VinylStudioによるクリックノイズ手動修復

スポンサーリンク

 

ヘンリック・シェリングのプロコフィエフ・バイオリン協奏曲・第2番のLPレコードをハイレコし、いつもの様にプチノイズを自動で抑制しましたが、第2楽章の中で、プチノイズの抑制不足があり、「ボコッ」という大きなクリックノイズが残っていました。 レコーディングソフトのVinylStudioによる、この残ったクリックノイズを手動で修復する方法をブログします。

以前「VinylStudioのプチ・ノイズ抑制効果」をブログしました。 これは、自動でLPレコード特有のプチノイズを自動で抑制する効果についての紹介でした。 今回のブログは、自動抑制で修復できないレコード溝についた大きなキズ等のクリックノイズを手動で修復する方法です。

自動修復で取りきれなかったクリックノイズ

先ず、VinylStudioの自動修復を実行したものの、完全に修復出来ていない波形を示します。 黒のラインが、元のクリック波形でグリーンのラインがVinylStudioによる自動修復された波形です。 これを見ますと、グリーンのラインは、元のクリック波形の谷のスパイクが抑えられてはいますが、未だ完全にフラットになっていませんので、このレベルでは、「ボコッ」という大きなクリック音が再生されてしまいます。

このスパイク音の原因は、誤って針を強くレコードに落下させてしまったことが推察され、レコード表面を目視で確認しましたが打痕等は見つけることはできませんでした。どの周波数成分がクリックノイズで、どの周波数成分が楽曲なのか分かり難いのですが、スペクトルを示します。
 
 参考までに、VinylStudioの自動修復前のオリジナルのクリックノイズのスペクトルを見てみみますと、確かに、自動修復を行った方が、音圧レベルが多少なりとも少なくなっていることが判ります。

<オリジナルクリックノイズの音>

 

 

 

手動によるクリックノイズ修復

❏ 手動による修復手順

  • クリックノイズ部分にカーソルを合わせます。
  • ズームボタンをクリックしてクリックノイズ波形を拡大します。
  • 手動修復ボタンをクリックした後、ブルーの修復範囲を拡大縮小ドラッグして、クリックノイズ波形を修復して行きます。 スパイク部分の修復は、モニターしながら非常に簡単に修復できます。

しかし、スパイクは除かれましたが、後ろのリンギング部分が残っていて、未だ完全にはクリック音が取り切れていません。

<手動修復後のクリックノイズ音>

 



❏ 更に修復するには

最後の手段として、スパイク部分から後ろのリンギング部分までカットしてしまいます。
 Cut and Spliceボタン をクリックして、splice lengthを決めます。

  • splice lengthとは、クロスフェードしてカットを目立たなくする時間の長さです。 クリックノイズの場合は、splice lengthは短く設定し、今回は1msにしました。
  • リンギング部分まで選択(黄色の範囲)して、 ボタンをクリックして、「Cut and Splice section」をクリックして、黄色の範囲を削除します。
  • リンギング含めてクリックノイズをカットした後のスペクトルと修復音

<リンギング含めカットした修復音>

 

それでは全曲を聴いてみてください

ハイレコしたレコードは、1965年に録音された、ヴァイオリンはヘンリック・シェリング でロジェストヴェンスキー指揮 ロンドン交響楽団による、プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲 第2番ト短調 作品63です。 アマゾンでは、同じ音源のCDが販売されています。

ハイレコした、このレコードは、中古レコードでしたが、比較的に盤質が良くて通常のプチノイズのクリック数は片面で2000〜3000個位に対して600個位でした。 残念ながら、自動修復では修復出来なかった第2楽章に1箇所大きなスパイク状のクリックノイズがあり、前述した方法で手動修復(リンギングまで含めたカット修復ではありません)しました。

以下のAAC音源(320kbps)は、ハイレゾ録音(192khz 24bit)したものからエンコードしたものです。


ところで、プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲 第2番は、ウィキペディアで、「音楽・音声外部リンク」をたどれば、色々な演者の演奏を聴くことができますが、このレコードのヘンリック・シェリングの演奏は端正で聴けば聴くほど、味が出てくる演奏と感じています。
 

 

スポンサーリンク


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

オススメ記事

レコードのハイレゾ化
オススメ記事

LPレコードのハイレゾ化のススメ(ハイレゾ録音のヒント集)

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

MCカートリッジとMMカートリッジの音質比較

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

DENON MCカートリッジ DL103Rのクロストーク「 原理編」

今更ながら、「我が家のB級プレーヤ」に取り付けた「DL103Rカートリッジのクロストーク(セパレーション)をテストレコード(AD-1 2面のバンド4:基準レベル、1kHz、3.54cm/sec(尖頭値 ...

テストレコード(AD-1)で出来ること

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?

ことの 発 端 ことの発端は、あるハイレゾDLサイトから、チャイコのバイオリンコンチェルトをPCM(Flacファイル 192Khz、24Bit)で購入しました。WAVファイルも平行販売されています。 ...

CD音質関連 その他
オススメ記事

アナログ・レコードのここがダメ「CD音質と比較して」

これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあまり言いたくは ...

CDフォーマットのここがダメ「ハイレゾと比較して」

CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ...

Sony HAP-Z1ESのDSEE機能/確認

「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

Apple Digital MastersのAAC音質(その1)

2019年7月付けの「Apple Digital Masters テクノロジー概要」によれば、iTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テク ...

Post Snippets Pluginで出来ること(小技・事例集)

 WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ...

© 2020 ハイレコのブログ Powered by AFFINGER5