ワグナー ニーベルングの指環(全曲)のハイ・レコ(録音・寸評)

スポンサーリンク

 

このレコードは、カルショーのプロデュースによりウィーン、ゾフィエンザールで1958年~1965年の歳月をかけた歴史的録音といえる。 レコードレーベルは、ロンドン

 

ショルティー 指揮のウィーンフィル、歌手は、当代の有名オペラ歌手で演奏している。 このレコードは、19枚組で構成され、愛蔵家番号付きBOXに納められいる。 他に、ライトモティーフの解説盤が3枚組、訳詞、解説書が付属している。

 

スポンサーリンク

 

「指環」全曲の音質について

このレコードの全体的な音質は、良好であるが、年代ごとに、録音機材の技術向上によるものか、音質が向上している様に思われる。 また、LPレコード自体の使用条件、経時変化での盤面、盤質の状況で夫々バラツキがあり、稀にバスの声割れが時々出現するが、それもアナログの面白みか。

現在は、 SACD、ハイレゾDL、
CD 等がリリースされている。

ニーベルングの指環 ハイ・レコ録音

❏ ハイレゾ録音条件

  1. 録音ソフト:VinylStudio
  2. 録音フォーマット:Flacフォーマットで録音(24bit 96khz及び192khz)
  3. Click scan設定:(Sensitivity=1 PP=max)
  4. ノーマライズ:-3dB
指環全曲録音リスト(画面からはみ出たら横スクロール)

[e-onkyo music]のハイレゾ音源とハイ・レコ音源比較

比較音源:[e-onkyo music]より ワルキューレの騎行部分を410円でハイレゾ音源を購入 フォーマット:44.1Khz 24bitのflac (ニーベルング全曲をDL購入すると12,000円)

❏ 聴感比較

総じて、甲乙付けがたいが、e-onkyoのハイレゾ音源の方は、若干ながらブラスのメリハリがあり音像もはっきりしている。

ハイ・レコ音源の方は、8人のワルキューレ達の声やストリングスの 音が自然に聞こえる。 どちらかと言えば、ハイレコ音源の方が、聞き疲れせず好ましい様に思われた。

❏ スペクトル比較 (12/29追記)

[e-onkyo music]よりダウンロードした「ワルキューレの騎行」は、44.1Khz 24bitのflacフォーマットで、スペクトル比較するためにサンプリング周波数を、96Khzにアップコンバートを行った。

「ワルキューレの騎行」冒頭、約100secをAudacityでスペクトル分析を行った。


 

ハイレコ、e-onkyoとも可聴帯域で、略同形のスペクトル結果であったが、両者を重ね合わせみると、e-onkyoが4Khz以上が若干盛り上がっている。

これは、ハイレコのストリングスに自然感があるのはこのためか?

 

それでは、LPレコードから、AAC 320kbpsへエンコードした「ワルキューレの騎行」をお聴きください。 ワグナー ニーベルングの指環(全曲)LPレコード19枚組の14面(side14)の録音です。

 

ショルティ指揮ニーベルングの指環 に、関連する記事もご覧ください。

ショルティ指揮の「神々の黄昏」とジョン・カルーショー

 この度、ワグネリアンで自称グルネマンツさんから「ワーグナー:楽劇≪ニーベルングの指環≫メイキング・オブ・レコーディング」をお借りすることができました。 これは、英BBCが制作し、1965年5月 ...

 

スポンサーリンク


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

オススメ記事

レコードのハイレゾ化
オススメ記事

LPレコードのハイレゾ化のススメ(ハイレゾ録音のヒント集)

  レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ...

MCカートリッジとMMカートリッジの音質比較

eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ...

DENON MCカートリッジ DL103Rのクロストーク「 原理編」

今更ながら、「我が家のB級プレーヤ」に取り付けた「DL103Rカートリッジのクロストーク(セパレーション)をテストレコード(AD-1 2面のバンド4:基準レベル、1kHz、3.54cm/sec(尖頭値 ...

テストレコード(AD-1)で出来ること

年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ...

レコードをハイレゾ化するならDSDかPCMか?

ことの 発 端 ことの発端は、あるハイレゾDLサイトから、チャイコのバイオリンコンチェルトをPCM(Flacファイル 192Khz、24Bit)で購入しました。WAVファイルも平行販売されています。 ...

CD音質関連 その他
オススメ記事

アナログ・レコードのここがダメ「CD音質と比較して」

これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあまり言いたくは ...

CDフォーマットのここがダメ「ハイレゾと比較して」

CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ...

Sony HAP-Z1ESのDSEE機能/確認

「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ...

Apple Digital MastersのAAC音質(その1)

2019年7月付けの「Apple Digital Masters テクノロジー概要」によれば、iTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テク ...

Post Snippets Pluginで出来ること(小技・事例集)

 WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ...

Copyright© ハイレコのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.