ワグナー ニーベルングの指環(全曲)のハイ・レコ(録音・寸評)

スポンサーリンク

 

このレコードは、カルショーのプロデュースによりウィーン、ゾフィエンザールで1958年~1965年の歳月をかけた歴史的録音といえる。 レコードレーベルは、ロンドン

 

ショルティー 指揮のウィーンフィル、歌手は、当代の有名オペラ歌手で演奏している。 このレコードは、19枚組で構成され、愛蔵家番号付きBOXに納められいる。 他に、ライトモティーフの解説盤が3枚組、訳詞、解説書が付属している。

 

「指環」全曲の音質について

このレコードの全体的な音質は、良好であるが、年代ごとに、録音機材の技術向上によるものか、音質が向上している様に思われる。 また、LPレコード自体の使用条件、経時変化での盤面、盤質の状況で夫々バラツキがあり、稀にバスの声割れが時々出現するが、それもアナログの面白みか。

現在は、 SACD、ハイレゾDL、
CD 等がリリースされている。

ニーベルングの指環 ハイ・レコ録音

❏ ハイレゾ録音条件

  1. 録音ソフト:VinylStudio
  2. 録音フォーマット:Flacフォーマットで録音(24bit 96khz及び192khz)
  3. Click scan設定:(Sensitivity=1 PP=max)
  4. ノーマライズ:-3dB
指環全曲録音リスト(画面からはみ出たら横スクロール)

[e-onkyo music]のハイレゾ音源とハイ・レコ音源比較

比較音源:[e-onkyo music]より ワルキューレの騎行部分を410円でハイレゾ音源を購入 フォーマット:44.1Khz 24bitのflac (ニーベルング全曲をDL購入すると12,000円)

❏ 聴感比較

総じて、甲乙付けがたいが、e-onkyoのハイレゾ音源の方は、若干ながらブラスのメリハリがあり音像もはっきりしている。

ハイ・レコ音源の方は、8人のワルキューレ達の声やストリングスの 音が自然に聞こえる。 どちらかと言えば、ハイレコ音源の方が、聞き疲れせず好ましい様に思われた。

❏ スペクトル比較 (12/29追記)

[e-onkyo music]よりダウンロードした「ワルキューレの騎行」は、44.1Khz 24bitのflacフォーマットで、スペクトル比較するためにサンプリング周波数を、96Khzにアップコンバートを行った。

「ワルキューレの騎行」冒頭、約100secをAudacityでスペクトル分析を行った。


 

ハイレコ、e-onkyoとも可聴帯域で、略同形のスペクトル結果であったが、両者を重ね合わせみると、e-onkyoが4Khz以上が若干盛り上がっている。

これは、ハイレコのストリングスに自然感があるのはこのためか?

 

それでは、LPレコードから、AAC 320kbpsへエンコードした「ワルキューレの騎行」をお聴きください。 ワグナー ニーベルングの指環(全曲)LPレコード19枚組の14面(side14)の録音です。

 

ショルティ指揮ニーベルングの指環 に、関連する記事もご覧ください。

ショルティ指揮の「神々の黄昏」とジョン・カルーショー

 この度、ワグネリアンで自称グルネマンツさんから「ワーグナー:楽劇≪ニーベルングの指環≫メイキング・オブ・レコーディング」をお借りすることができました。 これは、英BBCが制作し、1965年5月 ...

 

スポンサーリンク

 

関連記事(一部広告含む)

 

 

Blog オススメ記事(コンテンツ選択)

ボタンを押してコンテンツ選択

レコード音質とハイレゾ化

CD音質と圧縮音源 AAC等

WebデザインやiPhone・PCなど

ツールと閑話ブログ

スポンサーリンク

© 2021 ハイレコのブログ Powered by AFFINGER5