不正クリック対応プラグイン「AdSense Invalid Click Protector 」をPost Snippetsを使って導入してみました。

スポンサーリンク

 

先日、当サイトのGoogle AdSense広告へ「不正クリック」と思われるクリックが急増していることを発見しました。 そうこうしている内にGoogleサイドで自動的?に不正と思われるクリック数が修正され、今の所Googleからのペナルティも無く今に至っています。 この事象を鑑みて当サイトでは、不正クリックに対しては無防備であったと痛感した次第です。 そこで、遅ればせながら不正クリックを防止できる「AdSense Invalid Click Protector 」プラグインを導入しました。 ここで問題に思ったのは、使用しているAdSense広告の種類が多い場合、その種類の数だけ広告を保護してくれるショートコードを必要とすることです。 また、このショートコードはWordpress テーマのfunctions.phpにコードを書き入れるので若干の危険も伴います。 そこでPost Snippetsプラグインと連携したショートコードを作ることにしました。

 

 

スポンサーリンク

 

「AdSense Invalid Click Protector 」プラグインについて

AdSense広告保護(配慮)の無いサイトでは「不正クリック」が多発するとGoogleサイドからペナルティが来て最悪アカウント停止処分を受けかねません。 この対応策の一つが「AdSense Invalid Click Protector 」プラグインの導入になります。

「AdSense Invalid Click Protector 」プラグインの機能は、例えば同一IPアドレスの端末でAdSense広告を時間当たりのクリック数の設定限度を超えて故意にクリックすると、自動的にAdSense広告の表示が消えて「広告をブロックしました」等の表示に切り替わりますので「不正クリック」を防止できます。 また、その時のログ(相手の端末IPアドレスやクリック回数)も閲覧できます。 以上の様に、AdSense広告の保護の観点からこのプラグインは必須であると言えます。

プロテクト作業の概要(簡単な流れ)

  • 「AdSense Invalid Click Protector 」(以下AICPと略します)プラグインのインストール
  • 「AICP 」の設定を行う
  • 「不正クリック」を検出するPHPプログラムにAdSense広告コードを埋め込んだ「AICPショートコード」を作成
  • AdSense広告コードを埋め込んでいた広告表示箇所に作成した「AICPショートコード」と置き換える

注意ポイント

AdSense広告コードを埋め込んだ「AICPショートコード」に対しては広告保護が有効になりますが、AdSense自動広告の保護はできません。

 

「AdSense Invalid Click Protector 」の設定

プラグインのWordpress へのインストール方法等については、「AdSense Invalid Click Protector 」(以下AICPと略します)で検索してご参照ください。 ここでは、既にプラグインがインストールされているとして進めます。

WordPress 管理画面の側面にあるAICPアイコンをクリックしてGeneral Settingsに入ります。 

設定はデフォルトのままでOKと思われますが、当サイトでは、AICP設定画面のように1時間当たり3クリックを限度に設定しました。(それ以外はデフォルトのままです)

 

AICP設定画面

 

AICPのショートコード作成について

AICPの説明によれば、「テーマまたは子テーマのfunctions.phpファイルに次のコードを挿入することでショートコードを作成することができます。」となっています。 以下はそのショートコードPHPプログラムになります。

ハイライトされている5行目〜14行目がアドセンスコードを埋め込む箇所になります。 このプログラムは単純で、3行目のaicp_can_see_ads()関数(不正クリックなし)であれば埋め込まれたアドセンスコードを出力し、ならば「広告が表示されないようにブロックされています。」を出力(表示)するプログラムになっています。

ここで問題は、広告の種類毎にショートコードをfunctions.phpに記述する必要があることです。 例えば1行目の「your_shortcode_name」を ad01、「your_shortcode_function_name」を ad01fanc とすると、そのショートコードは、【ad01】となります。 アドセンス広告が5種類あれば、5種類のアドセンスコードを記述して【ad05】までのショートコードPHPプログラムを作成する必要があります。

ポイント

以上の様にあまりスマートで無く、functions.phpをいじるので多少の危険(場合によっては、画面がホワイトアウトする)も伴いますので、Post Snippetsプラグインを使うことにしました。

 

スポンサーリンク

 

Post Snippetsを使ったショートコードの作成手順

Post Snippets は事前にインストールしておいてください。 Post Snippets Plugin の詳細やインストール方法は、ネットでググると沢山紹介されていますのでそちらを参考にしてください。

step
1
Post Snippets用のPHPプログラム作成

Post Snippetsを使用するに当たり、前記ショートコード用プログラムを変更するポイントは以下の通りです。

ポイント

  • ショートコード定義関数 add_shortcode() は不要になります。
  • ユーザー定義関数 function your_shortcode_function_name() は不要で returnecho に置き換えます。

