ブログページにQRコードを簡単に設置する方法(WordPressプラグインのPostSnippets利用)

スポンサーリンク

 

スマホ画面

例えば知り合いに自分のブログページ(Webページ)を教えたい時がありませんか? こんな時にブログページ内にQRコードを設置していれば、知り合いのスマホでQRコードを読み取ることで、簡単に当該のブログページに遷移できます。

今回は、実例の画像(スマホ画面参照)で示します様に、ページのURLに基づくQRコードを簡単に設置する方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

WordPressのPost Snippetsプラグイン について

現在ページのQRコードを生成するため、現在ページのURLを取得する以下のPHPコードを使います。 そのため、Wordpressブログ内ではPHPを直接扱えないのでショートコードを使う必要があります。

 PHP
(empty($_SERVER['HTTPS']) ? 'http://' : 'https://') . $_SERVER['HTTP_HOST'] . $_SERVER['REQUEST_URI'] ;

function.phpに書いた関数でショートコードを作ることもできますが、このブログでも何回か紹介していますPost Snippetsプラグインを使えば簡単にQRコード設置用のショートコードが作れます。 

インストールや使い方は以下のブログカードを参考にしてください。

今回の事例紹介は、Post Snippetsの管理画面(下の画面)で、項目についての説明になります。

 

Post SnippetsによるQRコード設置用ショートコードの作成

Post Snippets(以下PSに略します)の管理画面の①〜⑥について説明し「QRコード設置用ショートコード」を作成します。


  • PS-①

    ショートコードの名前です。 今回は、QRコード にしました。


  • PS-②

    以下のPHPコードを記述します。

    • 2行目コードは、現在のWebページURLを取得して、変数urlに代入しています。
    • 5行目コードは、Google Chart APIのQRコード作成機能を呼び出すURLを作り変数urlで現在ページを指定し、img要素を使ってQRコードを出力します。 QRコードのサイズは、chs=126x126(126px ✕ 126px)で指定します。 QRコードのサイズを変更する場合は、この数字(px)を変更します。


  • PS-③

    無記入です。


  • PS-④

    ショートコードにレ点を入れます。


  • PS-⑤

    PHP Codeにレ点を入れます。


  • PS-⑥

    ショートコードの説明を記述します。 例:現在ページのURLをQRコード化して配置する


以上の記述が終わったら Save ボタンを押して保存します。 

WordPressのビジュアルエディタに移って、PostSnippetsボタンから、QRコードを選択すれば、ショートコードの【QRコード】が挿入され、プレビューすればQRコードが表示されると思います。

ポイント

例えば、この行の下にショートコードの【QRコード】(括弧は半角)を設置すれば、このブログ記事(URL)のQRコードが表示されます。

 

実際のQRコードの設置場所

このページの最下段(フッター部分)にQRコードのショートコードを設置しています。

当ブログでは、Wordpressテーマの「AFFINGER5」を使っています。 外観 > ウィジェット から、「フッター右用ウィジェット(2列目)」にカスタムHTMLで先程作成したショートコードの【QRコード】を記述しました。 これにより、固定ページや投稿ページの全てのフッター部分に夫々のページURLに対応したQRコードが表示されるようになります。

 

ちょっと一息

記憶によれば、Q Rコード(2次元バーコード)は日本人の発明であったと思います。 

Wikipediaで調べたら、デンソーでトヨタ看板方式で使うために発明したとのこと。 特許権者のデンソーウェーブは、まずはQRコードが普及するよう敢えて特許をオープンにしたことで、原則的に誰でも使うことができます。 もはや世界標準になったQRコードは日本の誇るべき発明の一つと思います。 

今回のQRコード生成は、Google APIを利用させてもらってしていますが、元を正せば日本の発明であり、大手を振ってこのQRコード・ジェネレーターを使わせて頂こうと思います。 なお、英数 (US-ASCII)では、 最大4,296文字まで読み込みができるそうです。

参照

QRコード(ウィキペディア)
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/QRコード

 

以上、「ブログページにQRコードを簡単に設置する方法」でした。 QRコードは簡単にブログページを受け渡すことができますので、この記事を参考にして頂ければと思います。

 

関連記事(一部広告含む)

 

スポンサーリンク

 

オススメ記事

レコードのハイレゾ化
オススメ記事

LPレコードのハイレゾ化のススメ(ハイレゾ録音のヒント集)

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

MCカートリッジとMMカートリッジの音質比較

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

DENON MCカートリッジ DL103Rのクロストーク「 原理編」

今更ながら、「我が家のB級プレーヤ」に取り付けた「DL103Rカートリッジのクロストーク(セパレーション)をテストレコード(AD-1 2面のバンド4:基準レベル、1kHz、3.54cm/sec(尖頭値 ...

テストレコード(AD-1)で出来ること

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?

ことの 発 端 ことの発端は、あるハイレゾDLサイトから、チャイコのバイオリンコンチェルトをPCM(Flacファイル 192Khz、24Bit)で購入しました。WAVファイルも平行販売されています。 ...

CD音質関連 その他
オススメ記事

アナログ・レコードのここがダメ「CD音質と比較して」

これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあまり言いたくは ...

CDフォーマットのここがダメ「ハイレゾと比較して」

CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ...

CD音質を凌ぐ?「ハイレゾ音源のAAC変換」を行うために

XLDサイトへ AAC (Advanced Audio Coding)音質はビットレートを最高品質の320kbpsでAAC変換しても漠然とCD音質には及ばないと思っていました。 ところが、ピュアー音源 ...

Apple Digital MastersのAAC音質(その1)

2019年7月付けの「Apple Digital Masters テクノロジー概要」によれば、iTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テク ...

Post Snippets Pluginで出来ること(小技・事例集)

 WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ...

スポンサーリンク

© 2021 ハイレコのブログ Powered by AFFINGER5