VLC media player で「らじる★らじる・聴き逃し番組」のストリーミング音声を高倍速で収録する方法

スポンサーリンク

 

以前の記事で、ブラウザでストリーミング音声を再生しながら仮想オーディオ・ドライバ「BlackHole」を経由してNHKの「らじる★らじる・聴き逃し番組」を収録する方法を紹介しました。(詳細はここをクリック) 

言ってみればアナログ的収録のため録音には、再生時間と同じ録音時間を要し非効率です。 但し、この方法によれば「らじる★らじるプレーヤ」ウィンドウで再生する音声データは最適化されている筈で、この音声データを仮想オーディオ・ドライバ「BlackHole」を経由して、収録している方が音質的には優位ではないか?とも思えます。

そこで、「らじれこ(RadiRec Mac版/Windows版)」などの収録アプリを使えば簡単にストリーミング音声をHE-AAC限定で高倍速で収録できますが、今回は敢えて、収録アプリを使わず、「らじる★らじる・聴き逃し番組」のストリーミングファイルのURLを特定した後 VLC media player を使ってMP3(その他FLAC等)に高倍速で収録する方法を紹介します。

なお、配信されているコンテンツは著作物なので、コンテンツを収録して個人的に利用する以外は著作権法違犯になる恐れがありますので、収録音源の取り扱いには注意が必要です。

 

VLC media player について

VLC media player は、非常にメジャーなフリーウェアーでmac版やWindows版があり、多くの方が使われていると思います。 VLC media player を起動して、「VLC media player について」を開くと、ソフト概要が記述(下記)されています。

VideoLANコミュニティによって開発されたフリーでオープンソースのメディアプレイヤー、エンコーダー、ストリーミングソフトウェアです。 VLCは様々なプラットフォームで実行可能な自身の内部コーデックを使用し、ほとんどすべてのファイル、CD、DVD、ネットワークストリーム、キャプチャーカード、およびその他のメディアフォーマットを読み込むことができます!

つまり、VLC media player は多種の動画・音声コーディックに対応し、更にストリーミングにも対応した多機能プレーヤです。 

オペレータ
例えば、ストリーミング音声をVLC media player で再生するには、M3U8ファイルが記述されているURLが分かれば、このURLを指定することでストリーミング再生が可能ですし、MP3等の音声ファイルに変換して保存することも可能です。
もしVLC media playerを使用されていない方は、事前にインストールしておくことをオススメします。

 

「M3U8ファイル」のURLを特定(抽出)するには

M3U8ファイルについて、IT用語辞典によれば『動画などのプレイリストを記録・配布するためのファイル形式の一つ。標準のファイル拡張子は「.m3u8」』と記述されています。 ストリーミング配信は通常、動画(又は音声)ファイルが分割されてアップロードされており、それらの分割ファイルのインデックス情報がm3u8ファイルに記述されています。 「らじる★らじる」でもM3U8ファイルが使われています。

 

色々試した中で、M3U8ファイルURLが最も簡単に特定できた、Chrome 又はFirefoxブラウザの機能に「Video DownloadHelper」を追加して、M3U8ファイルURLを特定する方法を説明します。
オペレータ

Video DownloadHelper 機能のインストール

Chrome又はFirefoxブラウザが無い場合は、ブラウザをPCにインストールしておいてください。

Chromeブラウザ

ChromeにVideo DownloadHelper をインストールする方法

Chromeを開いておき、 ウェブストアのVideo DownloadHelperページ(ここをクリック)に移動して【CHROMEに追加】ボタンを押してメッセージに従ってインストールします。

インストールが完了するとブラウザ画面の右上にVideo DownloadHelperアイコンが表示されます。 但し、Video DownloadHelperが稼働していない場合、アイコンはグレーです。

Firefoxブラウザ

FirefoxにVideo DownloadHelper をインストールする方法

Firefoxを開いておき、 Firefox公式サイトのVideo DownloadHelperページここをクリックに移動して【Firefoxに追加】ボタンを押してメッセージに従ってインストールします。

