FFmpegでAAC変換する時にArtwork(画像)を引き渡す方法

スポンサーリンク

 

 

アートワーク付きのハイレゾ音源をFFmpegでAAC変換すると、タグ情報(タイトルやアーティスト等)は引き継がれますが、残念なことにアートワーク画像は引き継がれません。 (例えば、iPhoneのミュージックアプリにアートワークの無いAACファイルを追加するとプレイリストには代替の ♫ 音符マークが表示されてします。)

今回は、変換元・音源に含まれるアートワーク(画像)をAACファイルに引き渡す方法の紹介です。新たな画像ファイル(png or jpg)を用意すればAACファイルにArtworkを付加することもできます)

FFmpegによるハイレゾ音源のAAC変換の方法は、以下の関連記事を参照してください。

 

タグ情報について

音源には、タイトルやアーティスト等のタグ情報とアートワーク(サムネール画像)が埋め込まれています。 この情報を調べるには、「Tag Editor Free」アプリ を利用するのが簡単です。

Tag Editorアプリに音源ファイルをドロップしますとタグ情報とアートワークが表示されます。 例として、レコードからハイレゾ録音した音源ファイル(上段)とFFmpegでAAC変換したファイル(下段)を示します。(この表示例は、分かりやすくするため、Tag Editorで表示された情報をmacOSのNumbersで加工した画像です)

オペレータ
FFmpegでAAC変換したファイルは、アートワーク(画像)が引き継がれていませんね。 これではiPhoneのミュージックアプリにAACファイルを追加するとプレイリストには代替の♫ 音符マークが表示されてします。

 

AtomicParsleyのインストール

FFmpegでAAC変換する時に変換元・音源に含まれるArtwork(画像)を付加するためには、事前に「Homebrew」を経由してAtomicParsleyのインストールが必要です。

「Homebrew」のインストールがお済みでない方は、下のボタンを押して参照してください。

AtomicParsleyのインストール

AtomicParsleyのインストール

ターミナルで、下の様にHomebrewのコマンドラインを実行すると、自動でAtomicParsleyが約30秒程でインストールが完了します。

 ターミナル
brew install atomicparsley # インストールが完了したら、確認のため atomicparsley -h  # helpが表示されれば成功です。

 

FFmpegのインストールがお済みで無い方は、以下でインストールします。

 

FFmpegでAAC変換する時に変換元・音源に含まれるArtwork(画像)を引き渡す手順

AAC変換〜アートワーク引き渡し(手順)

ターミナルを起動して、下のFFmpeg とAtomicParsley のコマンドラインを実行します。

  •  ハイレゾ音源ファイルをNativeAACエンコーダでAAC変換(m4a)を行う
     ターミナル
    
    ffmpeg -i "変換元ファイル.wav"  -aac_coder twoloop -vn -ar 48000 -ab 320k "変換後のファイル名.m4a"
  • ハイレゾ音源ファイルの画像を抽出してArtwork.pngに保存
     ターミナル
    
    ffmpeg -i “変換元ファイル.wav” -an -codec:v copy “抽出artwork File名.png (or jpg)”
  • 抽出したArtwork.pngを AtomicParsley AAC変換したフィル(m4a)にコピーする
     ターミナル
    
    AtomicParsley “変換後のファイル名.m4a” --artwork “抽出artwork File名.png ” --overWrite
  • 抽出したArtwork.pngを削除
     ターミナル
    
    rm “artwork.png”

 

AtomicParsley の注意ポイント

(2022/9/4追記)
AtomicParsleyは、少々癖のあるCLIアプリの様です。 AACファイルやArtworkファイルがパスを含めたファイル名が長いと filename/filepath was too long.と表示されコピーエラーになる場合があります。

これを防止するために、cdコマンドで、AAC(m4a)ファイルが存在するディレクトリに移動して、パスを含めないコマンドラインでArtworkをコピーする必要があります。

 ターミナル
NG例:
AtomicParsley “/path1/path2/変換後のファイル名.m4a” --artwork “/path1/path2/抽出artwork File名.png ” --overWrite
 ターミナル
OK例:
cd  "/path1/path2"
AtomicParsley “変換後のファイル名.m4a” --artwork “抽出artwork File名.png ” --overWrite
cd  #ルートに戻す

 

参考にさせて頂いたサイトURL

 

 

Artwork(画像)がAACファイルに引き渡されたか確認

AACファイルにアートワーク(画像)が引き継がれているか?「Tag Editor Free」アプリで確認しました。 

下に示す様に、オリジナルFileに入っている「アートワークやTag情報」の全てがAAC変換ファイルに正しく引き継がれていますね。
オペレータ

 

今回はAACファイルに絞りましたがその他の音源ファイルもこの方法を応用すればArtwork(画像)を引き渡すことができると思います。 今回の作業は非効率ですので、Automator(又はショートカット)を使って自動化する方法を次ページで紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

Blog オススメ記事(コンテンツ選択)
  • レコード音質とハイレゾ化

  • CD音質と圧縮音源 AAC等

  • WordpressやiPhone・PC

  • ツールと閑話ブログ

レコード音質とハイレゾ化

CD音質と圧縮音源 AAC等

WordpressやPCなど

ツールと閑話ブログ