード)と削除ボタンがあります。 DL(ダウンロード)を押せば、バックアップファイルがエクスポートと同じ様にPCにダウンロードできます。 また、削除ボタンを押せば、バックアップファイルが削除されます。


  • step.2 「WP Rollbackプラグイン」を使って問題プラグインのロールバック

    サイトの復元が完了したら、「WP Rollbackプラグイン」を使って「WordPress Popular Postsプラグイン」のバージョンを 5.3.3にダウングレードしました。

    これで、文字化けしていた人気記事が正常に戻りました。


 

後日談(2021/7/24)

Web上にある当ブログをローカルのMAMPに同期させるために、All-in-One WP Migration pluginでインポートしたら途中で復元が終了しなくなりました。 業を煮やして、ブラウザをリロードしたら、当然ながらwordpressの管理画面が立ち上がらなくなり、この状況では、もはやAll-in-One WP Migration pluginによる復元はできないのでした。  

仕方がないので、MacBookのTime Machineで過去にバックアップしていたwordpressフォルダー以下を復元したところwordpressの管理画面が立ち上がり、再度All-in-One WP Migration pluginでWeb上にある当ブログのバックアップをインポート出来て、復元に成功しました。

ことほど左様に、何らかのトラブルがあってwordpressの管理画面が立ち上がらなくなっても、wordpressファイルのリストアとDATABASE(MySQL)のインポートが出来るバックアップが必須と痛感しました。

候補に挙げたプラグインは、「UpdraftPlus」「BackWP」でした。 

「UpdraftPlus」はAll-in-One WP Migration pluginと同じで管理画面が立ち上がっていないと復元ができないことが分かり却下しました。 

「BackWP」は、復元方法が少々面倒ですがオーソドックスで確実です。 バックアップファイルをFileZilla でアップロード(上書き)することでwordpressの管理画面が復元できますし、バックアップしたDATABASE(MySQL)ファイルをインポートすればデータベースの復元が行えます。

 

最終的なバックアップ方法

通常のバックアップと復元は、簡単に復元できる「All-in-One WP Migration plugin」を使用して、何らかの原因でWordpress 管理画面が表示できなくなったらこの「BackWP」を使う、二刀流でバックアップすることにしました。

 

今回の教訓として、プラグインの更新にはくれぐれも注意を要することが分かりました。 それにしても、この「All-in-One WP Migration(有料版)プラグイン」は、サイトの引越しだけでなく、簡単にサイトの丸ごとバックアップと復元も出来るので、今更ながら転ばぬ先の杖と感じた次第です。

 

All-in-One WP Migrationプラグインを使った、その他の事例紹介

 

 

関連記事(一部広告含む)

 

 Blog オススメ

レコードのハイレゾ化
オススメ記事

LPレコードのハイレゾ化のススメ(ハイレゾ録音のヒント集)

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

クラシックレコードをハイレゾ録音したサンプル音源を聴く

LPレコードからハイレゾ録音したサンプル音源をダウンロードできるコーナーです。   記事で使用した音源を掲載! LPレコードから録音したハイレゾのダウンロードやMP3(AAC)で直接試聴もで ...

MCカートリッジとMMカートリッジの音質比較

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

DENON MCカートリッジ DL103Rのクロストーク「 原理編」

今更ながら、「我が家のB級プレーヤ」に取り付けた「DL103Rカートリッジのクロストーク(セパレーション)をテストレコード(AD-1 2面のバンド4:基準レベル、1kHz、3.54cm/sec(尖頭値 ...

テストレコード(AD-1)で出来ること

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?

ことの 発 端 ことの発端は、あるハイレゾDLサイトから、チャイコのバイオリンコンチェルトをPCM(Flacファイル 192Khz、24Bit)で購入しました。WAVファイルも平行販売されています。 ...

CD音質関連 その他
オススメ記事

アナログ・レコードのここがダメ「CD音質と比較して」

これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあまり言いたくは ...

CD音質のここがダメ「ハイレゾ(24bit)と比較して」

CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ...

ハイレゾ音源からCDフォーマットへ変換する時のディザリングについて(Audacityの場合)

通常ディザリングを行うケースとしては、ビット深度が24bit以上のハイレゾ音源をCDフォーマット(16bit)に落とす時に量子化ノイズを改善するためにディザリングを行うものです。 以下の3つのケースで ...

CD音質を凌ぐ?「ハイレゾ音源のAAC変換」を行うために

XLDサイトへ AAC (Advanced Audio Coding)音質はビットレートを最高品質の320kbpsでAAC変換しても漠然とCD音質には及ばないと思っていました。 ところが、ピュアー音源 ...

Apple Digital MastersのAAC音質(その1)

2019年7月付けの「Apple Digital Masters テクノロジー概要」によれば、iTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テク ...

Post Snippets Pluginで出来ること(小技・事例集)

 WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ...

スポンサーリンク

© 2021 ハイレコのブログ Powered by AFFINGER5