インストールが完了するとブラウザ画面の右上にVideo DownloadHelperアイコンが表示されます。 但し、Video DownloadHelperが稼働していない場合、アイコンはグレーです。

 

オペレータ
ここからは、Firefoxの場合で説明します。(Chromeも同じです)
「らじる★らじる・聴き逃し番組」の「名曲スケッチ」を例にして「M3U8ファイル」のURLを特定してみます。

 

M3U8ファイルURLの特定・手順

  • Firefoxブラウザで「名曲スケッチ」を開き、聴きたい番組の再生ボタン(▶)を押す。
  • 「らじる★らじるプレーヤ」ウィンドウが開いたら、ブラウザ画面の右上にVideo DownloadHelperアイコンを押すと下のダイアログが表示される。(「らじる★らじるプレーヤ」ウィンドウの再生ボタンは押さない! 押してしまうと下の[3]でリスト行がどんどん追記されてM3U8ファイルが探し難くなる)
  • 上の丸数字(ここでは)を押すと、更に下のリストが表示される。
  • 一番重要用なポイントは、上の多くの行がある中で再生時間が表示されれている行(ここでは 10:00 )にマウスを乗せる(選択する)ことです。 が表示されるので、その矢印をクリックすると下のダイアログが表示されるので、「URLのコピー」をクリックする。

「URLのコピー」をクリックすることで、クリップボードに「M3U8ファイル」のURLがコピーされます。 

例えば、テキストエディタにペーストすると以下のURLが貼り付けられる筈です。  これが目的のhttpsで始まる「M3U8ファイル」URLで、この中にある拡張子 「.m3u8」が存在しているのが分かります。

特定されたM3U8ファイルURL(一例)

https://vod-stream.nhk.jp/radioondemand/r/308/s/stream_308_3fad80a770b370982514074313fdaa99/index_48k.m3u8?aka_me_session_id=AAAAAAAAAAA23jJjAAAAANZY+xebU5KJypg1WAZR9Z0a7slpasenloetPCC0%2fhqcrLSGscJBeZPopJSEVzRJrV6Ff2Yp%2fVbC&aka_media_format_type=hls

上のURLは一例です。 公開が終了しますとこのURLは無効になります。

 

VLC media playerで特定したM3U8ファイルURLで再生してみる(macOSの場合)

VLCで再生する Step


  • step.1 VLCの起動

    VLC media playerを起動して、ファイル > 「ネットワークを開く」を選択します。


  • step.2 「M3U8ファイル」URLのペースト

    「ネットワークを開く」画面で、ネットワークタブを選択した時の画面です。

    URLの空欄に、先程 Video DownloadHelper で「URLのコピー」した「M3U8ファイル」URLを貼り付けます。 

    画面右下にある「開く」ボタンをクリックします。


  • step.3 再生

    プレイリスト画面のタイトルに、【 index_48k.m3u8....... 】が表示され、長さに【 10:00 】が表示されます。 同時に、音声の再生♫が自動的に始まります。


 

VLC media playerでストリーミング音声を収録してみる

上からの続きです。

ストリーミング音声収録 Step


  • step.1 変換作業の開始

    ファイル > 「変換/ストリーミング」を選択します。


  • step.2 ここが重要

    【 index_48k.m3u8....... 】を「変換/ストリーミング」画面へドラッグアンドドロップ


  • step.3 MP3変換設定〜保存まで

    1. 「変換/ストリーミング」画面の「プロファイルの選択」で Audio-MP3 を選択(MP3の他FLAC、CDが選択できます)
    2. 「カスタマイズ」ボタンをクリックすると下の画面になり、オーディオコーディックタブでビットレートの値を変えることができます。 設定が終わったら「適用」ボタンをクリックします。[デフォルトでは、ビットレート128(kbps) サンプルレート44100(hz)]
    3. 「変換/ストリーミング」画面に戻るので、「宛先を選択」の参照ボタンを押して、保存する場所とファイネーム(拡張子.mp3を含む)を設定し「保存」ボタンをクリックします。
    4. 「変換/ストリーミング」画面に戻るので、「保存」ボタンをクリックすると、プレイリスト画面に【 index_48k.m3u8】が追記表示され変換と保存が開始します。 画面下のプレグスバーのポインターが左から右に移動し右一杯になるとMP3ファイルが指定先に保存されます。