Post Snippets用に置き換えたPHPプログラム・例

ポイント

  • 上の例は5種類のAdSense広告コード(AD1コードからAD5コード)の前後にコーテーションマーク( ' )で囲みカンマ( , )で区切って$gcodeに配列データとして与えています。 AD1コードが配列の0番地に対応します。
  • 12行目の、ドット()は、データ文字列を結合(加算)した内容を$ad に代入しています。
  • 12行目の変数{select}に配列の番地(0〜4)を指定すると数字(番地)に対応したデータ(AdSense広告コード)が配列から出力されます。

 

step
2
Post Snippetsを設定します

Post Snippets設定は以下の画面の通りです。

ポイント

設定画面の①〜⑤を説明します。

  1. タイトル名を指定します。 ここでは、adsense_aicp_selectr としています。
  2. 先程作成したPHPプログラムをここへコピペします。
  3. 変数が何を表している等、分かりやすい説明を記入します。
  4. 変数名(ここでは、select にしています)を指定します。 select=0の意味は、配列の0番地をデフォルトにしています。
  5. Shortcode と PHP Code にレ点を入れます。

完了したら、SAVE をクリックして保存します。

 

それでは、Post Snippetsで作ったショートコードを使ってみます。

WordPressのビジュアルエディター画面で、Post Snippetsボタンをクリックすると下の画面が表示されますので、タイトルの adsense_aicp_selectr を選び select に表示させたいAdSense広告の配列番地の数字を入力します。(ここでは、3) 

最後に Insert をクリックしますとビジュアルエディター画面にPost Snippetsで作られたショートコード【adsense_aicp_selectr select="3"】が挿入されます。

普通は、Wordpress のウィジェットにAdSense広告コードを貼り付けていると思います。 AdSense広告コードをこのショートコードに置き換えます。 必要な広告を指定するには【adsense_aicp_selectr select="3"】をコピペして select の数字(配列番地)を書き換えれば対応する広告が表示されるようになります。 (なお、アドセンスコードが広告に反映するまでに時間がかかる場合があります)

 

AICP確認テスト方法

注意ポイント

ここで、Post Snippetsで作られたショートコードが正常に働いているか知りたくなりますが、故意に「不正クリック」を実行する訳にはいかないので、間接的なテストをしてみます。 

先程設定した Post Snippets設定 に戻って if( aicp_can_see_ads() )aicp_can_see_ads()0 に変えてみてSAVEします。つまり、 if( 0 ) です。 この意味は 1 の場合は 真(True )で 0 の場合は 偽 (False)になりますので、0 ですとelse 以降のプログラムを実行する筈です。 

この状態でブラウザをリロード(再読み込み)して確認すると広告位置に「広告の表示がブロックされています。」と表示されていれば正常に動いていることが間接的に確認できます。 確認できたら、Post Snippetsの設定を元に戻してください。

 

以上、Post Snippetsを使った不正クリック対応プラグイン「AdSense Invalid Click Protector 」の導入でした。 これでAdSense広告が保護できているかウオッチして行きたいと思います。

 

Post Snippetsプラグインは色々便利に使えます。 以下の事例集をご参照ください。

参考
Post Snippets Pluginで出来ること(小技・事例集)

 WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ...

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

オススメ記事

レコードのハイレゾ化
オススメ記事

LPレコードのハイレゾ化のススメ(ハイレゾ録音のヒント集)

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

MCカートリッジとMMカートリッジの音質比較

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

DENON MCカートリッジ DL103Rのクロストーク「 原理編」

今更ながら、「我が家のB級プレーヤ」に取り付けた「DL103Rカートリッジのクロストーク(セパレーション)をテストレコード(AD-1 2面のバンド4:基準レベル、1kHz、3.54cm/sec(尖頭値 ...

テストレコード(AD-1)で出来ること

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?

ことの 発 端 ことの発端は、あるハイレゾDLサイトから、チャイコのバイオリンコンチェルトをPCM(Flacファイル 192Khz、24Bit)で購入しました。WAVファイルも平行販売されています。 ...

CD音質関連 その他
オススメ記事

アナログ・レコードのここがダメ「CD音質と比較して」

これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあまり言いたくは ...

CDフォーマットのここがダメ「ハイレゾと比較して」

CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ...

Sony HAP-Z1ESのDSEE機能/確認

「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

Apple Digital MastersのAAC音質(その1)

2019年7月付けの「Apple Digital Masters テクノロジー概要」によれば、iTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テク ...

Post Snippets Pluginで出来ること(小技・事例集)

 WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ...

Copyright© ハイレコのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.