「VinylStudio」の音質補正を使ったLPレコード(カラヤン指揮ブラームス交響曲2番)のハイレゾ録音編

スポンサーリンク

 

前回ブログ(ピンクノイズ評価編)に引き続き今度は、リアルサウンドで「VinylStudio」の音質補正を行いました。 リアルサウンドのソースは、ストリングスの音が硬く違和感(高域が強調されすぎている?)があった、1963年録音盤のカラヤン指揮ブラームス交響曲2番のLPレコードを使用してみました。 また、音質補正は、グライコ(グラフィックイコライザ)とFFTフィルターの両方で音質比較を試みました。

 

 

LPレコードのソースについて

ポイント

<LPレコード・ジャケットの裏面に記載されていたクレジット>

  • 指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
  • 管弦楽団:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • プロデューサー:オットー・ゲルデス
  • レコーディング・エンジニア:ギュンター・ヘルマンス
  • 録音場所と日付:イエス・キリスト教会 19631010日から11

 

カラヤン指揮のブラームス交響曲2番は、3回ほどの録音が在るようです。 この3回の中で、演奏評価が高いのは、1963年盤の様です。

ただ、このレコードの録音音質となると、残念ながら高域が強調されてストリングスが刺々しく聴きにくい気がしました。 そこで、今回はVinylStudioで高域に対して音質補正を行ってみました。

 

音質補正・音源サンプル:
カラヤン指揮ブラームス交響曲2番 第4楽章

ピンクノイズで音質補正を行ったところ、グライコ(グラフィック・イコライザー)を用いる方が、好ましそうな結果でした。 リアル音源の場合も同じ結果になるのか?評価してみます。

ポイント

音源サンプルのレコーディング条件

  1. 使用カートリッジ:オルトフォンMC20
  2. フォノアンプ:アキュフェーズE305
  3. A/D変換:<フルテック>AD/DA変換機のGT40α
  4. レコーディングソフト:VinylStudioにて、24bit 96khz Flacフォーマットで出力
  5. MP3エンコード:VinylStudioにて、48khz 320kbpsで出力
  6. サンプル楽曲:カラヤン指揮ブラームス交響曲2番 第4楽章
1.音質補正前のオリジナル録音(RumbleフィルターはON)

MP3 サンプル

ハイレゾサンプル

 

(48khz 320kbps)

ハイレゾ音源(Flac:96khz,24bit)の
DLは、このボタンをクリック

 

2.グライコによる音質補正のオリジナル録音(RumbleフィルターはON)

グライコ音質設定ポジション(RumbleフィルターはON)

グライコ補正 MP3 サンプル

グライコ補正 ハイレゾサンプル

 

(48khz 320kbps)

ハイレゾ音源(Flac:96khz,24bit)の
DLは、このボタンをクリック

 

FFTフィルターによる音質補正のオリジナル録音

FFT音質設定ポジション(RumbleフィルターはON)

FFT補正 MP3 サンプル

FFT補正 ハイレゾサンプル

 

(48khz 320kbps)

ハイレゾ音源(Flac:96khz,24bit)の
DLは、このボタンをクリック

 

試聴レポート

我が家のB級オーディオでSONY HAP-Z1ESに音源サンプルを取込み試聴しました。 音質補正したグライコもFFTも同じ様にストリングスの弦の音が聞きやすくなりました。 ただ、FFTの方は、若干高音部に雑味があるように聴こえ、これはピンクノイズ評価編(前回のブログ記事)の結果からのプラシーボ効果か?または、評価通りの結果か?実は、よく分かりませんでしたが、グライコ音質の方が良いように思われました。

 

周波数分析してみました。

❏ 周波数分析条件

  • Audacityに各音源(ハイレゾ)ファイルを取込、周波数分析します。
  • 関数窓:hanning 大きさ:32768ポイント
  • 分析範囲:第4楽章の先頭フォルテ部分(下画像のハイライト部分)

 

1.オリジナルvsグライコ(比較)

グリーンのラインが、グライコペクトルからオリジナルスペクトルの差分です。 グライコの音質設定通りに綺麗に高域が下がっていますが、所々に、ディップしているラインが現れているのが気になるところです。

 

2. オリジナルvsFFTフィルター(比較)

グリーンのラインが、FFTスペクトルからオリジナルスペクトルの差分です。 FFTの音質設定通りに高域が下がっていますが、ピンクノイズで音質補正を行った結果と同じ様にジッターの様な波形が現れ、40hz以下でレベル低下が生じているのが気になるとろです。

 

マトメ

試聴結果と周波数分析結果から、VinylStudioで音質補正を行うなら、グライコ(グラフィック・イコライザー)を選択するのが良さそうです。

前回ブログのピンクノイズ評価でもグライコに軍配が上がりました、詳細は、以下を参照ください。

 

以上、”リアル音源”での「VinylStudio」のグライコとFFTフィルターの評価結果でした。

 

スポンサーリンク


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

オススメ記事

レコードのハイレゾ化
オススメ記事

LPレコードのハイレゾ化のススメ(ハイレゾ録音のヒント集)

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

MCカートリッジとMMカートリッジの音質比較

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

DENON MCカートリッジ DL103Rのクロストーク「 原理編」

今更ながら、「我が家のB級プレーヤ」に取り付けた「DL103Rカートリッジのクロストーク(セパレーション)をテストレコード(AD-1 2面のバンド4:基準レベル、1kHz、3.54cm/sec(尖頭値 ...

テストレコード(AD-1)で出来ること

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?

ことの 発 端 ことの発端は、あるハイレゾDLサイトから、チャイコのバイオリンコンチェルトをPCM(Flacファイル 192Khz、24Bit)で購入しました。WAVファイルも平行販売されています。 ...

CD音質関連 その他
オススメ記事

アナログ・レコードのここがダメ「CD音質と比較して」

これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあまり言いたくは ...

CDフォーマットのここがダメ「ハイレゾと比較して」

CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ...

Sony HAP-Z1ESのDSEE機能/確認

「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

Apple Digital MastersのAAC音質(その1)

2019年7月付けの「Apple Digital Masters テクノロジー概要」によれば、iTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テク ...

Post Snippets Pluginで出来ること(小技・事例集)

 WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ...

© 2020 ハイレコのブログ Powered by AFFINGER5