    50分番組の収録時間:「MP3変換と保存」に要する時間は1分程度で完了できます。
    (MP3 160kbps 48khzでFile size:48MB)

    MP3変換と保存時間は、ネットワークのトラフィックの状況で変動します。


 

あとがき 「らじる★らじる・聴き逃し番組」収録音質について

「らじる★らじる・聴き逃し番組」の配信フォーマットを調べてみました。

FFmpegのコマンドライン(下記)を実行して「らじる★らじる・聴き逃し番組」の配信フォーマット・情報を調べてみました。(2022/10/4 追記)

 command
ffmpeg  -http_seekable 0  -i “「らじる★らじる・聴き逃し番組」M3U8ファイルURL”
注記:「-http_seekable 0 」オプションを付記しないとエラーになる
----------------------------------
<コマンドライン実行結果>
Stream #0:0: Audio: aac (HE-AAC), 48000 Hz, stereo, fltp, 48 kb/s

以上の結果から、HE-AACでエンコードされ、 サンプルレート48khz、ビットレート48kbpsで配信されてることが分かりました。 HE-AACについて、FFmpeg公式サイトの説明によると、「HE-AAC v1 :64kbps未満のビットレートから約48kbpsまで」とのことから、HE-AAC v1 かも知れません。

m3u8ファイルURLをVLCで再生した時のスペクトルをWaveSpectraで確認したのが下の画面です。

このスペクトルから、48kbpsという低ビットレートでありながら、HE-AAC v1のためか?再生上限周波数(Cut-Off)が17khzになっており非常に優秀です。

低ビットレートで再生上限周波数について論ずるなら、未だ一般的ではありませんが、Opusエンコーダを使えば、低ビットレートの36kbpsでもCut-Offが20khzになります。 詳しくはここを参照  

HE-AACの音質について、Wikipedia によれば「高音域の成分が複雑に入っている音は高音域の歪みが目立ちにくいが、高音域の成分がある程度単調な音では歪んでいるように聞こえる(これはSBRの特徴であり、ビットレートを上げてもそれほど改善しない)。したがって、高音域が複雑で再生可聴帯域があまり広くないJ-POPや演歌を含む歌謡曲、ハードロック、トランス (音楽)などに向いているが、一方で高音域が単調で再生可聴帯域が広くなりやすいジャズやクラシック音楽などには不向きである。

確かに、「らじる★らじる・聴き逃し番組」でクラシック系のサウンドを試聴すると、駄耳の自分でも特にフォルテ部分のストリングスのサウンドがざらつき違和感を覚えました。

このWikipediaの記述から「らじる★らじる・聴き逃し番組」の楽曲収録よりも、教養・ドキュメンタリーなどの音声収録に向いていると思われます。 

 

以上、VLCで「らじる★らじる・聴き逃し番組」のストリーミング音声を高倍速で収録する方法でした。 次回ブログ記事で、ピュアー音源を用いて「らじる★らじる・聴き逃し番組」と同じ48kbps HE-AACにした時に音質がどの様に変化するか?評価してみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

Blog オススメ記事(コンテンツ選択)
  • レコード音質とハイレゾ化

  • CD音質と圧縮音源 AAC等

  • WordpressやiPhone・PC

  • ツールと閑話ブログ

レコード音質とハイレゾ化

CD音質と圧縮音源 AAC等

WordpressやPCなど

ツールと閑話ブログ